有効期限なしのルミネ商品券・びゅう商品券の使い方、貯めたJRE POINTは早めの交換が吉

B! pocket

ルミネ商品券

JR東日本グループが発行する商品券には、ルミネ商品券びゅう商品券があります。

いずれも、JR東日本グループの共通ポイント「JRE POINT」から交換できます。

JRE POINTは、JRE POINTカードの提示や、Suica・クレジットカード「ビューカード」の利用で貯まります。

各商品券の使いみちは、以下のとおりです。

ルミネ商品券
ルミネ各店やNEWoMan(ニュウマン)で使える。
各店舗のスタバや無印良品、ユニクロ、成城石井、本屋でも利用可。
びゅう商品券
JR東日本のみどりの窓口、びゅうプラザ、百貨店、家電量販店で利用可能。
乗車券や特急券、お得な切符、旅行商品、宿泊券などの購入に使える。
(Suicaカードの購入、チャージ、自動販売機での利用、改札や車内での精算には利用不可)

いずれも、おつりが出るタイプの商品券なので、券面の金額未満の買い物にも使えます。

金額以上の買い物に使う場合でも、ルミネ商品券で支払った分の残りの金額は、現金やクレジットカード払いが可能です。

ちなみに、ルミネでは公式クレジットカード「ルミネカード」があり、毎日の買い物が5%OFFになることで人気があります。

商品代金をルミネ商品券とルミネカードで併用して支払うとき、カード払い分が5%OFFの割引対象になります。

ルミネ商品券は販売がなく、ルミネ各店舗でも購入できません。

JRE POINTからの交換や、ルミネカードの利用、金券ショップでの購入などで手に入ります。

びゅう商品券は、JR東日本のびゅうプラザ、駅ビル、JR北海道のツインクルプラザで買えます。

ルミネ商品券・びゅう商品券は有効期限なし

JRE POINTの有効期限は、2年間(最後のポイント獲得・利用日から2年後の月末まで有効)です。

一方で、ルミネ商品券・びゅう商品券は有効期限なしです。

JRE POINTの使いみちに困ったときは、ルミネ商品券やびゅう商品券と交換すれば、失効の心配がありません。

Suicaへのチャージより最大0.2円お得

JRE POINTは1ポイント=1円として、Suica残高にチャージしたり、JRE POINT加盟店の支払いに使えたりします。

ルミネ商品券への交換は、最大で1ポイント=約1.2円と、少しお得になります。

▼ルミネ商品券へ交換

ポイント数 金額 1ポイントの価値
2,000 2,000円 1円
3,600 4,000円 約1.1円
5,300 6,000円 約1.13円
6,800 8,000円 約1.17円
8,400 10,000円 約1.19円
16,400 20,000円 約1.21円
24,400 30,000円 約1.22円

一方、びゅう商品券は、最大でも1ポイント=約0.98円で、1ポイントあたりの価値は1円以下です。

さらに1ポイントの価値が最大になるのは、3万円分のびゅう商品券と交換したときと、交換までのハードルが高いです。

▼びゅう商品券へ交換

ポイント数 金額 1ポイントの価値
1,420 1,000円 約0.7円
2,420 2,000円 約0.83円
3,420 3,000円 約0.87円
5,420 5,000円 約0.92円
10,420 10,000円 約0.95円
20,420 20,000円 約0.97円
30,420 30,000円 約0.98円

有効期限なしの商品券と交換する際は、1ポイント1円以上の価値がある、ルミネ商品券をおすすめします。

ふだんルミネで買い物をする機会がない人でも、とりあえず、ルミネ商品券と交換することで、その価値を保存しておけます。

何かの機会に、ルミネで買い物をするかもしれません。

ちなみに、びゅう商品券で購入可能なものは、ビューカードで支払うとJRE POINTが通常の3倍も多く貯まり、お得感があります。

JRE POINTとの共通化で還元率が改悪

JRE POINTの共通化

2018年6月27日までは、JR東日本グループが発行するクレジットカード「ビューカード」の利用で、ビューサンクスポイントが貯まりました。

毎月の合計利用金額1,000円ごとに、2ポイントを獲得できます。

Suicaへのチャージや定期券の購入では、1,000円ごとに6ポイントと、ポイントが3倍になります。

ビューサンクスポイントが貯まった時代は、ポイントの交換先は、ルミネ商品券がいちばんお得といわれました。

最盛期は、650ポイントで2,000円分、1,250ポイントで4,000円分のルミネ商品券と交換できました。

1ポイント=3円の価値(ポイント還元率は最大1.8~1.9%)がありました。

Suicaへのチャージは1ポイント=2.5円(ポイント還元率1.5%)と比較すると、お得度の違いがよくわかると思います。

ただし、2018年6月28日以降、ビューサンクスポイントは、JRE POINTと共通化になりました。

  • 2018年6月27日まで:1,000円ごとに2ポイントのビューサンクスポイントを付与
  • 2018年6月28日以降:1,000円ごとに5ポイントのJRE POINTを付与

共通化に伴い、ルミネ商品券や各種ギフトカードへ交換する場合のポイント還元率は改悪になりました。

JRE POINTはビューカードの利用だけでなく、Suicaの利用やJRE POINTカードの提示でも貯まります。

さまざまな手段でポイントを貯めやすくなったぶん、1ポイントあたりの価値が下がった形です。

商品券の使いみちがないなら換金も手

もし、どうしてもルミネ商品券の使いみちがない場合は、金券ショップに売って換金する方法もあります。

2019年10月時点で、各金券ショップでのルミネ商品券の買取価格を調べてみました。

大黒屋(郵送買取価格)
500円券:460円/1,000円券:940円
チケッティ(オンラインショップ価格)
500円券:465円/1,000円券:930円
J・マーケット(郵送買取価格)
500円券:470円/1,000円券:940円

買取レートは92~94%で、約8%の値引きになります。

店頭買取やネットオークションなどを利用すると、より高い価格で売れると思います。

額面よりも手に入るお金は減りますが、現金化すれば、使えるお店を問いません。

JRE POINTの交換先は普通列車グリーン券がもっともお得

普通列車グリーン車の運行エリア

ちなみに、JRE POINTの交換先のなかで、もっともお得なのが、(JRE POINT用)Suicaグリーン券です。

JR東日本エリアの普通列車グリーン車の自由席を、当日1回限りで利用できます。

乗車日・乗車区間に関わらず、一律600ポイントで交換可能です。

普通列車グリーン車の自由席の通常利用料金は、以下のとおりです。

▼事前料金:駅の券売機やモバイルSuicaでの購入

目的地までの距離 平日 ホリデー
土曜・日曜・祝日・振替休日・年末年始
50kmまで 780円 580円
50km以上 1,000円 800円

▼車内料金:車内でグリーン券を購入

目的地までの距離 平日 ホリデー
土曜・日曜・祝日・振替休日・年末年始
50kmまで 1,040円 840円
50km以上 1,260円 1,060円

Suicaグリーン券は、平日&東京駅―小田原駅のような50km以上の乗車に利用すると、もっともお得です。

一番高い利用料金の1,260円と、JRE POINT600ポイントが交換可能を考えると、1ポイントあたりの価値は2.1円になります。

ルミネ商品券やびゅう商品券との交換、Suica残高へのチャージと比べると、約2倍も差が出ます。

普通列車グリーン車は、座席がゆったりしていて、利用客も少ないです。

快適な移動をしたい人は、一度試しにSuicaグリーン券に交換して、違いを味わってみてもよいかと思います。

ちなみに、JRE POINTを2,000ポイント貯めれば、JR東日本のエリア内の新幹線や特急列車のグリーン車の利用券とも交換できます。

東北新幹線の東京駅⇔新青森駅のように、長距離になればなるほど、お得度が増すので、頑張って貯める価値があります。

そのほか、JRE POINTの交換先は、下記記事でまとめています。よろしければ、あわせてお読みください。

こちらの記事も人気です

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

いま人気のクレカはこれ!