JRE CARDが年会費有料でも損をしない使い方、優待店で3.5%のポイント還元は大きい

B! pocket

JRE CARD 女性

JRE CARDはJR東日本グループが発行するクレジットカード「ビューカード」シリーズの1枚です。

年会費は初年度無料、2年目以降は477円+税かかります。

JRE CARDは家族カードの発行がないため、1人1枚カードを申し込む必要があります。

今回は「JRE CARDを持っていても、年会費以上にお得になりにくいのでは?」という疑問について、年会費の元が取れる以上のJRE CARDの賢い使い方について紹介したいと思います。

Suica・Suica定期券を付帯でデポジット代を節約

改札を通る

JRE CARDは申込みをする時に「Suica・定期券なし」「Suica付」「Suica定期券付」から選べます。

一般的にSuicaやSuica定期券を新しく作る際は、デポジット代(預かり金)が500円かかります。

一方でJRE CARDを発行すれば、デポジット代を1円もかけずにSuicaやSuica定期券を使えます。

Web明細書を発行でポイント還元

WEB明細

JRE CARDを毎月利用していて、利用代金明細書をスマホやパソコンで見るWeb明細にすると、年会費以上のJRE POINTが貯まります。

これはビューカードに共通するサービス「Web明細ポイントサービス」で、Web明細書発行ごとにJRE POINTが50ポイント付与されます。

そのため、毎月カード利用をして、Web明細が発行されると、50ポイント×12ヶ月で600円相当のJRE POINTが貯まる計算です。

2年目以降のJRE CARDの年会費は477円+税なので、Web明細を選び、毎月カード払いをするだけで、年会費の元は充分に取れます。

JR東日本エリアの駅ビルで買い物する

JRECARD優待店

JRE CARDとその他ビューカードとの最も大きな違いが、JRE CARD優待店でのポイント還元率の高さです。

JRE CARDでクレジット決済をすると、JRE POINTが最大3.5%還元されます。

一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%なので、実に7倍もポイントが貯まります。

JRE CARD優待店
アトレ・アトレヴィ、テルミナ、ペリエ、エクセル、エスパル、フェザンなど、順次拡大中
即時:100円ごとに3ポイント(還元率3%)
利用月の翌月中旬:1,000円ごとに5ポイント(還元率0.5%)
合計ポイント還元率3.5%

他にも、ショッピングサイト「JRE MALL」ポイント3.5%還元の対象になっています。

例えば、JRE CARD優待店で1.5万円の商品をJRE CARDで支払った場合、合計525円相当のJRE POINTが貯まります。

これだけで年会費分のポイントが得られるので、駅ビルで買い物をする機会が多い方は、年会費を支払っても持つべき価値のあるクレジットカードです。

駅ビルには、スーパーやドラッグストア、ファッション、カフェ、レストラン、書店など、様々なジャンルのお店がテナントとして入っています。

一般的な駅ビルや百貨店と提携したクレジットカードは「食品やカフェ、レストランはポイント1%」と、ポイント還元率が下がることが圧倒的に多いです。

一方のJRE CARDはいずれもポイント還元率が3.5%で変わらないので、他のお店で買うよりも圧倒的にお得感があります。

ちなみに、他のビューカードでは「年間数十万円の利用でボーナスポイント・商品券のプレゼント」といった、年間利用額に応じた優待特典があります。

Suicaチャージや定期券購入でポイント1.5%

ポイント還元率が高いカード

JRE CARDのポイント還元率が高くなるのは、JRE CARD優待店以外にもあります。

定期券や新幹線、特急券などのきっぷをJRE CARDで購入したり、Suicaにクレジットチャージしたりすると、1.5%のポイントが付与されます。

ちなみに、定期券やきっぷの購入で1.5%になるのは、JR東日本の券売機やモバイルSuica、みどりの窓口、びゅうプラサで購入した場合に限定されます。

一般的にポイント還元率が高いクレジットカードでも1.0%や1.25%が限度なので、利用金額が大きければ大きいほど、お得感に差が出てきます。

だいたい3.5万円の利用代金で、年会費分のポイントが得られるので、JR東日本エリアを通勤や通学で使う方、帰省や旅行で新幹線や特急列車に乗る機会が多い方には、メリットが大きいです。

