セブンカード

クレジットカード一覧

セブンカード

更新:
セブンカードは新規の申込受付を終了しました。現在は「セブンカード・プラス」に統合されています。
→セブンカード・プラスの詳細はこちら

セブンカードは、セブン&アイホールディングスが発行するクレジットカードです。
実質、年会費無料で利用できる誰でも持ちやすい一枚となっています。

セブン&アイホールディングスの各店にて優待割引が受けられ、お得に使うことが可能です。

セブンカードの特徴

セブンカードのメリットは、なんといってもセブン&アイホールディングスの店舗を利用するともらえるお得なポイント還元サービスと、優待割引です。

ポイント還元率は最大1.5%

ポイント還元

セブンカードでは、クレジットカードの利用金額に応じて200円につき1ポイントが貯まります。(還元率0.5%
VISAカード、JCBカードが使える加盟店ならどこでもポイント付与の対象となります。

通常は還元率0.5%のカードとなりますが、セブン&アイホールディングス系列の店舗で利用すると、ポイント還元率は一気に高まります。

■イトーヨーカドー ・ ヨークマート ・ オッシュマンズでの利用
利用金額100円ごとに1.5ポイントが貯まります。(還元率1.5%
セブンカードを使って支払わなくても、カードを提示して現金払いをした場合でも、100円につき1ポイントが貯まります。

■セブンイレブン ・ デニーズ ・ ファミールでの利用
200円ごとに3ポイント貯まります。(還元率1.5%
セブンイレブンや、ファミレスのデニーズでも1.5%の高いポイント還元が受けられます。
ポイントを考えると、セブンイレブンなどで「たばこ」や「お酒」など値引きがない商品を買っても、実質1.5%引きで買える計算になります。

■西武 ・ そごう ・ アリオモール ・ セブンネットショッピングでの利用
200円ごとに2ポイントが貯まります。(還元率1%

特に、セブンネットショッピングでの購入商品が実質すべて1%割引になるというのは、ネット通販をよく利用する人にとっては大きいですね。

また、年間の利用合計金額に応じてボーナスポイントがもらえます。

  • 100万円利用:3,000ポイント
  • 150万円利用:10,000ポイント
  • 以降100万円利用ごとに:10,000ポイント

貯めたポイントは、イトーヨーカドー、ヨークマート、オッシュマンズの各店にて、1ポイント=1円として使えます。
イトーヨーカドーを利用する機会が多い方にとっては大変お得です。

また、セブンカードで貯めたポイントは1:1の交換レートで「nanacoポイント」との交換も可能です。
ポイントは、家族間で共有することもできます。

ネットスーパーでも5%優待

イトーヨーカドー

毎月8の付く日、「8日」、「18日」、「28日」は、全国のイトーヨーカドーやネットスーパーでセブンカードを使うと、一部商品を除いてほとんどの商品が5%割引になります。

イトーヨーカドーネットスーパーでも5%の割引が受けられるのは大変ありがたいです。

第3金曜日と翌土曜日は、オッシュマンズでの割引が受けられます。
全国のオッシュマンズでカードを使うと、5%割引で商品の購入がおこなえます。

また、イトーヨーカドーの実店舗では、もう一つの特典として「ボーナスポイント対象商品」というものがあります。
ボーナスポイント対象商品に指定された商品をセブンカードで購入すると、通常の還元率を大きく上回るボーナスポイントがもらえます。(例えば缶コーヒー1本で10ポイント還元など)

ショッピング・盗難保険を付帯

カード保険

セブンカードには、「海外盗難保険」および「海外ショッピング保険」を付帯しています。

■海外盗難保険
海外での旅行中に、もしもセブンカードを紛失したり盗難にあってしまい、カードが不正利用されてしまっても、過去60日間にさかのぼり、不正請求を補償してくれます。

■海外ショッピング保険
海外で購入した商品が万が一、破損や盗難などの被害にあった場合でも、購入日より90日以内であれば、年間合計100万円までを補償してくれるサービスです。

ETCカードや電子マネーも

ETCカード・電子マネー

高速道路の料金所をスムーズに通過できるETCカードも無料で発行できます。
ETCカードを通じて発生した料金もポイント還元の対象となっており、200円につき1ポイントが貯まります。

電子マネーはQUICPay(nanaco)が使えます。
nanacoが前払い型(プリペイド)の電子マネーに対して、QUICPay(nanaco)は後払い型の電子マネーなので、チャージする必要がありません。

QUICPay(nanaco)で購入した商品も、200円につき1ポイントが貯まります。

年会費や入会審査は?

セブンカードの年会費は500円(家族カードは1枚追加ごとに200円)ですが、年間の利用金額が5万円以上の場合は次年度も無料となるので、年会費は実質無料です。

この、年会費無料の年間利用額5万円の条件は、家族での利用も合計されるので、カード会員本人と家族で合計5万円以上を使えば年会費は無料となります。

また、初年度は年会費無料で使えます。
1年使ってみて、もし使う機会が少ないようであれば解約してしまって問題ありません。

入会対象は「原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある方(学生OK、高校生は不可)」となっています。

クレジットカードの審査については、それほど高くないと思われますが、ユーザーの口コミに「セブン銀行とnanacoを愛用しているのに落ちた」という意見がありましたので、セブン銀行やnanacoの利用実績は審査の際に見ていないものと思われます。

JCBとVISAが選択可能

VISA・JCB

カードブランドは、JCBとVISAの2種類から好きな方が選べます。
どちらも国内、海外では普及率が高く使う場所を選びません。

どちらを選んでもサービスなどに違いはありませんが、セブンカードはどちらかというとJCBを推奨しているようなので、カードブランドにこだわりがなければ、JCBカードを選択することをおすすめします。

セブンカードはGETすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

セブンイレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイグループの各店でお得に使えるクレジットカードです。

年間5万円以上カードを使えば、年会費は無料となりますが、それが達成できなくても年会費は格安の500円となっています。

ポイント還元率はイトーヨーカドーやセブンイレブンなら1.5%なので、これらの店舗で年間35,000万円以上使うと、ポイント還元によって年会費の元が取れる計算になります。

毎月「8」の付く日は、イトーヨーカドーやネットスーパーで5%OFF、第3金曜日、土曜日はオッシュマンズで5%割引の優待が受けられるので、大変お得です。

貯めたポイントは1ポイント=1円として、イトーヨーカドー、ヨークマート、オッシュマンズで使えます。
セブンカードで貯まったポイントは、セブンイレブンでは使えませんが、1:1の交換レートでnanacoポイントに交換することで使えるようになります。

姉妹カードの「セブンカードプラス」は、最初からnanacoポイントが貯まるカードなので、セブンイレブンを利用する機会が多い人は「セブンカードプラス」を、イトーヨーカドーやネットスーパー、オッシュマンズを利用することが多い方は、この「セブンカード」を選びましょう。

セブンカードの口コミ

口コミ情報