ビットバンク

ビットコイン取引所

ビットバンクウォレット

ビットバンクは仮想通貨に関する総合的なサービスを提供している会社です。

大きく2つのサービスを提供しており、取引所とウォレットの機能を提供している「ビットバンクウォレット」、そしてビットコインFXというトレーディング機能を提供している「ビットバンクトレード」が、ビットバンクの主なサービスとなります。

当サイトは仮想通貨を日常生活で使うためのヒントを提供しているので、今回は主に「ビットバンクウォレット」について触れたいと思います。

コールドウォレットとマルチシグによる高セキュリティ

安全に保管

仮想通貨はその実態がないからこそ、安全に扱われる必要があります。

取引所「マウントゴックス」が引き起こしたビットコインの消失・盗難事件は、取引所が管理していたビットコインの管理方法に問題がありました。

ビットコインそのものが危険だったわけではなく、取引所の運営に問題があったということです。

最近は、大手銀行も同様に不正送金を目論むハッカーの攻撃対象になっていますが、これはビットコイン取引所も同様です。

では、こうした攻撃から身を守るために現在のビットコイン取引所がどのような取り組みを行っているかを、まず最初に説明します。

コールドウォレットは分散して管理

ビットバンクウォレットが保有している顧客の仮想通貨は、流動的なものを除いてそのほとんどが「コールドウォレット」で管理されています。

コールドウォレットとは、オフライン状態のサーバーのことです。ネットと繋がっていないので、どれだけすごい腕を持ったハッカーでも手出しができません。

また、ビットバンクウォレットは1台のコールドウォレットにすべての仮想通貨を保管するのではなく、コールドウォレットを複数に分散して管理しています。

第一段階:ホットウォレット
アクティブに流通している仮想通貨は、オンライン状態のホットウォレットで管理されます。
セキュリティ対策が施されているため、盗難リスクは低いものの万が一ハッカーが侵入してきた場合、盗難されるリスクがあります。

しかし、アクティブに流通している仮想通貨の割合は、ビットバンクウォレットが管理する仮想通貨全体のほんのわずかです。

第二段階:コールドウォレット
ビットバンクウォレットが管理している仮想通貨の大部分は、オフラインのコールドウォレットで管理されています。

ネットに繋がっていないので、外部のハッカーから攻撃を受ける心配はありません。

第三段階:複数に分散して管理
それでも万が一、何らかの形でコールドウォレットに保管しているビットコインが盗まれてしまったとしても、その被害は最小限に食い止められます。

なぜなら、ビットバンクウォレットではコールドウォレットを複数に分散して管理しているからです。

※もちろん、常に最新のセキュリティで守られている取引所なのでホットウォレットの仮想通貨が盗まれる心配も極めて低いです。

マルチシグによる厳格な管理体制

オフライン状態のコールドウォレットにビットコインを保管していれば、基本的には安全です。

しかし、それでも100パーセント安全かというとそうではありません。なぜなら、ビットバンク内部の人間が不正行為をするかもしれないからです。

仮に、ビットバンクの社員がハッカーと強力し、コールドウォレットに保管されているビットコインを会社に無断でオンライン状態にし、盗難のリスクに晒すということも考えられます。

こうした事態を防ぐため、ビットバンクウォレットでは「マルチシグ(マルチシグネーチャー)」による認証を導入しています。

簡単に言うと、社員1人だけではコールドウォレットをオンライン化することはできず、社員A、社員Bなど複数の人がそれぞれ持っている「鍵」を両方使わなければ、保管されているビットコインには手が出せないようになっています。

将来的には保険加入でさらなる安全も?

これは、将来的にこうなるという話ですが・・・

先日、業界大手のビットフライヤーと三井住友海上が「ビットコイン取引所向けの盗難保険」を開発すると発表されました。

前述の通り、ビットコイン取引所がどれだけ厳格な管理体制にあったとしても、ビットコインの一部が盗難の被害にあう危険性はあります。(これはビットコインだから特別ということではなく、銀行にも強盗が入ったり、不正送金をされたりしていると言う点で同じです)

しかし、もし仮に取引所のビットコインが盗難されても、その被害が一部だけであれば上記の盗難保険によって顧客資産は補償される可能性が高いです。

この保険はまだ稼働していないものの、近い将来スタートし、ビットコインはより安全なものになります。

現預金は銀行で分別管理

ビットコインを管理するのはビットバンクウォレットのような取引所ですが、現預金の管理はすべて大手銀行の口座に預けられているので安心です。

また、顧客から預かった預金と、ビットバンクの経営に必要な預金は別の口座で分別管理されています。

もし、ビットバンクの経営が悪化したり、倒産の危機に陥っても顧客の現預金にはまったく影響がありません。

ビットバンクウォレットでできること

ビットバンクウォレットが取り扱っている仮想通貨は「ビットコイン」のみです。今のところ、アルトコイン(派生通貨)は扱っていません。

ビットコインはビットバンクを通じて24時間いつでも購入することができます。

購入したビットコインは、ビットバンクウォレットを使ってお店や通販サイトでの支払いに使ったり、送金することができます。

通常、送金手続きには複雑な英数字のビットコインアドレスが必要ですが、ビットバンクウォレットを使うとメールアドレスだけで相手に送金することが可能です。

ビットコイン送金は銀行を介さず相手に直接送金できるので、振込手数料を支払うよりも低コスト化を実現できます。

送金におけるコストは特に海外送金の際に威力を発揮し、海外送金手数料は従来の100分の1以上安くなることも少なくありません。
ビットコインによる海外送金

交通系icカード全国相互利用で電子マネーSuicaが最強と言える理由