モバイルSuicaの年会費は当面無料

モバイルSuica

Androidのスマホや携帯電話でSuicaが使える「モバイルSuicaアプリ」は、ビューカードを登録すると年会費が当面無料で使えます。

JR東日本からは「2020年2月26日(予定)以降はモバイルSuicaの年会費を無料にする」と発表が出ていますが、現在はビューカード以外のクレジットカードを登録すると年会費が1,030円+税かかります。

そのため「スマホでSuicaを使いたいけど、年会費を支払うのはもったいない」と思う方にも、JRE CARDは持っていて損はありません。

ちなみにiPhoneやApple Watchで利用する「Apple PayのSuica」や、Androidスマホで「Google PayのSuica」にて、Suicaを使う分については、年会費無料で変わりません。

他ビューカードとお得度を比較

「ビュー・スイカ」カード ルミネカード

ビューカードの中でも、JRE CARDと比較されることが多い「ビュー・スイカ」カードとルミネカードとの違いを表でまとめてみました。

JRE CARD 「ビュー・スイカ」カード ルミネカード
年会費 初年度無料、2年目以降477円+税 477円+税 初年度無料、2年目以降953円+税
家族カード なし 1枚あたり477円+税 なし
Web明細ポイントサービス あり あり あり
年間利用特典 なし (VIEWプラス対象商品を除く)年間利用額が30万円以上でボーナスポイント ルミネ・NEWoMan・ネット通販アイルミネで年間利用額が20万円以上でルミネ商品券
JRE CARD優待店 ポイント還元率3.5% なし なし
ルミネ・NEWoMan・アイルミネ なし なし いつでも5%OFF、年数回10%OFF
JRE POINT加盟店 ポイント還元率0.5~3.5% ポイント還元率0.5~1.84% ポイント還元率0.5~1.84%

3枚のビューカードは「どこで買い物をするか?」や「年間どれだけカード利用するか?」によって使い勝手の良し悪しが変わってきます。

ルミネやNEWoManで買い物する方は、いつでも5%OFFになるルミネカード一択です。

また「家族に家族カードを持たせて、貯まるポイントを共通化したい」と思う方は、「ビュー・スイカ」カードが向いています。

以下のサービス・優待内容については、どのビューカードにも共通しています。

  • きっぷや定期券、Suicaチャージでポイント1.5%
  • Suicaオートチャージサービス
  • モバイルSuicaの年会費が当面無料
  • Web明細ポイントサービス
  • JRE POINT加盟店でカード提示でポイント付与

その中で駅ナカや駅ビルで買い物をすることが多い人に、JRE CARDが選ばれています。

JRE CARDの年会費の元を取る方法まとめ

管理人はこう思う

JRE CARDの年会費477円+税の元を取るには、以下のいずれかの1つでも達成すればOKです。

  • 利用明細はWeb明細にして、毎月クレジットカード払いをする
  • JRE CARD優待店で1.5万円の買い物をカード払いする
  • Suicaチャージや定期券・新幹線・特急券の購入など年間3.5万円以上利用する
  • モバイルSuicaにJRE CARDを登録して利用する

上記の方法を2つ以上達成できる方は、JRE CARDを利用するメリットが大きいと言えます。

カード利用で貯まったJRE POINTは1ポイント=1円として、駅ビルなどJRE POINT加盟店の支払いに使ったり、Suicaにチャージしたりで、気軽に消費できるためポイントの使いみちに困りません。

そもそもJRE CARDの入会キャンペーンで、例えば「新規入会で2,000ポイント」など、数年分の年会費に相当するJRE POINTがプレゼントされることが大半です。

そのため「年会費が有料だから活用できるか不安…」と心配しなくても大丈夫なので、JRE CARDが欲しいと思ったタイミングで申し込むことをおすすめします。

JRE CARD 公式サイトはこちら

この記事の執筆者

執筆者のおすすめ記事を読む
無料の言葉に弱い、年会費無料クレジットカード愛用者。周囲に現金主義者が多く、キャッシュレス決済の良さを伝えています。

より良い情報をお届けするため、川原裕也 がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら