UCSカード

アピタやピアゴといったユニーグループのお店で買い物をすることはありますか?

もし、アピタ・ピアゴで日用品や食料品を買うことが多いのであれば、年会費無料のクレジットカード「UCSカード」はたいへんメリットのある一枚となります。

UCSカードはユニーグループの公式クレジットカードですが、その他にもガソリンスタンドの宇佐美などで特典があります。

また、UCSカードはマイメロデザインが用意されているので若い女性の方にも人気です。通常デザインのカードも含めると、すでに300万人以上がUCSカードを選んでいます

いずれのデザインも年会費無料で持てるので、初めての一枚にも選びやすいクレジットカードです。

入会特典として最大2,000ポイントがもらえるのも、UCSカードが選ばれている理由です。

UCSカードの特徴

アピタやピアゴで優待割引が受けられるUCSカードが持つメリット・デメリットをまとめます。

アピタ・ピアゴで5%OFF

アピタ

UCSカードの最大のメリットは、ユニーグループのお店で割引特典が受けられることです。

割引特典の対象となる代表的なお店として「アピタ」と「ピアゴ」があります。

アピタでは毎月19日・20日に、ピアゴでは毎週金曜日にそれぞれお買い物が5%OFFになります。この特典はUCSカード会員限定の特典です。

もしあなたがアピタ・ピアゴで買い物をする機会が多いのであれば、年間でかなりのメリットが出せるはずです。

日用品や食料品を年間15万円購入する方なら7,500円の節約になります。

また、5%OFFの割引特典だけでなく、UCSカードには利用額に応じて貯まるポイントもあるので、ポイント還元分を考慮すると、お得感はさらに大きくなります。

ガソリンスタンドの宇佐美で会員料金で給油

宇佐美

ガソリンスタンド「宇佐美」でUCSカードを使うと、ガソリン、経由、灯油が1リッターあたり2円引きの会員料金で給油できます。

また、タイヤ、オイル、バッテリーなどの商品購入は5%OFFとなり、こちらもUCSカードを使った方がお得です。

UCSカードは年会費無料なので、宇佐美でのガソリン給油や、ユニーグループのお店で買い物をするための専用カードとして、車の中に置いておくのも良いと思います。(もちろん安全性には配慮する必要がありますが)

ガソリンスタンドの宇佐美を利用することが多くても、これまで現金で給油していたという方は意外と多いと思います。UCSカードを使うだけで、年間のガソリン代が大きく節約できます。

仮に年間1,000Lの給油をする方であれば、2,000円のメリットが出せます。もちろん、UCSカード支払いでもらえるポイントも考えるとさらにお得です。

※ただしこの特典が使えるのは宇佐美の直営店のみとなります。代行店は対象外です。

カード利用で貯まるUポイント

ポイント

UCSカードの利用金額200円ごとに1ポイントの「Uポイント」が貯まります。

ポイント還元率に換算すると0.5%なので、クレジットカードとしてはさほどポイント還元率は高くありません。また、ユニーグループのアピタやピアゴでポイント付与率がアップするということもないので、この点はUCSカードのデメリットと言えるのかもしれません。

しかし、前述したアピタやピアゴの5%割引デーで使った場合、5%割引+クレジットカードのポイント付与によって、実質的には5.5%相当のお得になります。

また、宇佐美でのガソリン給油でも1リットルあたりの値引きが2円なので、年間1,000リットル給油をした場合は2,000円の値引きとなりますが、クレジットカードのポイントを考えるとよりメリットが見いだせます。仮にガソリンが1リットル=130円だった場合、年間で13万円をガソリン代に使うことになりますから、Uポイントの還元は6,500ポイントになります。

このように考えると、割引や値引き+ポイント還元が得られるという点で他のクレジットカードを使うよりもお得になるケースも多いです。

貯めたUポイントは1ポイント=1円相当として、ユニーグループの商品券やユニコ電子マネーと交換できます。また、図書カードやギフトカードとの交換もできるので、使いみちには困りません。

交換レートが1:0.5となってしまうので個人的にはあまりおすすめはしませんが、JALマイル(JMB)と交換することも可能です。

また、UCSカードの入会特典として最大2,000ポイントがもらえる特典が付いています。入会してすぐに2,000ポイントをゲットできるので、2,000円分の商品券などと交換できますね。

人気のマイメロデザインカードが選べます

UCSマイメロデザインカード

UCSカードのもう一つの特徴としてマイメロディのデザインカードが選択できます。

カードの基本スペックは通常デザインと変わらないのですが、マイメロデザイン限定のメリットとして「貯めたポイントをマイメログッズと交換できる」というものがあります。

交換できるマイメログッズは定期的に変わるですが、いずれも数量限定のグッズばかりが揃っています。マイメログッズと交換できるので、UCSカード(マイメロデザイン)を選んだ方のみとなります。

マイメロデザインを選ぶデメリットとしては、選択できるカードブランドがVISAに限られることです。UCSカードはVISA・MasterCard・JCBが選べるのですが、マイメロカードに関してはVISAのみの取扱となります。

