リクルートカードプラス

クレジットカード一覧

リクルートカードプラス

2016年3月15日:更新
残念ながらリクルートカードプラスは新規受付が終了となりました。現在は年会費無料のリクルートカードのみ申込できます。


「じゃらん」や「ホットペッパー」、最近ではクーポンサイトの「ポンパレ」などの運営で知られるリクルートから、ポイント高還元のクレジットカードリクルートカードプラス』が登場しました。

リクルートカードプラスのポイント還元率は2.0%と、他のクレジットカードを圧倒する高還元率となっています。しかも、じゃらんやホットペッパーなど、同社のサービス利用なら、最大5%のポイントが貯まります。

ポイント還元率が強化されたリクルートカードプラスは年会費がかかりますが、年会費が一切かからない通常のリクルートカードも選択可能です。通常のリクルートカードでも1.2%のポイント還元と大変強力なスペックとなっています。

新規会員を募集はじめたばかりの新しいカードなので、審査に通過しやすい今がチャンスと言えます。

リクルートカードとの比較

リクルートカードとの比較

リクルートカードプラスの年会費は2,000円+税です。(家族カードは1,000円+税)
年会費無料のリクルートカードもありますが、コストパフォーマンスはリクルートカードプラスの方が圧倒的に高いです。

ポイント還元率が高い

年会費無料のリクルートカードは、ポイント還元率が1.2%です。
しかし、リクルートカードプラスの還元率は2.0%となっており、実に1.7倍の還元率を誇ります。

また、還元率1.2%のリクルートカードは、ポイント還元の小数点が切り落とされます

リクルートカードの場合(還元率1.2%)
100円の買い物で1.2ポイント還元 → 1ポイントしか還元されない(0.2ポイントは切り捨て…)

リクルートカードプラスの場合(還元率2.0%)
100円の買い物で2ポイント還元 → 2ポイントすべてが還元される!

旅行保険が手厚い

リクルートカードプラスには、国内、海外ともに最高3,000万円の旅行保険が付帯されています。
旅行時に万が一のことがあった場合でも、クレジットカードの旅行保険によって、手厚い保証を受けることができます。

しかも、リクルートカードプラスの付帯保険は「自動付帯」です。
旅行代金をリクルートカードプラスで支払わなくても、カードを持っているだけで保険適用の対象となります

それに対し、年会費無料のリクルートカードは、国内旅行は最高1,000万円、海外旅行は最高2,000万円と、少し見劣りします。
しかも、付帯保険は「利用付帯」となっているので、旅行代金をリクルートカードで支払っていなければ、保険は適用されません。

nanacoチャージもポイント対象

一般的なクレジットカードは、電子マネーのチャージはポイント対象外です。
しかし、リクルートカードプラスであれば、「nanaco」、「モバイルSuica」の電子マネーチャージも、ポイントの対象となります。

電子マネー「nanaco(ナナコ)」が実質2%OFFということになるので、大変お得です。

ちなみに、無料のリクルートカードは、電子マネーの「楽天Edy」、「モバイルSuica」、「SMART ICOCA」のチャージがポイント対象ですが、nanacoは対象外となっています。
(やはり、nanacoの電子マネーチャージをする人が多いからでしょう)

年会費はかかりますが・・・

リクルートカードプラスは、毎年2,000円+税の年会費がかかってしまいます。
しかし、ポイント還元率が高いため、年間262,500円以上クレジットカードを使えば、無料のリクルートカードよりもこちらの方がお得となります。

リクルートカードプラスの特徴

通常ポイント還元率2%のリクルートカードプラス。
その他にもポイント還元が最大5%になるなど、さまざまな特典があります。

あらゆる商品が実質2%割引で買える

ポイント還元率

リクルートカードプラスを使って買い物をすると、購入金額の2%がポイントとして還元されます。(100円につき2ポイント)

リクルート社のサービスとは関係のないお店でも、クレジットカードが使えるあらゆる商品・サービスがポイント対象です。

つまり、どのような商品やサービスでも、実質2%割引で購入できることになります。
例えば、たばこやお酒など、値引きできない商品でも、すべてポイント還元によって実質2%値引きとなります。

貯めたポイントは、1ポイント=1円として、リクルートが提供するさまざまなサービスに使えます。

「じゃらん」で旅行チケット・ホテルの代金に使ったり、ポンパレやホットペッパーの飲食代金に使ったり、日常生活で貯めたポイントを活用できるシーンは多いと思います。

リクルートのサービスで最大5%還元

リクルートのサービス

私たちは日常生活でリクルートのさまざまなサービスを利用しています。

  • ホットペッパー グルメ(グルメクーポン)
  • じゃらん(旅行チケット・ホテル予約)
  • ホットペッパー ビューティー(美容室)
  • ポンパレ(クーポン)
  • ケイコとマナブ(習い事)
  • ゼクシィ(結婚情報)

などです。

これら、リクルートのサービスを利用した場合は、通常のリクルートカードプラス利用分(2%)+リクルートサービス利用分(最大5%)のポイントが還元されます。

じゃらんやポンパレ、ホットペッパーなどは本来割引されたクーポンなどを提供していますが、そこからさらに最大5%がポイント還元されます。
非常にお得ですね。

年間200万円のショッピング保険

付帯保険

リクルートカードプラスには、国内外の旅行保険は最大3,000万円が自動付帯されています。
これだけでも大変手厚いのですが、旅行保険の他にも年間200万円までのショッピング保険が付帯されています。

リクルートカードプラスを使って購入した商品が、万が一故障や破損してしまったり、盗難にあってしまった場合、カード会社が年間200万円まで購入代金を保証してくれるサービスです。

年会費2,000円+税のクレジットカードで、200万円のショッピング保険が付いているクレジットカードは、そうそう見当たりません。

新規入会で8,000ポイントがもらえる

新規入会で8,000ポイント

いまなら、リクルートカードプラスの新規入会で8,000ポイントがもらえます

券面がかっこ良すぎる

カードデザイン

リクルートカードプラスの券面(カードフェイス)は、個人的にとてもカッコいいと思います。

リクルートのロゴマークが主張しすぎず、シンプルで重厚感のあるカードデザインは、若者からお年寄りの方まで、老若男女を問わずだれでも持てます。

サイフの中に一枚入れておき、使うシーンを選ばない、そんなカッコいいデザインも評価できますね。

カードブランドはJCBのみ

JCB

リクルートカードプラスは、JCBカードのみ選択可能です。

国内のクレジットカードブランドとして知られているJCBは、国内はもちろん、海外でも使える店舗は多いので、安心して利用できます。

リクルートカードプラスはGETすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

あのリクルートが満を持して発行したクレジットカード。
通常2%のポイント高還元カードは、年会費を払ってもメインの一枚として使いたいお得なカードです。

旅行の「じゃらん」や、飲食の「ホットペッパー」、そしてクーポンの「ポンパレ」といった、リクルート系のサービスなら、最大で5%のポイントが付与されます。

話題のリクルートカードということで、すでにクレジットカード業界では祭りになっている状態です。
新しく誕生したリクルートカードプラスは、現在新規会員の獲得に積極的で、入会時にもれなくもらえるボーナスポイントも用意されています。

また、誕生したばかりのクレジットカードは、最初に多くの会員を獲得する必要があるので、審査を通過しやすいタイミングであることも、注目したいポイントです。

リクルートカードプラスの口コミ

口コミ情報