三井住友VISAエグゼクティブカード

クレジットカード一覧

三井住友VISAエグゼクティブカード

三井住友VISAエグゼクティブカードは、定番の三井住友VISAカード三井住友VISAゴールドカードの中間にあたるクレジットカードです。

特に旅行保険の手厚さは評判が高く、出張が多い仕事をされている方や家族で旅行に行く機会が多い人に安心の一枚です。

年会費は3,000円+税ですが、特定の条件を満たすことで、1,000円+税まで引き下げられます。

ネット申し込みならば、最短3営業日発行できるので、今すぐクレジットカードが欲しい人にも向いています。

多少の年会費はかかるものの、旅行保険が充実しているのが、三井住友VISAエグゼクティブカードの特徴です。

同水準のライバル券種は、セゾンブルーアメックスになると思いますが、個人的には三井住友カードのほうがお得だと思います。

最大3,000万円の国内・海外旅行保険

家族旅行

三井住友VISAエグゼクティブカードを利用する最大のメリットとなるのが旅行保険の手厚さです。

三井住友VISAカードは、年会費無料のクレジットカードでも「旅行保険の補償が手厚い」ことでも人気があります。

エグゼクティブカードでは、さらに旅行保険の特典が強化されています。

三井住友 VISAクラシックカードなどの一般カードと比較しても、保険金額は何十、何百万とアップしています。

◆海外旅行保険の保険金額

  • 傷害死亡・後遺障害:最高3,000万円
  • 傷害治療費用:100万円
  • 疾病治療費用:100万円
  • 賠償責任:4,000万円
  • 携行品損害:25万円(自己負担:1事故3,000円)
  • 救援者費用:150万円

各金額は1事故などの限度額です。

補償内容の詳細は海外旅行傷害保険 – 三井住友カードを参照ください。

傷害死亡・後遺障害については、海外・国内旅行保険で共通です。
(自動付帯:500万円、利用付帯:2,500万円)

国内旅行保険には傷害治療費用などの補償は付帯していませんが、これらは健康保険でまかなえることなので、なくても全く問題ありません。

さらに三井住友エグゼクティブカードを利用するメリットは、本会員の他に家族の方も一緒に海外旅行保険が適用される「家族特約」が付いていることです。

つまり、家族で旅行に行った際に、クレジットカードを持っていない配偶者や子どもの病気やケガも補償されます。

出張時・家族旅行と国内外を飛び回る機会が多い人にとって、こういった旅行保険は、非常にメリットのある特典だと思います。

旅行保険で注意したいのが、傷害死亡・後遺障害で高額な補償を受けるためには、旅行に関する代金をカードで支払う必要があることです。

例えば、公共交通機関の運賃、パッケージツアーの費用などが当てはまります。

カードを持っているだけで適用される「自動付帯」では、保険金が大幅に減額されるので、何か1つでもエクゼクティブカードで支払うと安心です。

ショッピング保険も充実

女性の買い物

通常の三井住友VISAカードは、原則として海外ショッピング保険のみが適用となっています。

しかし、三井住友VISAエグゼクティブカードでは、国内・海外を問わず、年間最高100万円のショッピング補償が付いています。

クレジットカードを使って購入した商品が、初期不良で壊れたり、盗難にあったりした場合、90日前までさかのぼって補償してくれます。

また、三井住友カードはセキュリティが優れているカード会社としても有名です。

任意で顔写真入りのカードを選択できる他、万が一クレジットカードが盗難・紛失にあっても、不正請求される心配はありません。

24時間対応の厳重な監視によって、すぐに不正利用をストップしてくれるだけでなく、その際に使われた金額はキャンセル扱いで請求対象外となります。

◆管理人の体験談
私も過去に一度、クレジットカードを不正利用されたことがありました。

しかし、すぐにカード会社から連絡が来て、身に覚えがない旨を伝えると、あっさり「キャンセルしておきましたのでご安心ください」と言われて、不正利用分を請求されることはありませんでした。

