ANAマイレージが効率よく貯まる!年会費無料のANAカード

活用術

ANAカード

クレジットカードの利用で貯まるのは、ポイントだけではありません。

ANA(全日空)やJAL(日本航空)などの航空会社と提携したクレジットカードでは、カード利用金額に応じて、マイルが貯まります。

航空会社との提携カードを使うと、航空機利用時のフライトマイルだけではなく、日常生活のカード利用でマイレージが貯まります

その分、マイルが貯まるスピードも早くなり、国内・海外旅行がお得になるメリットがあります。

年会費無料で使えるANA JCBカード ZERO

ANA JCBカード ZERO

中でも、ANA JCBカード ZEROという、JCBカードとANAの提携カードは、年会費無料で使える唯一のANAカードです。

クレジットカードを利用するほどANAマイルが貯まるほか、飛行機の搭乗時にもボーナスマイルが付与されるなど、旅行好きの方にとってメリットが大きい一枚です。

クレジットのポイントがマイルに変わる

OkiDokiポイント

ANA JCBカード ZEROの最大の特徴は、クレジットカードのポイントが、移行手数料無料でマイルに移行できる」ことです。

クレジットカードの利用金額1,000円ごとに1ポイントが貯まります。

この1ポイントは5マイルに移行できるので、実質的には1,000円につき5マイルが貯まる計算になります。

ANAのサービスや飛行機のチケットだけでなく、JCBカードが使えるお店なら、レストランでも、ショピングでも、映画の鑑賞でも、あらゆるシーンでマイルが貯まります。

搭乗時のボーナスマイルも搭載

ANA飛行機

ANA JCBカード ZEROのもう一つの特徴として搭乗ボーナスマイルがあります。

ANAの航空機を利用すると「搭乗ごとの区間基本マイレージが+10%」、ボーナスマイルとして貯まる仕組みです。

毎回、旅行のたびにマイルが10%余分に貯まるので、飛行距離が長ければ長い人ほど、お得になります。

ANA JCBカード ZEROは、旅行だけでなく、海外出張が多い人にとってもメリットが大きいクレジットカードと言えます。

ただし29歳以下の人しか持てません

スマホ操作する女性

年会費無料で持てる唯一のANAカードとしてお得感の高い「ANA JCBカード ZERO」ですが、実は29歳以下の人しか持てない年齢制限のあるクレジットカードなんです…。

さらに、利用年数が5年に限定されており、一度ANA JCBカード ZEROを作ったら、5年後は再更新できません。

ANAのコメントによると「おトクなサービスなので、年齢・ご利用年数を限らせていただきました。一生のうち5年間しか持てないカード。是非ご利用ください」ということだそうです…。

そのため、ANA JCBカード ZEROは「18歳~29歳(学生不可)の方」のみが申込み対象となるカードです。

また、5年後は自動的に一般カードに切り替わり、年会費が発生します。

ANA JCBカード ZEROのお申込み(無料)

カードブランドはJCB一択

JCB

また、ANA JCBカード ZEROのデメリットとして、国際カードブランドがJCBしか選べないも上げられます。

JCBしか選べないのがなぜデメリットなのかというと、JCBは海外のシェアが低い(使えるお店が少ない)からです。

区間ボーナスマイルが付与されるなど、メリットも大きいANA JCBカード ZEROは、できれば海外旅行の際も持って行き、カード払いで使いたいと思います。

しかし、実際に海外に行ってみると、JCBが使えない場所は多いです。

例えば、台湾や中国、韓国、ハワイ、グアムなど、日本人がよく訪れる国や地域ではJCBも対応しています。

一方でそれ以外の国や地域となると、どうしても使えるお店が限られてしまいます。

ちなみにアメリカでは大手カード会社「Discover(ディスカバー)」と提携しており、Discover加盟店での支払いに使えます。

とは言え、やはり海外旅行に強いのは、VISAやMastercardなどの国際ブランドなので「ANA JCBカード ZERO1枚あれば、世界各国で使える」とはいかない現状にあります。

選択余地は一般カードしかない

ANA VISA 一般カード

  • 30歳以上の方でも発行ができる
  • JCB以外のカードブランドが選べる

この2つの条件を満たすANAカードは、年会費無料では存在しませんでした

最も安い年会費で使えるANAカードは、ANA VISA 一般カードです。

結論からいうと、大変申し訳ありませんが「76円だけ」、お支払いください。

数あるカードの中で「ANAカード(VISA)」が良い理由

ANA VISAカード

ANA VISA 一般カードの特徴

  • 国内・世界最大シェアのVISAカード
  • 無条件で初年度無料で使える
  • 入会時・カード継続時にボーナスマイル1,000マイルプレゼント
  • 貯まったポイントのマイル自動移行も可能
  • Suica一体型も選択可能
  • 最高1,000万円の旅行保険、年間100万円のショッピング補償

ANA VISA 一般カードは、年会費2,000円+税(初年度無料)で持てるクレジットカードです。

ただし、発行カード会社である三井住友カードの提供サービス「マイ・ペイすリボ(無料)」に登録して、カード利用すると、年会費が割引されて「年会費1,025円+税」で利用可能です。

年会費はかかってしまいますが、その分、特典も充実しています。

ANA JCBカード ZEROよりもお得なので、年会費が1,000円程度だと考えると、こちらの方がお得かもしれません。

まず、入会キャンペーンとして以下の3つの特典があります。

  • 入会時に1,000マイル
  • 家族カード同時入会で10,000マイル相当
  • リボ払いを設定すると10,000マイル相当

家族カード同時入会+リボ設定をするだけで、合計21,000マイル相当がもらえます。

(もらえるのはワールドポイント2,000ポイントですが、これは20,000マイルに移行できるので、2万マイル相当と表現しています)

実は年会費0円以下の最強カード

年会費実質無料

こうやって特典を見てみると、実は「ANA VISA 一般カード」はとてつもなくお得なカードだとわかります。

元々の年会費は2,000円+税。

マイ・ペイすリボに登録すると年会費割引で年会費1,025円+税。

入会時、そして毎年継続ボーナスとして1,000マイルがもらえる。

結論:実質的な年会費は76円

ANAマイレージは1マイル=1.2円相当という意見もあるので「1マイル=1.2円」で換算した場合、ANA VISA 一般カードの年会費は0円以下になってしまうのです。

ただし残念ながら、ANA JCBカード ZEROに搭載されている「区間ボーナスマイル10%」は付いていません。

一方で旅行保険や入会ボーナス最大21,000マイルがある、ANA VISA 一般カードの方が、実は「年会費無料で使える、最強のANAカード」と言えます。