凡人の金銭感覚を超越する!ブラックカード驚きの年会費とは?

更新日:

ブラックカードの年会費

クレジットカードの最高峰、ブラックカード。
カード会社の中でも頂点に君臨するブラックカードは、当然ながら年会費も最も高額です。果たしてその値段はいくらか?

年会費無料のクレジットカードが定番になりつつある現在のカード業界ですが、「維持費」として必要なブラックカードの年会費は驚くべき金額です。

カード発行会社によって、同じブラックカードでも年会費に差がありますが、いずれも年会費無料カードを使う凡人の金銭感覚は超越しています

アメックス センチュリオンカードは35万円

センチュリオンカード

ブラックカードの代名詞と言われるアメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードの年会費はなんと35万円+税です。

以前は16万円+税でしたが、世界各国のアメックスの年会費に合わせる形で2008年4月に一気に2倍以上に引き上げられました。

その分サービスを充実させるとのことなのでしょうが、普通の金銭感覚の人からすれば、カード一枚を持つために毎年35万円+税を払い続けなければならないというのは考えられません。

まさに、それだけの年会費を余裕で払い続ける事が出来る人だけが持つカードと言えます。

ちなみに、アメリカンエキスプレス プラチナカードの年会費は13万円+税で、他社のブラックカードよりも年会費が高いです。アメックスカードのステータスがいかに高いかがわかりますね。

さらに驚きなのは「チタンカード」の存在。です。アメックスセンチュリオンには、チタンでできた特別なカードがあります。このカードの年会費は90万円を超えています。。。

SBIワールドカードは15万円

SBIワールドカード

クレジットカードブランドの「MasterCard」のブラックカードにあたるのが、World MasterCardです。その年会費は15万円+税。

日本では、SBIカードが取り扱っており、「SBIワールドカード」として発行しています。

ブラックカードの中でもWorld MasterCardはとにかく持っている人が少ないのですが、カードの表面には天然ダイヤモンドを使った高級な仕上がり。

旅行保険も最高1億2,000万円となっており、ブラックカードの中でも特に補償額が多いクレジットカードとなっています。

ダイナースクラブ・プレミアムは13万円

ダイナースクラブ・プレミアム

アメックスと双璧をなすブラックカードの代名詞が、ダイナースクラブ・プレミアムです。ステータス性が高いカードとして知られていますが、年会費は13万円+税とやや低め。

アメックスセンチュリオンと比較すると、3分の1の年会費です。

といっても、カードを持つためには毎年13万円を払う必要があるというのはすごいですね。(金銭感覚が麻痺してきました・・・)

ブラックカードでは珍しく審査基準も明確です。ダイナースクラブ・プレミアムの審査基準については、以下の記事で触れています。

年収1,000万円以上の人限定?人気ブラックカードの取得方法まとめ

JCB ザ・クラスは5万円

JCB THE CLASS

国産のカードブランド「JCB」の頂点に位置するのがJCBザ・クラスです。
スタイリッシュな黒い券面が目を引きますが、ブラックカードの中ではかなり年会費が抑えられているのがわかります。

年会費は5万円+税。ちなみに、三井住友VISAカードのプラチナカードと同じ年会費です。(三井住友VISAにはブラックカードはなく、プラチナが一番上です)

Suruga Visa Infiniteは12万円

Suruga Visa Infinite

VISAカードの頂点となるのがVisa Infinite(ビザ インフィニットカード)です。日本では、スルガ銀行が発行しています。

スルガ銀行の大口顧客にだけ発行しているカードのようなので、一般の人が手に入れるのは難しいかもしれません。

年会費は12万円+税となっており、こちらもブラックカードらしい金額です。結構マイナーなブラックカードですが、年会費はJCBザ・クラスの2倍以上と高めの設定です。

楽天ブラックカードは3万円

楽天ブラックカード

もし「コストパフォーマンス最強のブラックカードは?」と聞かれたら、迷わず楽天のブラックカードだと答えるでしょう。

年会費もブラックカードの中では破格の3万円+税。
そして、楽天カードはポイント還元率が高いことでも有名です。

しかし、そのサービス内容を見るとプラチナカードレベルだという意見が多いようです。
事実、カードの券面にも「Platinum」の文字が刻印されています。

ちなみに、楽天カードは「プラチナカード」を発行していません。ゴールドカードの上が「楽天ブラックカード」であり、サービス内容はプラチナカードと同等という、少し変わったクレジットカードです。

こちらの記事もおすすめです

JCB THECLASS
プラチナカードを手の中に