Zaif(ザイフ)

ビットコイン取引所

Zaif

数多くの仮想通貨が取引可能なビットコイン取引所「Zaif(ザイフ)」。

大手企業からの出資は受けておらず、取引所のビットフライヤーと比較して、やや地味な印象を受けます。

しかし、運営元のテックビューロは、ブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin」において高い評価を得ており、さくらインターネットを始めとする多くの上場気魚うがブロックチェーンの実証実験環境にmijinを採用しています。

ビットコインを長期的に保有したいと考える人向けに、業界初となる「Zaifコイン積立」等のサービスも開始し、知名度を着実に高めている取引所です。

仮想通貨はコールドストレージで保管

安全に保管

Zaifはビットコイン取引所として多くの仮想通貨を保管しています。

取引所にはお金が集まりますから、当然、Zaifに保管されているハッカーが仮想通貨を盗もうとさまざまな攻撃を仕掛けます。

しかし、Zaifでは流動しない仮想通貨はすべてコールドストレージで保管されているので、どれだけ凄腕のハッカーでもZaifから仮想通貨を盗むことは不可能に近いです。

コールドストレージとは、ネットワークから完全に切断されたネットに繋がっていないストレージのことです。

ハッカーはネットワークを通じて侵入を試みるので、そもそもネットに繋がっていないストレージから仮想通貨を盗むのは、物理的に無理なのです。

もちろん、ハッカー以外にも人が直接Zaif取引所に侵入してストレージを盗もうとするかもしれません。

しかし、Zaifでは特定の権限を持った人が複数人の承認を得てはじめて、コールドストレージの仮想通貨を再移動できる仕組みを導入しているので、物理的な盗難のリスクにも対処しています。

現金資産は分別管理

分別管理

Zaifは多くの仮想通貨の他にも、顧客から預かった現金資産(日本円)を管理しなくてはなりません。

しかしこちらは当然、Zaifの取引所内で現金を保管するわけではないので安心です。

顧客から預かった資産は銀行の顧客専用口座で分別管理されています。

万が一、Zaifの経営が悪化したり倒産しても顧客資産は完全に分離されているので、Zaifの経営に流用される心配はありません。

ちなみに、顧客資産の分別管理は証券業界やFX業界では当たり前のことで、これと同じ仕組みがビットコイン取引所でも導入されています。

Zaifでビットコインを買う方法

ビットコインを安全に購入

Zaifでビットコインを購入する方法は2つあります。

簡単売買を利用する
Zaifが売り手・買い手となり仮想通貨の売買が手軽に行えるサービスです。

日中の価格変動が小さいので、ビットコインをとりあえず買いたいという方はこちらの方法がおすすめです。

取引手数料は無料ですが、売値・買値の間には差が設けられており、これが実質的な手数料となります。(スプレッドといいます)

簡単売買では、「ビットコイン」「モナコイン」の2つの仮想通貨を取引できます。

取引所で売買する
ユーザー同士で直接売買を行うため取引価格がリアルタイムで変わります。

スプレッドがないので、取引所で売買した方が基本的には最適な取引価格で仮想通貨の売買が行えます。

ただし、相場によって値付けされているためしっかりと相場を見極めて売買しなければ、通常よりも高い値段で仮想通貨を買ってしまう可能性もあります。

逆に言うと上手くタイミングを捉えることができれば、相場よりも安い価格で仮想通貨を手に入れることも可能です。

Zaif取引所ではビットコインを始め数多くの仮想通貨の売買が可能です。

Zaifの取扱通貨

デジタルアセット

Zaifの取扱通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン
  • XCP
  • Zaif
  • NEM
  • BITCRYSTALS
  • SJCX
  • 日本円

玄人好みな仮想通貨が揃っていますね。
ちなみに、仮想通貨の時価総額は1位がビットコイン(BTC)、2位がイーサリアム(ETH)、3位がリップル(XRP)となっています。

こうした点を考えても、Zaifが独自色の強い仮想通貨のラインナップを拡充していることがわかります。

Zaifの信用取引で売りから入ることも

一部のビットコイン取引所では、FX取引(証拠金取引)のサービスを提供しています。

FX取引はビットコインで買い物をするという利用方法(旅行時に外貨に両替して使うような利用方法)ではなく、仮想通貨の値上がり、値下がりの特性を利用して積極的な売買を行い、売買差益を得る(外貨預金のような資産運用としての利用方法)人向けのサービスです。

FX取引では通常よりもより大きな取引ができる「レバレッジ」をかけることができたり、また仮想通貨を最初に信用売りして、後に買い戻すことができます。

Zaifの信用取引は、レバレッジは1倍に限定されるものの、信用売りができるので仮想通貨の価値が将来下がると考えている方でも、利益を出すチャンスがあります。

Zaifコイン積み立てで長期的に資産を築く

積立

前述のように、仮想通貨には

  • 電子マネーや外貨のような実需としての利用方法
  • 外貨預金や株式投資のような資産運用としての利用方法

の2つの使いみちがあります。
こうした特性からも、仮想通貨は「デジタルアセット」と呼ばれています。

Zaifのコイン積立は、毎月1回銀行口座からの自動引落によって定額のビットコインを積み立てで購入できるサービスです。

ビットコインの価格が高い時は少なく、ビットコインの価格が下がっている時はたくさん購入できるので、長期的に積み立てをすることで、平均的な価格でビットコインを資産として持つことができます。

ただし、Zaifのコイン積立を利用するには手数料がかかります。

積立金額 手数料
1千円~2千円 一律100円
3千円~9千円 3.5%
1万円~2万9千円 2.5%
3万円~4万9千円 2.0%
5万円以上 1.5%

上記の表を見てもわかるとおり、積立の手数料が結構高いので、あまりおすすめできるサービスではありません。。。

Zaifの手数料

手数料

ビットコイン売買手数料:無料(さらに取引量の0.01%を還元)
アルトコイン売買手数料:無料(さらに取引量の0.01%を還元)

入金手数料:振込手数料 自己負担
出金手数料:50万円未満は350円+税、50万円以上は700円+税

※アルトコインとは、イーサリアムなどのビットコイン以外の仮想通貨のことです。

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由