Apple Pay以外もあるスマホ決済サービス一覧、利用方法とお得な使い方

電子マネーの比較

手元に現金やカードがなくても、スマホ1つで支払いができる「スマホ決済サービス」は、Apple Payを筆頭に様々なサービスが登場しています。

  • Apple Pay(アップルペイ)
  • Google Pay(グーグルペイ)
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay(ラインペイ)
  • Origami Pay(オリガミペイ)
  • d払い

スマホ決済サービスによって、支払い方法や使えるお店、利用でお得な優待特典が大きく違います。

そのため「何を選べば良いのかわからない」と悩むことも少なくありません。

今回は主要なスマホ決済サービスの特徴から、お得な使い方まで比較してみました。

お店での支払い方法

スマホ決済サービス

お店の支払いで利用する際の使い方は「リーダーにかざす」、「コード表示」、「コード読み取り」の3種類があります。

リーダーにかざす方式は「NFC」という通信技術を使っており、おサイフケータイと同じように使えます。

一方、コード表示やコード読み取りは、いわゆる「QRコード決済」です。

QRコードやバーコードから情報を読み取り、支払い元(クレジットカードや電子マネーなど)に送金を指示することで決済します。

リーダーにかざす

支払いに使う電子マネーを伝えて、読み取り端末にスマホをかざします。

お店での支払い以外にも、電車やバスの乗車・運賃の支払いにも活用できます。

SuicaカードやWAONカードなど、カード式の電子マネーと支払い方は同じです。

利用にはFeliCa(おサイフケータイ)対応のスマホが必要で、Apple PayGoogle Payで使えます。

ただし、それぞれの支払いの仕組みは微妙に違います。

◆Apple Pay
クレジットカードなどのカード情報を登録して、iD・QUICPay・Suicaのいずれかの電子マネーを経由して支払います。

1枚のカードで、Suica、iD、QUICPayに対応するお店で使えます。

◆Google Pay
アプリに各電子マネー(楽天Edy・nanaco・WAON・QUICPay)を作成して、それぞれ事前にチャージすることで、加盟店での支払いに使えます。

1つのアプリで、各電子マネーを管理・利用できるのが、Google Payの特徴です。

そのため、各電子マネー加盟店で使えますが、お店で使える電子マネーごとに使い分ける必要があります。

コード表示

お店が表示するQRコードを、スマホのカメラで読み取り、支払い金額を入力することで、支払いを行ないます。

楽天ペイ、LINE Pay、Origami Payがコード読み取りを採用しています。

カメラの調子や手ブレなどで、決済用コードにピントが合わないと、支払いに時間がかかる点はデメリットと言えます。

楽天ペイとLINE Payでは、コード表示とコード読み取りの両方が使えますが、基本的に自分が使いやすい方を選べば良いと思います。

使えるお店はリーダーにかざす方式が圧倒的に多い

スマホで支払い

利用するスマホ決済サービスによって、使えるお店が多い・少ないは大きく変わります。

使えるお店が多いのは、「Apple Pay」「Google Pay」です。

Apple Pay
Suica、iD、QUICPay
Google Pay
Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPay

