JCBザ・クラスの年会費は高い?費用対効果が高いブラックカードの理由

更新日:

JCBザ・クラス

JCBのブラックカード「JCBザ・クラス」の年会費は5万円+税です。
年会費無料のクレジットカードが存在している時代、年間5万円以上を一枚のカードに支払う価値はあるのか?これは誰もが思う疑問です。

JCBザ・クラスには、もちろんブラックカードにふさわしい特典がたくさん用意されています。
これらの特典を元に、JCBザ・クラスの費用対効果がどうなのか調べてみました。

プライオリティパスの取得

プライオリティパス

世界600ヵ所以上の空港ラウンジに無料で入場できる「プライオリティパス」。
もはやプレミアムカードの代名詞的な特典となってきました。

JCBザ・クラスの会員になると、プライオリティパスを無料で利用できます
しかし、プライオリティパスは普通に取得すると年間30,000円以上の会費が必要です。

1年に一度でも旅行に行き、空港ラウンジを利用するのであれば、年間3万円の会費が必要なプライオリティパスの無料利用は、JCBザ・クラスの大きな特典の一つと言えます。

これだけで、5万円+税の年会費の半分以上は元をとっている計算になります。

メンバーズセレクション

メンバーズセレクション

メンバーズセレクションは、1年に1回、JCBザ・クラスの会員に贈られるカタログギフトです。

有名なグルメやワインなど、約2万円程度のカタログギフトの中から、好きな商品を一つ選択することが可能です。

メンバーズセレクションは純粋なカタログギフトなので、旅行をあまりしない方でも、その恩恵をフルに受けることができます。

先ほどのプライオリティパスとメンバーズセレクションを活用すれば、年会費5万円の元はもうすでにとっていることになります。

グルメベネフィット

グルメベネフィット

国内の有名レストランの所定コース料理を2名様以上で予約した場合、1名様分の料金が無料になる、画期的なサービスがグルメベネフィットです。

2名で有名レストランのコース料理を食べた場合、お会計が実質50%OFFになります。

グルメベネフィットの対象コース料理は、1万円~3万円のものが多く、平均すると2万円程度です。もし、3万円のコース料理のレストランを1年に2店舗回れば、それだけで6万円分がお得となり、年会費の元を取れる計算になります。

誰でも、一年に1度か2度は大切な食事の日があると思います。
そのようなときに、グルメベネフィットを活用すれば、大きな優待特典になります。

その他にも

具体的な金額が提示できるのは上記3つの特典ですが、この他にも24時間365日体制で受付け可能なコンシェルジュデスクが使えたり、JCB独自の東京ディズニーリゾートとの提携サービスなどがあります。

秘書サービスとなるコンシェルジュデスクが使えるだけでも、ブラックカードの高額な年会費を払う価値があるという人もいます。
ホテルや旅行の手配などはコンシェルジュがすべて受け付けてくれますので、なんでも気軽に相談してみましょう。

また、東京ディズニーリゾートでの優待はJCBザ・クラスならではの特典です。
ザ・クラス会員だけが入場できる「ディスニーランド JCBラウンジ」でくつろげたり、一部アトラクションの優先入場などが可能です。

一見高そうに見えるブラックカードの年会費、特典を大いに使えば、きっと金額以上の体験をもたらしてくれることは間違いないでしょう。

JCBゴールドカード(プロパーカード)のお申込みはこちら

JCB THECLASS
プラチナカードを手の中に