家族の健康も守れるドクターコール24

ドクターコール24

三井住友VISAエグゼクティブカードにはドクターコール24というサービスが付帯します。

この特典は24時間365日いつでも無料で医者への電話相談ができます。

元々は三井住友カードのプラチナカード、ゴールドカード会員のみに提供されているサービスなので、エグゼクティブカードでこの特典が利用できるのはお得です。

本人の体調不良などに対する相談はもちろんですが、三井住友カードではドクターコール24を「家族の頼りになる健康110番。」としています。

  • 2種類の薬を同時に飲んでも大丈夫か
  • 赤ちゃんに熱があり、食事を吐いてしまう
  • 家族の足元の腫れがなかなかおさまらない

日常生活で、身体的・精神的な面で「原因不明」だと、どこに相談して良いかわからないということもあります。

このような質問も、ドクターコール24を使うことで、専門家である医師が電話ですぐに回答してくれます。

もちろん、簡易的な診断に留まりますが、医者に行く前段階の相談として、24時間いつでも電話1本で専門家に相談できるのは、非常に使い勝手が良いです。

ドクターコール24の利用は完全無料となっており、すべて年会費の範囲に含まれます。

電子マネーとの連携が可能

電子マネー

三井住友VISAエグゼクティブカードでは、各種電子マネーとの連携可能です。

Apple Pay、iDの利用金額は、いずれも後日クレジットカードの請求と一緒に引き落とされて、ポイント還元の対象になるので、現金払いよりも便利でお得です。

◆Apple Pay(アップルペイ)

Aplle pay

Apple PayはiPhone7やApple Watch2以降の機種で使えるスマホ決済サービスです。

iD、Suica、QUICPayに対応するお店やサービスの支払いができるので、スマホ1つでどこでもOKです。

◆iD(アイディー)

iD(アイディ)

後払い型電子マネー「iD」は、全国のコンビニやスーパー、マクドナルドなど幅広い場所で使えます。

おサイフケータイに対応していない機種を使っている場合でも、クレカ一体型の電子マネーを発行できます。

◆WAON(ワオン)

三井住友カードWAON

イオングループが展開している前払い型電子マネー「WAON」は、三井住友カードWAONとして発行できます。

(発行手数料は300円)

通常のWAONカードとは違い、クレジットチャージやオートチャージにも対応しています。

残念ながら、チャージをしてもクレジットカードのポイントは貯まりません。

ただしWAON残高が少なくなった時に、自動的に一定額がチャージされる「オートチャージ」が使えるのは残高不足に悩まされずに済みます。

ちなみにWAONにクレジットチャージしてポイント付与されるのは「イオンカードセレクト」だけです。

◆PiTaPa(ピタパ)

PiTaPa

関西圏で利用されている交通系ICカード&電子マネー「PiTaPa(ピタパ)」も、三井住友PiTaPaとして発行可能です。

利用した乗車料金はクレジットカードの明細と一緒に請求されます。
(ただし、乗車料金はポイント還元の対象外です)

ポイント還元率は低め

ワールドプレゼント

三井住友カードでは、通常利用金額1,000円ごとに1ポイントが貯まります。

カード利用で付与されるポイント「ワールドプレゼント」は、1ポイント=5円の価値があります。

実質的なポイント還元率は0.5%と、やや低めです。

元々、三井住友カード自体がポイント高還元に注力していません。

しかし、三井住友カードが運営している「ポイントUPモール」を経由して買い物をすると、ポイント還元率が最大で20倍にアップします。

ポイントUPモールには、大手通販サイトも多数出店しており、普段よく利用するショップも見つかります。

  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • Amazon.co.jp
  • アップルストア

上記のネットショップは大抵、ポイント還元率が2倍なのですが、それでも1%のポイントが付与されるのは大きいです。

また、個人的におすすめしたいのは旅行予約の「エクスペディア」です。

ポイントUPモールを経由してエクスペディアでツアーなどを予約すると、ポイント6倍にアップします。

旅行好きにとっては、かなりお得感があり、支払いをエクゼクティブカードにすれば、利用付帯が適用されて保険金額もアップします。

ポイントの交換先は多い

三井住友VISAエグゼクティブカードを使って貯めたポイントは、他社ポイントやギフト券などと交換できます。

  • ドコモ、auなどの携帯会社のポイント
  • ヨドバシゴールドポイント
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
  • その他多数のカタログギフト