対応する電子マネー加盟店であれば、どこでも支払いOKなので、使う場所を選びません。

特に「コンビニやスーパーなどの会計時に、スマホ一つで支払いたい」と思うのであれば、Apple PayまたはGoogle Payの2択です。

ちなみに、QRコード決済に対応しているコンビニは、現状「ローソン」くらいなので、どうしても使える範囲が狭まります。

QRコード決済は個人店に強みあり

一方で、コード表示・読み取り方式の「QRコード決済」は、各スマホ決済サービスと契約が必要なこともあり、使えるお店は限られています。

特にサービス開始から日が浅いと「使えるお店が全然ない」という事態にも陥りやすいです。

ただし、QRコード決済は、クレジットカードよりも「決済手数料が低い」「導入費用が安い」ことから、中小企業や個人店でも利用されています。

ちなみに「Origami Payはファッション系に強い」など、スマホ決済サービスごとに、使えるお店の特色が出ることもあります。

「普段からよく利用するお店で、何の支払い方法ができるのか」を確認することが、自分にあったサービスを見極めるポイントです。

利用金額の支払い方法

スマホ決済サービスの利用金額は、以下の方法で支払われます。

後払い
紐付けたクレジットカードの利用額と一緒に請求される

即時払い
支払い先が銀行口座で、利用金額がすぐに口座残高から引き落とされる

前払い
利用前にチャージ(入金)をして、そのチャージ金額で支払う

ポイント払い
利用で貯まったポイントを支払いに充当する

利用金額の支払い方によっても、使い勝手の良し悪しが変わってきます。

紐付けたカードから後払い

後払いの仕組み

スマホ決済サービスで最も定番なのが、クレジットカードと紐付けて利用する方法です。

電子マネーだと「iD(アイディ)」や「QUICPay(クイックペイ)」と同じ使い方になります。

利用金額は後払いになるので、事前チャージの必要がなく、残高を気にせず支払いに使えます。

また利用額は各クレジットカードのポイント還元対象になるので、最もお得度が高い支払い方法です。

ただしサービスごとに対応可能な国際ブランドやカード会社が異なり、手持ちのクレジットカードが使えない場合も少なくありません。

Apple Pay
ほとんどのクレジットカード

楽天ペイ
楽天カード、Visa・Mastercardブランド

Origami Pay
Visa・Mastercardブランド
American Express、JCBブランドはセゾン発行のカードであれば可

d払い
dカード、Visa・Mastercardブランド

そのため、後払い型のスマホ決済サービスの中でも、ほとんどのクレジットカードに対応するApple Payの利用率が高いです。

銀行口座から即時払い

即時払い

利用した金額が、登録した銀行口座から即時引き落とされる方法です。

事前にチャージが必要ない分、いつでもどこでも使いやすく、即時払いのため使い過ぎのリスクを減らせます。

スマホ決済サービスの利用可能金額は、登録した銀行口座の残高と同じです。

Origami Pay
みずほ銀行、三井住友銀行、青森銀行など

また銀行口座を直接登録できなくても、楽天ペイではデビットカードに対応しています。

カード決済はVISA・JCB、アプリ決済はVISAのデビットカードが使えます。

事前にチャージした残高から支払う

GooglePayにチャージ

プリペイド型電子マネーと同じように、利用前にチャージが必要なスマホ決済サービスもあります。

「使い過ぎが心配」「毎月決まった金額(チャージした金額分)だけ使いたい」と思う人に向いています。

チャージ方法は「現金」や「クレジットカード」、「銀行口座」が利用できます。

Google Pay
現金:チャージしたい電子マネーに対応する加盟店のレジなど
クレジットカード:電子マネーごとに利用可能なクレジットカードが異なる

LINE Pay
現金:ローソンのレジ、ファミリーマートの「ファミポート」、セブン銀行ATM
銀行口座:みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、楽天銀行、地方銀行など

貯まったポイントを使う

1ポイント=1円

各スマホ決済サービスで貯めたポイントを、それぞれ1ポイント=1円相当で支払いに充当できます。

楽天ペイ:楽天スーパーポイント
d払い:dポイント
LINE Pay:LINEポイント

特に楽天ペイは期間限定の楽天スーパーポイントも使えるのがメリットです。

期間限定ポイントと楽天スーパーポイントの両方が貯まっていた場合、先に期間限定ポイントから消費されるので、有効期限前にポイントを使い切れます。

主要スマホ決済サービス一覧とお得な使い方

Apple Pay

Apple Pay

Apple Payの特徴
決済方法
読み取り端末にかざす
対応機種
iPhone7以降、Apple Watch2以降
使えるお店
Suica、iD、QUICPayに対応するお店
支払い先に登録可能なクレジットカード
ほとんどのクレジットカードに対応
対応電子マネー
Suica、iD、QUICPay

Apple Pay(アップルペイ)は、iPhone7以降やApple Watch2以降の機種で使えるスマホ決済サービスです。

1枚のクレジットカードで、Suica、iD、QUICPayが使えるお店での支払いが行なえます。

手持ちのクレジットカードに電子マネー機能が搭載されていなくても、Apple Payに登録をすれば、それぞれの電子マネーが使えるので、利用可能な範囲が大きく広がります。

Apple Payを利用するメリットの一つが、スマホで交通系ICカード&電子マネーのSuicaが使えることです。

Suica以外にも、交通系ICカードは複数ありますが、モバイル対応をしているのはSuicaだけです。

また交通系ICカード全国相互利用サービスにより、全国の交通事業者でSuica利用が可能です。

例えば、ICOCAエリアの関西圏でもSuicaが使えます。

そのため、Suicaエリア外にお住まいの方でも「スマホ1つで、電車やバスに乗りたい」と思うのであれば、Apple Payを利用する価値は高いです。

「Suicaアプリをインストール」または「WalletでSuicaカードを取り込み」をすることで、スマホ1つで電車やバスの利用、お店での支払いが行なえます。

Suicaは前払い型で事前チャージが必要になりますが、ネット経由で簡単にチャージが完了するので手間はありません。

Google Pay(旧:Android Pay)

googlepay

Google Payの特徴
決済方法
読み取り機にかざす
対応機種
AndroidのFeliCa
使えるお店
Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayに対応するお店
支払先に登録可能なクレジットカード
電子マネーごとに利用可能なクレジットカードが異なる
対応電子マネー
Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPay

