特典で比較!アメックスとダイナースはどちらを選ぶべきか?

更新日:

特典で比較

ブラックカードの中でも特に代表的な2枚のクレジットカードといえば、

  • アメックスセンチュリオン
  • ダイナースクラブプレミアム

でしょう。

どちらも非常にプレミアム感が高く、よくどちらのブラックカードが良いか比較されます。

今回は「特典」に絞って2枚のクレジットカードを比較してみました。
結論から言うと、ダイナースクラブプレミアムは年配の方が喜ぶ特典が多く、アメックスセンチュリオンは若い方が喜ぶ特典が多いです。

上質な特典はどちらも共通である

特典を比較するといっても、どちらも「ブラックカード」であることには変わりはないわけですから、アメックス、ダイナースクラブ各社が最高のおもてなしをしてくれる特典が用意されています。

  • 専用のコンシェルジュデスク
  • ホテルや飛行機の自動アップグレード
  • 利用限度額が実質無制限
  • プライベートジェットのチャーター
  • レストランの特別予約や優待割引

たいていのことは、コンシェルジュに一本電話を入れるだけで引き受けてくれる便利さが、ブラックカードならでは特典と言えますね。

ダイナースはサービスの質を削減中

基本的な特典については両者とも同じなのですが、そもそもアメックスとダイナースには年会費に大きな差があるので、やはり特典にも差がつきます。

■年会費

  • アメックス:35万円+税
  • ダイナースクラブ:5万円(初年度無料・本来は年会費10万円)

アメックスカードは、2013年にプラチナカードの年会費を引き上げました。
このような背景もあり、アメックスがVIP専用の超高級路線を突き進んでいることがわかります。

それに対してダイナースクラブは、シティグループの傘下となった辺りから、路線変更となり、ポイント還元率のアップや、年会費の削減をおこなっています。(現在、日本国内においては三井住友信託銀行グループのSuMi TRUST CLUBがダイナースクラブの事業を運営しています)

ダイナースクラブプレミアムは、本来であれば年会費10万円なのですが、シティ傘下となってからは、初年度無料で利用でき、時限的措置として次年度以降も年会費5万円で使えます。

年会費に差があることや、こういった路線の違いから、ダイナースクラブプレミアムは、より一般的で使いやすい特典を拡充しているようです。

サービスを取るか実利を取るか

やはり、「憧れのブラックカード」である高級感や、VIPならではの上質な特典を求めるのであれば、35万円+税の年会費を支払ってでもアメックスに優位性があると思います。

しかし、ブラックカードとして十分すぎる特典と、ポイント還元率、年会費の手頃さなどの「実利」を取るのであれば、圧倒的にダイナースクラブに強みがあります。

どちらを選ぶかは価値観によって違うと思います。
しかし最後にもう一度、「どちらも最高峰のブラックカード」であることは間違いありません。


JCBのブラックカードはこちら
JCBのブラックカードTHE CLASS(ザ・クラス)

JCB THECLASS
プラチナカードを手の中に