ポイントの交換先は多いので、使いみちに困ることはありません。

電子マネーiDをお使いであれば「iDバリュー」に交換すると使い勝手が良いです。

200ポイントをiDバリュー1,000円分として交換可能で、電子マネーiDの利用分に充当できます。

初年度無料、2年目以降の年会費を安くする方法

年会費と審査

三井住友VISAエグゼクティブカードの年会費は初年度無料です。

また、2年目以降は年間3,000円+税の年会費が必要ですが、以下の条件を満たすことで、年会費1,000円+税まで引き下げられます

年会費引き下げ条件は、以下の2つです。

  • WEB明細書サービスの利用:500円+税の割引
  • マイ・ペイすリボに登録&利用:年会費半額

また上記とは別に年間利用額に応じて、次回の年会費が安くなる方法もあります。

  • 前年の年間利用額が100万円以上:年会費25%OFF
  • 前年の年間利用額が300万円以上:年会費半額

WEB明細書サービス利用による年会費割引とは重複して割引が受けられます。

一方で「マイ・ペイすリボの申し込み・利用で年会費半額」とは重複できず、最も割引率が高いものが適用されます。

例えば「年間利用額が100万円以上300万円未満」で「マイ・ペイすリボの申し込み・利用実績あり」だった場合は、年会費半額になります。

ちなみにマイ・ペイすリボとは「1回払いの利用分が自動的にリボ払いになる支払い方法」です。

定額型リボ払いは毎月の支払い金額が自由に設定できますが、設定金額が低すぎると「支払っても金額が減らない」リボ地獄に陥ってしまいます。

リボ地獄を防止する方法は、以下の記事で解説しているのでよろしければ合わせてお読みください。

審査条件は厳しくはないものの

カードデスク

通常の三井住友VISAカードと比較して、ややグレードの高いのがエグゼクティブカードです。

審査条件は「満20歳以上の安定した収入のある人」となっているため、少しだけ敷居は高いです。

10代の方は対象外ですが、20歳以上で働いている方であれば、申込みが可能です。

三井住友カード内の位置づけとしては「三井住友ゴールドカードの一歩手前」という感じになると思います。

ちなみに、三井住友VISAゴールドカードの審査条件は「満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」となっています。

20代の方であれば「三井住友VISAプライムゴールドカード」という選択肢もあります。

プライムゴールドカードの旅行保険は、家族特約付きで最高5,000万円までの保障が受けられます。

審査が気になる人の中には、「ゴールドカードに申込む前に段階を踏んで三井住友VISAエグゼクティブカードに申込む」という方もいます。

しかし、ゴールドカードと比較してクレジットカードの利用限度額が特に低いわけではなく「最初から80万円の利用限度額が出た」という口コミもあります。

あくまでも、審査の結果次第で利用枠が決定するということです。

前述した通り、年会費は初年度無料、2年目以降は3,000円+税となっています。

別カードブランドの2枚持ちも可能

クレジットカードブランドはVISA、Mastercardから選択できます。

また格安の年会費で2枚持ちをすることも可能です。

2枚持ちをした場合、2枚目のカードは年会費500円で持てます。

VISA、Mastercardともに、国内外でトップシェアを誇るカードブランドなので、国や地域問わず使いやすいです。

旅行・ショッピングに関する補償を充実させたい人向けの1枚

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人の評価

多少の年会費を支払ってでも特典が欲しいという方におすすめできるクレジットカードです。

三井住友VISAエグゼクティブカードが優れている点は、なんといっても「保険特典」です。

まず、国内・海外旅行保険が大幅に拡充されています。

そして、ショッピング補償も国内・海外を問わず年間100万円までが対象となります。

とにかく旅行保険・ショッピング保険を充実させたい方にとって、選ぶ価値がある一枚だと思います。

個人的には、通常の三井住友VISAカードの数字刻印がゴールドになっているという「カードデザイン」に着目しています。

このカッコイイデザインが決め手で「三井住友VISAエグゼクティブカードを選んだ」という人も、きっと少なくないはずです。

お申込みはこちら(初年度無料)