LINE Pay VISAクレジットカード

B! pocket

LINE Pay VISA クレジットカード

LINE Pay VISAクレジットカード(仮称)は、2019年に発行予定のLINEとVISAが提携したクレジットカードです。

LINE Pay(ラインペイ)と提携することで、LINE Payのコード支払いで後払いが利用できます。

そのため、カード利用で貯まるポイントは「LINEポイント」なので、LINE Payを使う人にメリットの大きい1枚となっています。

LINE Payのコード決済に対応

コード決済サービス

LINE Pay(ラインペイ)はLINEアプリで使えるスマホ決済サービスです(入会金・年会費は無料)。

ローソンなどLINE Payが使えるお店で、LINE Payに表示したバーコード画面を、お店のスキャナーで読み取ることで支払いを行ないます。

LINE Payを利用するには、事前にコンビニや銀行口座などから、LINE Pay残高にチャージ(入金)が必要です。

今までLINE Payにクレジットカードの登録は可能でしたが、支払いに使えるのはオンライン決済のみで、コード決済には使えませんでした。

一方、LINE Pay VISAクレジットカードは、LINE Payと提携することで、事前のチャージ不要で、利用金額を後払いできます。

そのため、他のスマホ決済サービスと同じように、残高不足の心配なく、支払いが可能です。

ラインペイの詳細や使い方は下記の記事を参考にどうぞ。

Visaのタッチ決済が使える

タッチ決済

LINE Pay VISAクレジットカードには、Visa payWaveの機能が付帯しており、支払い時にVisaのタッチ決済が利用できます。

Visaのタッチ決済対応のマークがあるVisa加盟店で、カードをカードリーダーにかざすだけで、支払いが完了します。

読み取り機にカードを挿入したり、スライドさせたりする手間がなく、SuicaやiDなどの電子マネーと同じ感覚で使えます。

また店員さんにクレジットカードを渡さなくても済むため、スキミングやカード番号の悪用の心配がありません。

Visaのタッチ決済に対応している加盟店は、マクドナルドやローソン、TSUTAYAなどが挙げられます。他にも70以上の国と地域でも利用可能です。

将来的にイオングループや伊藤園の自販機、サブウェイ、Japan Taxiでも導入が予定されており、今後、さらに使える機会が増えることが期待されている支払い方法です。

初年度はLINEポイントが3%還元

LINEポイント

LINE Pay VISAクレジットカードの利用で、LINEポイントが付与されます。

LINEポイントはLINEサービスの利用で貯まるポイントで、1ポイント=1円の価値があります。

LINE Pay VISAクレジットカードの初年度はLINEポイントが3%還元される予定です。

通常のカード利用におけるポイント付与については、情報が出ていません。

おそらく「200円ごとに1ポイント(ポイント還元率0.5%)」または「100円ごとに1ポイント(ポイント還元率1%)」になると思われます。

マイカラー制度にも影響してくる?

LINE Payには「マイカラー制度」という会員ランク制度があります。

毎月のLINE Pay利用金額や送金人数によって、LINEポイントの還元率が変わります。

ポイント還元率 適用条件
グリーン 2% 決済金額:10万円以上
送金:5人
ブルー 1% 決済金額:5万円~10万円未満
送金:3人
レッド 0.8% 決済金額:1万円~5万円未満
送金:1人
ホワイト 0.5% 決済金額:0~1万円未満
送金:0人

2019年7月末までは、コード決済利用の際、元々のポイント還元率に+3%が上乗せされます。

例えば、カラーバッジがホワイトバッジ(1ヶ月の決済金額が1万円未満&送金人数が0人)でも、ポイント還元率は3.5%になります。

おそらく、LINE Pay VISAクレジットカードが発行開始されると、カラー制度に何らかの影響が出てくると思います。

例えば「LINE Pay VISAクレジットカードと提携すると+1%やブルーバッジ確定」など、カード会員向けの優待が受けられるのではないでしょうか。

(あくまでも管理人の憶測に過ぎないので、情報が入り次第、追記や修正を行ないます)

