リクルートカードプラスが良い理由!口コミでわかった本当の評判

口コミ・評判

リクルートカードプラス

2016年3月15日:更新
残念ながらリクルートカードプラスは新規受付が終了となりました。現在は年会費無料のリクルートカードのみ申込できます。


現在、数あるポイント高還元率カードの中でもトップクラスの一枚として人気が高まっているのが、リクルートカードプラスです。年会費は2,100円かかりますが、常時2.0%のポイント還元率であるため、非常にお得です。

年会費無料条件が設定されていないのがデメリットですが、通常時2%還元、じゃらんやホットペッパーなどリクルートが運営するサイトで使うと最大5%還元となる驚異的なポイント還元率は、やはり無視できません。

同じくポイント還元率が高いREXカードが、クレジットカードの請求金額からの値引きでポイントを消化できるのに対し、リクルートカードプラスは「リクルートポイント」で還元が実施されます。

以前は、「リクルートポイントなんて使い道ないよw」といった意見も多かったのですが、現在はPontaとの相互交換が可能となったため、この問題も改善されました。

雑誌のクレジットカード特集でも取り上げられることの多いリクルートカードプラス、ネットの口コミはどうなのか、早速チェックしてきました。

掲示板の口コミ

■良い口コミ
◯現在のところ、最高の還元率カード

◯事実上6%還元以上だからな

凄まじいな

なんでそうなるの

1ポンタは数円の価値あり

◯常に2%還元というシンプルさ

◯ポンタ化は神すぎ

◯リクルートカード プラス(年間手数料2160円)

◯国内旅行 3000万円自動付帯
海外旅行 3000万円自動付帯
ショッピングプロテクション 200万円 90日(自己負担3000円)
還元率 2.0%
nanaco、suicaに満額チャージ

◯現在標準装備では最強だな

◯Q リクルートカードプラスはお得なの?
A 年に1回でもホテルや旅館を使う人にとっては、最高還元率のカードです。

◯nanacoチャージにポイントがつく

■悪い口コミ
◯(怖いぐらいですが)見当たりませんでした。。。

掲示板では、「神扱い」する人まで登場していました。。。
やはり、最近になって実施が決まった「Pontaポイントとの相互交換」がユーザーにとって大きなメリットとなっているようです。

ちょっと言い過ぎのような気もしますが、Pontaポイントには1ポイント=3円の価値があるとの意見もあり、リクルートカードプラスで貯めた2%還元のポイントをPontaと交換して使うことで、「実質的には6%の還元率になる」と強気の発言をしている人も。

以前からメリットの一つとして、リクルートカードプラスはnanacoチャージにおいてもポイント対象となっています。電子マネーのnanacoが事実上2%値引きでチャージできる点は、非常に強力です。その他、リクルートカードプラスは「モバイルSuica」のチャージでもポイントが貯まります。

ショッピングプロテクションや旅行保険が付いているのは、年会費有料のカードとしては標準的だと言えます。しかし、それに加えて高いポイント還元率を加味すると、やはりこのカードが多くの人から支持される理由にも納得です。

SNSでの評判は?

SNSでは、わりと冷静な口コミが多かったというか、クレジットカードのポイントを知り尽くしているであろう人たちの意見がたくさん見られました。

審査スピードは比較的速く、申し込んでからすぐに審査結果の通知が届いたという人がほとんどです。リクルートカードプラスはJCBブランドしか選べないため、JCBの審査に通るかどうかがカギになってくると思います。

審査関連の記事はこちら
リクルートカードの審査難易度は?申し込む前に知っておきたい5つのこと

掲示板では評判だったPonta(ポンタ)との相互交換ですが、SNSでの反応はイマイチ。。。Pontaと交換できるようになったことで「最強カードになった!」という意見がある一方、「リクルートポイントもPontaも両方使わないから微妙。。。」との口コミも目立ちました。

あなたが現在、リクルートポイントまたはPontaポイントを積極的に使う機会があるかどうか?が、リクルートカードプラスを選ぶ上での需要なポイントになると思います。

とは言え、nanacoへのチャージでポイントが貯まるのは非常に好感触ですよね。