Yahoo!マネー

電子マネー一覧

Yahoo!マネー

LINEやFacebookの友達に手数料0円で送金ができる電子マネーです。

Yahoo!JAPANが展開している電子マネー「Yahoo!マネー」はまだスタートして間もないサービスなので、今後の展開が期待されます。

現時点では、ヤフオクで商品を出品する人に限ってメリットが大きい電子マネーで、使える場所もYahoo!グループのサービスに限定されています。

しかし、ヤフオク!出品時には2%の還元が受けられることから、オークションを利用している人にとっては注目しておきたい電子マネーだと思います。

また、個人間送金が手数料無料で行える機能があり、友達にお金を返す時、飲み会代の割り勘などにも活用できます。

Yahoo!マネーの特徴

現時点では使える場所が限られるので、積極的に活用するメリットは薄いYahoo!マネー。

今後どのような展開があるのか注目ですが、現時点でお得であると考えられる特典についてまとめたいと思います。

手数料無料で友達にかんたん送金

ヤフーウォレットで送金

Yahoo!マネーの最大のメリットだと思えるのが、個人間送金を手数料無料でおこなえることです。

送金アプリを使うことで、Yahoo!マネーをかんたんに友達に送金できます。

例えば、

  • 友達に借りたお金を返したい
  • 飲み会代を割り勘にしたい

こういうことってありますよね。

でも、友達の銀行口座なんて知らないことの方が多いでしょうから、個人間のお金の支払いって「次回会った時」になることが多いと思います。

それに、銀行口座への送金だと振込手数料もかかってしまいますよね。

このような時に、Yahoo!マネーによる個人間送金が使えます。

友達の口座番号を知らなくても、

  • LINEに登録している人
  • Facebookの人
  • 電話番号を知っている人

のいずれかに登録があれば、送金できます。

アプリを使って気軽にお金のやり取りができる、こういう機能がこれまでの電子マネーにはなかった、Yahoo!マネーの得意分野です。

ヤフオク!出品時の落札代金が2%増量される

ヤフオク

Yahoo!マネーの最大のメリットは「ヤフオク!出品時」にあります。

ヤフーオークションを落札メインで使っている人にはメリットがないのですが、逆に不用品を出品することが多い方にとって、Yahoo!マネーは大きなメリットをもたらします。

1.ヤフオク!の落札代金の受取方法を「Yahoo!マネー」に変更しておきます。

2.ヤフオク!に出品した商品が5,000円で落札されるとします。この5,000円は「売上金」と呼ばれます。

3.「売上金」をYahoo!マネーにチャージすると2%が上乗せされ、5,100円分のYahoo!マネーと交換できます。

チャージ金額は自分で設定できるので、落札代金5,000円のうち、3,000円だけをYahoo!マネーで受取、残り2,000円を現金で受取ることもできます。この場合は、Yahoo!マネーチャージ分のみが2%増量となります。

ヤフオクの落札代金を2%お得に受け取れることから、Yahoo!マネーはヤフオク出品者からすると非常にメリットが大きい電子マネーといえますね。

銀行口座から無料でチャージすることもできる

Yahoo!マネーへチャージ

Yahoo!マネーを入手する方法は、ヤフオクで落札代金を受取る以外にもあります。

Yahoo!ウォレットから「チャージ」を選択することで、銀行口座のお金をYahoo!マネーにチャージできます。

Yahoo!マネーへのチャージには手数料はかかりません。チャージ可能な銀行口座は「預金払い口座」に対応している金融機関に限定されます。

ただし、現時点ではYahoo!マネー利用時のメリットがほとんどないので、あえて銀行口座のお金をYahoo!マネーに変える必要はないと思います。

今後、Yahoo!マネーを使った時に何らかの特典が付与されるようになったら、この方法は覚えておきたいですね。

Yahoo!マネーの現金化には手数料が必要

Yahoo!マネーは現金化することができます。

ただし、この場合は2%+税の手数料がかかってしまいます。できることなら、貯めたYahoo!マネーはそのまま電子マネーとして使ってしまうことをおすすめします。

ちなみに、ヤフオクの落札代金をYahoo!マネーで受取った場合はチャージ残高が2%増量されますが、それを現金化した場合は2%+税の手数料がかかるので、税金分だけ損する計算となります。

Yahoo!マネーの払い戻しは、預金払い口座かYahoo!ウォレットに登録している受取口座となります。

ヤフーショッピングでは使えるが、使いみちは少ないかも?

困る

Yahoo!マネーが使える場所は、現時点では

  • ヤフオク!
  • ヤフーショッピング
  • LOHACO

のみとなります。

以前は、ヤフオク!やヤフーショッピングでの支払いにYahoo!マネーを使うと1%還元というようなキャンペーンをやっていました。こうした特典には今後期待をしたいところ。

コンビニなどのリアル店舗では使えないので、他の電子マネーとは比較できませんね。

足りない分は銀行預金から支払える

Yahoo!マネーには「預金払い」という機能があります。

電子マネーのオートチャージとは少し違うのですが、電子マネー支払いで足りない分を自動的に銀行口座から補填して支払う方法が「預金払い」です。

この機能を使うには、あらかじめ「預金払い口座」を登録しておく必要があります。

例えば、6,000円の商品をヤフーショッピングで買いたい時、Yahoo!マネー残高が4,000円しかなかったとします。

このような場合でも、預金払いを設定しておけば残りの2,000円が自動的に銀行口座から支払われ、「電子マネー+銀行預金」で商品の購入ができます。

お金の使いすぎを制限できる節約機能

ちょっとした機能ですが、Yahoo!マネーには「1日あたり」「1ヶ月あたり」の利用金額を制限できる機能があります。

クレジットカードだとお金の使いすぎを心配しなくてはなりませんが、Yahoo!マネーで限度額を制限しておけば、節約にも繋がります。

とはいっても、現時点では使えるお店が限られているので、この機能で劇的に節約できるようになる、、、ということはないと思います。

Yahoo!マネーの口コミ情報

クチコミ

ヤフーマネーに関する評判を集めてみました。実際に使っている人の口コミ情報を元に、お得な使い方を調査します。

管理人はこう思う

まだスタートして間もない電子マネーなので、現時点ではヤフオク出品者にとってメリットがある電子マネーという印象です。

しかし、口コミでも「支払いがすごく楽」と言われているほどの利便性を提供していることは評価できます。

また、LINEやFacebookの友達に簡単に支払いができる「送金手数料無料」サービスを提供している点には要注目です。

飲み会などで簡単に割り勘ができたり、アプリで簡単に支払いを制限できる機能を考えると、「日常生活の利便性を向上させる電子マネー」としては利用メリットがあります。

今後、クレジットカードのYahoo!JAPANカードとの連携や、コンビニ等のリアル店舗での導入が進んだ時、魅力的な電子マネーに化ける可能性は大いにあります。

Yahoo!JAPANブランドだけに、ポテンシャルを秘めた、今後に期待できる電子マネーです。

電子マネーの虎でも、引き続きウォッチしていきたいと思います。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由