デザインは凄く可愛いけど持ち歩くのは恥ずかしいという方も多いと思いますが、UCSカードは年会費無料なので自宅に保管しておいて「ネット通販専用のクレジットカード」として使うのもおすすめです。

旅行保険は付いていません

デメリット

クレジットカードの中には国内・海外旅行保険が付いているものもあります。

しかし残念ながら、UCSカードには旅行保険は付いていません。これはUCSカードのデメリットですが、年会費無料のカードで旅行保険を付けるのはかなり厳しいと聞きますので、まあ仕方ないかなと思います。。。

一方で、旅行関連の特典も用意されています。

提携先のシティツアーズで旅行を予約し、代金をUCSカードで支払うとポイントが5倍もらえます。つまり、シティツアーズで支払った代金よりもさらに2.5%相当をUポイントで還元してくれるということです。

また、年会費1,000円+税がかかってしまいますが、UCS旅とくプラスに加入すると旅行保険を付けることができます。

UCS旅とくプラスの旅行保険はカードの本会員だけでなく家族全員が保障の対象となるので、非常に強力です。

また、シティツアーズで海外旅行を予約すると、毎回1,000円のギフトカードをくれるので、年1回以上海外旅行に行くのであれば、UCS旅とくプラスの年会費は実質無料となります。

最大100万円のショッピング保険

ショッピング

旅行保険が付いていないのがUCSカードのデメリットですが、年間100万円のショッピング保険は付いています。

こちらは年会費無料のクレジットカードの中ではかなり強力で「国内・海外での利用を問わず保障の対象」となっています。年会費無料のクレジットカードだと、ショッピング保険は海外利用時に限るケースも多いのですが、UCSカードは国内利用分でも保険が適用されます。

UCSカードを使って購入した商品を万が一破損してしまったり、盗難の被害にあってしまった場合でも、購入日より90日にさかのぼり、小額の自己負担で最大100万円の補償をしてもらえます。

例えば、買ったばかりのカメラを落として壊してしまった場合など、自分の不注意で壊してしまった商品でも、UCSカードで支払っていれば補償されます。

現金で商品を購入するよりも、万が一に備えてクレジットカードで支払いをしておくメリットが、こういった部分にもあります。

年会費無料、盗難保険もついて安心

VISA・MasterCard・JCB

UCSカードの審査条件は「18歳以上で安定した収入があり、電話連絡できる人(高校生は不可)」となっています。

年収などの条件はなく誰でも持つことができる敷居の低いカードですが、アルバイトやパートなど、一定の収入を得ていることがUCSカードの審査通過条件となります。

家族カードも年会費無料で発行できるので、収入のない配偶者や学生のお子さまに対しては家族カードを発行する形で、UCSカードを持ってもらうことができます。

また、高速道路の利用で役立つETCカードも年会費無料で発行できます。ETC利用分もポイント還元の対象なので少しお得です。

利用限度額は最大50万円となっており、クレジットカードの中では低めです。申込当初は最大30万円の限度額となりますが、カード利用実績を積んだ後に増額申請をすることが可能です。

選べるカードブランドはVISA・MasterCard・JCBの3ブランドですが、マイメロデザインに限りVISA限定の取扱となります。

個人的には、使えるお店の数が最も多いVISAをおすすめしているので、どのブランドにしようか迷ったらVISAを選択してください。

UCSカードは年会費無料という手軽さからも、クレジットカードを初めて持つという方も多いと思います。

これまでクレジットカードを持ったことがない人は、「紛失や盗難による被害が心配…」と思っているのではないでしょうか?

しかし安心してください。UCSカードにはカード盗難保障が無料で付いています。最初から設定されているので、特に申込などの手続きをする必要はありません。

あなたのUCSカードがもし盗難の被害にあったり、紛失して第三者に不正に利用された場合でも、それらの被害はすべてUCSカードが盗難保障で守ってくれるので安心です。

実際、カードの不正被害にあってその損害額を請求されたという話は、UCSカード以外でも聞いたことがありません。クレジットカードが多くの人に使われているのは、そういった安心があるからです。

→マイメロデザインのお申し込みはこちら

クレジットカードソムリエのひとこと

クレジットカードソムリエのひとこと

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

年会費無料で使えて入会特典として最大2,000ポイントがもらえるというのは大きいです。これだけでもUCSカードを持つメリットはあると感じます。

あとは、アピタやピアゴで買い物をしたり宇佐美で給油をすることがあるかどうか。これらのお店をまったく使わない人にとってはメリットが感じにくいのですが、逆に食料品や日用品をよくアピタで買っているという方にとっては、必ず持っておきたい一枚だと思います。

本記事ではあまり触れていませんが、UCSカードはサークルKサンクスでの特典も豊富です。

しかし、サークルKサンクスはファミマとの統合によって将来的に消滅することになっているので、あくまでもアピタやピアゴといったユニーグループのお店を利用することがあるかどうかで、UCSカードの発行を判断するのが良いと思います。

UCSカードの口コミと評判

口コミ情報

口コミでも、特にマイメロデザインのカードが人気ですね。

→マイメロデザインのお申し込みはこちら