ダイナースクラブ プレミアム デザインの歴史

更新日:

ダイナースクラブプレミアムカードのデザイン

ダイナースクラブの発行するブラックカード『ダイナースクラブプレミアムカード』は、これまでに何度か大きなデザイン変更が加えられています。

いずれにしても落ち着いた高級感のあるデザインで、カードフェイス(券面デザイン)の評価も高いクレジットカードです。

昔のデザイン

昔のデザイン

旧ロゴ時代のダイナースクラブプラミアムカードのデザインです。
英字に筆記体が使われているのが特徴で、カード全体に世界大陸の絵が描かれています。

画像はややマット感のある券面ですが、一般的に出まわっているのはホログラム仕様ものです。
カードを斜めにして光にかざすと七色に輝きます。

以前のデザイン

以前のデザイン

米国本家のダイナースクラブが誕生してから60年、日本では50年を境目に、ロゴマークが変更されました。

文字のフォントが筆記体ではなくなった点が一番の変更点です。
ロゴマークの変更にともない、クレジットカードの券面も刷新され、地球全体をあしらったものが描かれています。

新デザイン

新のデザイン

Citiグループによる買収以後、カード券面の右上に『Citibank』のロゴマークが刻印されるようになりました。
これが現在の新デザインとなります。

光にかざすと七色に輝くホログラム仕様で、落ち着きと高級感の両方を兼ね備えたプレミアムカードです。

まとめ

その他にも、色の濃淡の違いなど、さまざまな種類のカードがあると報告されています。

カード券面は変わっても、ブラックカードとしてのステータス性は変化しない、それがダイナースクラブプレミアムカードのブランドだと思います。

こちらの記事もおすすめです

JCB THECLASS
プラチナカードを手の中に