Google Payは各電子マネーをアプリ内に作成、利用前にチャージすることで、支払いに使えます。

Google Payを利用するメリットは、スマホ1つで電子マネーやポイントカードの管理や利用ができることです。

今回はあまり触れていませんが、Google PayではTカード、dポイントカードの登録も可能です。

スマホ画面にポイントカードのバーコード画面を表示して、それをバーコードリーダーで読み取ることで、ポイント付与や利用ができます。

Google Payの最も便利でお得なのが、交通系電子マネー「Suica(スイカ)」がスマホで無料で使えることにあります。

以前からSuicaは「モバイルSuica」でモバイル対応をしていたのですが、Androidユーザーは年会費が有料(954円+税)です。

今まで年会費無料で使うには「ビュー・カードシリーズのクレジットカードを登録する」または「EASYモバイルSuicaを利用する」という方法がありました。

Google Payで使えるSuicaでは、年会費が無料以外にも、EASYモバイルSuicaと違い、クレジットカードでのチャージに対応しています。

現金要らずで、ネット経由でいつでもチャージできるのは、手間と時間の両方が節約できます。

ただし、モバイルSuicaよりも使える機能は限定されているので、自分のSuica利用にあったものを選ぶことをおすすめします。

楽天ペイ

楽天ペイ

楽天ペイの特徴
決済方法
コード表示/読み取り
対応機種
iOS、Android
使えるお店
ローソン、和民、AOKIなど
支払い先に登録可能なクレジットカード
楽天カード
Visa、MasterCardブランドのクレジットカード
対応電子マネー
非対応

楽天ペイは、楽天グループが展開するスマホ決済サービスで、利用で楽天スーパーポイントを貯めたり、使ったりできます。

利用額200円ごとに1ポイント、更に楽天カードを支払い方法に登録すると200円ごとに3ポイント(還元率1.5%)付与されます。

普段から楽天カードや楽天グループでのお買い物をする方にとっては、楽天ペイを利用することで楽天スーパーポイントを貯める機会が増えます。

ちなみに、楽天カードでは電子マネー「楽天Edy」が搭載されています。

そのため、楽天カードから楽天Edyにチャージ、楽天Edyで支払いでも、楽天スーパーポイントは貯められます。

ただし、楽天Edyのポイント還元率が合計1%(チャージポイント0.5% + 決済ポイント0.5%)に対して、楽天ペイは合計1.5%と多いです。

そのため、楽天ペイが使えるお店では、楽天ペイ支払いをした方が、お得感があります。

楽天ペイと楽天Edyに関しては、下記の記事が詳しいです。

LINE Pay

LINE Pay

LINE Payの特徴
決済方法
コード表示/読み取り
対応機種
iOS、Android
使えるお店
LINE Pay:ローソン、ロフト、ツルハドラッグなど
LINE Payカード:JCB加盟店
支払先に登録可能な金融機関・クレジットカード
みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、楽天銀行、地方銀行など
(※クレジットカードの登録は可能だが、チャージはできない)
対応電子マネー
なし

LINE Payには「LINEアプリで使えるスマホ決済サービス」と「カード式電子マネー(LINE Payカード)」という2種類の利用方法があります。

スマホ決済サービスのLINE Payを利用する最大のメリットは個人間送金が無料で使えることだと思います。

LINE Pay利用者同士であれば、LINEアプリから簡単に送金できます。

振込みをする時間や場所、手数料を気にせずに「飲み会の割り勘代を払いたい」「前に貸したお金を返して欲しい」などの用途に使えます。

個人間送金はLINE Pay利用で貯まるポイントの付与率にも影響します。

そのため「送金機能をどれだけ使うか」で活用するかどうか考えても良いと思います。

d払い

d払い

d払いの特徴
決済方法
コード表示
対応機種
iOS、Android
使えるお店
ローソン、ツルハドラッグ、高島屋、タワーレコード、和民など
支払先に登録可能なクレジットカード
dカード
VISA、Mastercardブランドのクレジットカード
対応電子マネー
なし

d払いは、NTTドコモが展開するスマホ決済サービスです。

利用金額200円ごとにdポイントが1ポイント貯まります(ポイント還元率0.5%)。

ドコモケータイ払いとの違いは「dアカウントがあれば、ドコモユーザー以外も使える」と「実店舗の支払いができる」にあります。

ドコモユーザーであれば毎月のケータイ料金と合算払いが可能です。

支払い方法をクレジットカードにすれば、d払いの利用でdポイント、クレジットカードの決済ポイントの両方が獲得できます(ポイント2重取り)。

Origami Pay

オリガミペイ

Origami Payの特徴
決済方法
コード読み取り
対応機種
iOS、Android
使えるお店
ローソン、ロフト、パルコ、靴下屋など
支払先に登録可能な金融機関・クレジットカード
みずほ銀行、三井住友銀行、青森銀行など
Visa、Mastercardブランドのクレジットカード
American Express、JCBブランドはセゾン発行のカードであれば可
対応電子マネー
なし

Origami Payは、ファッションや生活雑貨などを取り扱うお店を中心に使えます。

2%OFFや50円引きなどの独自の割引サービスやクーポンがあり、他の支払い方法よりもお得感があります。

特に「初回利用10%OFF」など、新規利用キャンペーンは割引率が高いので、気になる商品も気軽に購入できます。

スマホ決済サービス

他のスマホ決済サービスとは違い、金融機関の口座から即時引き落としにも対応しています。

そのため「クレジットカードが作れない/なるべく使いたくない」という人でも使いやすいです。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由