カード利用ごとにLINEで通知が来る

メール通知

LINE Payを利用すると、LINEウォレットのアカウントから「決済が完了しました」と通知が届きます。

これはLINE Pay VISAクレジットカードを利用した時も同じで、カード利用ごとに決済完了通知のメッセージが来ます。

クレジットカードを利用するデメリットとして「現金と違い、いくら使ったのか分かりにくく、使い過ぎの心配がある」が挙げられます。

一方で、LINE Pay VISAクレジットカードは、日時や金額、使ったお店がLINEアプリで確認できるので、リアルタイムでお金の管理がしやすいです。

また万が一、クレジットカードが不正利用された時も、いち早く被害を発見できます。

カード利用ごとにメール通知が来るカードには、以下のクレジットカードもあります。

  • エポスカード:カード利用通知サービス
  • 楽天カード:カード利用お知らせメール
  • オリコカード:お知らせメール
  • au WALLET クレジットカード:ご利用速報メール

ただし、通知サービスに良く利用するメールアドレスを登録しても、毎日の大量DMに紛れて確認が遅くなる場合もあります。

そのため、LINEで通知が来るのは、他のクレジットカードにはないメリットです。

送金に利用はできない

送金

LINE Payは、LINEアプリ上でお金のやり取りができる個人間送金が使えることでも人気があります。

残念ながら、LINE Pay VISA クレジットカードは個人間送金のお金の支払い先には使えません。

これはLINE Payでは残高をセブン銀行ATMや銀行口座を経由して、現金が引き出せる(出金できる)ことが大きく関係しています。

LINE Pay VISAクレジットカードが送金に対応すると、クレジットカードのショッピング枠の現金化に繋がるからという理由が考えられます。

LINE Pay以外にも送金機能が使えるサービスは複数あります。

その中で、クレジットカードや出金の有無に関しては、以下の2種類に対応が分かれています。

  1. クレジットカードが使えて、送金はできるが、出金はできない
  2. 送金や出金はできるが、クレジットカードは使えない

1はPayPay(ペイペイ)、Kyash(キャッシュ)、2はpring(プリン)、J-Coin Pay(ジェイコインペイ)が挙げられます。

現状のLINE Payは2で、銀行口座やコンビニでチャージしたLINE Pay残高が利用できます。

そして、現在、LINE Payに登録したクレジットカードが使えるのは、オンライン決済に限定されています。

LINE Payの支払い先ごとの決済・送金サービスの有無について、表にすると以下のようになります。

コード決済 オンライン決済 送金
LINE Pay残高(銀行口座・コンビニなどでチャージ)
LINE Pay VISA クレジットカード
その他クレジットカード

個人間送金を利用する時は、今まで通りチャージが必要になる点は注意してください。

LINE Pay VISAクレジットカードは利用すべき?

管理人はこう思う

LINE Pay VISAクレジットカードの利用が向いている人は以下の通りです。

  • 事前のチャージ不要でLINE Payを利用したい
  • LINEポイントを効率的に貯めたい
  • カード利用の度に通知が届くサービスがあるクレジットカードを持ちたい
  • Visaのタッチ決済で支払いたい

LINE Payでは、既に「LINE Payカード」という、JCBブランド付きのプリペイドカードが発行されています。

いわゆる国際ブランド付きのプリペイドカードで、おさいふPontaやau WALLETプリペイドカードと同じタイプです。

LINE Pay VISAクレジットカードは「事前チャージ不要」、「VISAブランドなので、国内外問わず使いやすい」というメリットがあります。

翌年度以降の年会費やカード利用ごとに付与されるポイント数、家族カードやETCカードの発行の有無、その他の追加サービスなどは、まだ情報が公開されていません。

また新しい情報が分かりましたら、当記事で追記したいと思います。

こちらの記事もあわせてどうぞ

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
無料の言葉に弱い、年会費無料クレジットカード愛用者。周囲に現金主義者が多く、キャッシュレス決済の良さを伝えています。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら