セブンカードプラスで税金払いでもポイントを貯める!nanacoクレジットチャージの使い方

お得な活用術

セブンイレブンで、税金や公共料金の支払いをする際には、現金の他に、電子マネーnanaco(ナナコ)が使えます。(クレジットカード払いは非対応)

nanacoで支払える主な税金には、自動車税、軽自動車税、固定資産税、国民健康保険料、国民年金、所得税、住民税があります。

電子マネーnanacoは「利用金額100円ごとに1ポイント」と、ポイント還元率の高い電子マネーとして人気があります。

そのため「nanaco払いにすれば、現金よりもポイントが貯まってお得では?」と思うかもしれません。

実際は電子マネーnanacoでの税金や公共料金の支払いでは「nanacoポイントは貯まらない」という致命的なデメリットがあります。

ただし「電子マネーnanacoで支払える」を利用して、クレジットカードでnanacoにチャージ(入金)して、nanaco払いにするという方法があります。

チャージ金額に応じてクレジットカードのポイントが貯まる分、公共料金や税金が実質的に安くなります。

税金や公共料金がポイント還元率分、割引になると考えれば、支払う金額が高ければ高いほど、お得感が増します。

今回はセブン&アイグループのクレジットカード「セブン・カードプラス」を使った、nanacoクレジットチャージ方法と税金の支払い方について紹介したいと思います。

まずは「コンビニ払いが可能か」を確認

振込取扱票

セブンイレブンでnanaco払いが可能なのは「コンビニ払いが可能なバーコード付きの納付書」に限定されます。

「nanacoにチャージした後、実はコンビニ払いNGだった…」という失敗を防ぐためにも、支払いが可能かどうかを確認してから、nanacoクレジットチャージすることをおすすめします。

ちなみに税金の種類や自治体によっては「Yahoo!公金支払い」や「各自治体の納付サイト」で、クレジットカード払いが可能です。

わざわざ「nanacoクレジットチャージ → セブンイレブンのレジでnanaco払い」にする必要がない分、手間がかかりません。

ただし納付税額に応じて決済手数料がかかる場合があり、貯まるポイント数によっては損をします。

決済手数料が発生しても、クレジットカード払いがお得かどうかを、良く見極めることが求められます。

スマホやパソコンでnanacoクレジットチャージの手続きをする

パソコンとお金

初めてnanacoクレジットチャージを利用する場合は、スマホやパソコンからnanaco会員メニューにログインして、クレジットカードの事前登録を行ないます。

クレジットカードの事前登録から24時間後に、nanacoクレジットチャージの申込みが可能です。

またnanacoカードは入会から10日後、nanacoモバイルは新規入会・機種変更から4日後の朝6時以降に、クレジットカードの事前登録が可能になります。

いずれも入会直後からnanacoクレジットチャージは使えないので、早め早めの入会をおすすめします。

ちなみにnanacoクレジットチャージに使えるのは「本人認証サービスに登録済みのクレジットカード」なので、事前登録の前にこちらの手続きも済ましておきます。

◆本人認証サービスの登録方法(セブンカードプラス)
セブンカードのサイトにアクセス → 「新規登録(無料)」 → 情報を入力 → パスワード設定 → 登録完了!

nanaco会員メニューにログイン後「クレジットカードチャージ(入金)」から、チャージ金額を選択して、申込みを行ないます。

クレジットカードでチャージ可能な金額は、1回3万円まで、チャージ上限は5万円までです。

例えばチャージ上限の5万円までチャージしたい場合は「2万円」+「3万円」など、2回に分けて申し込みます。

クレジットチャージの利用回数は「1日3回まで」と制限があるので、あまり金額を細かく分け過ぎないように注意してください。

申込み後、会員メニューにて、チャージされた金額を確認できます。

セブンイレブンのレジやセブン銀行ATMで残高照会

ATM

nanacoクレジットチャージした金額は、センターお預り分となり、そのまま支払いには使えません。

セブンイレブンのレジやセブン銀行ATMで「残高確認」をすると、センターお預かり分が受け取れます。

レジでnanaco払いをする

電子マネーnanaco

後はレジで納付書を出して「支払いはnanacoでお願いします」と言えばOKです。

納付書のバーコードが読み取られた後は、確認画面をタッチして、nanacoを読み取り部に置けば、支払いが完了します。

後は「納付書支払いの明細」と「nanaco残高明細」のレシートと、納付書の「お客様控え」を受け取ります。

nanacoで5万円以上支払う裏ワザ

センターお預かりとnanacoチャージ

電子マネーnanacoのチャージ上限は5万円です。

そのため「1回の支払い金額が5万円以上だとnanaco払いが使えないのでは?」と思うかもしれません。

実際は「nanacoクレジットチャージ時のセンターお預かり分」と「1回目の支払い後に残高確認」を利用することで、5万円以上の支払いもOKです。

税金の支払いが5万円以上になる場合、店員さんには少し面倒な操作をお願いすることになります。

元々コンビニの代行決済サービスは、時間と手間がかかる作業の一つで、慣れていない店員さんだと、更に時間がかかります。

そのため、できればお客さんが少なく、店員さんの人数に余裕がある時に行なうのがベストです。

支払い金額5万円~10万円の場合

クレジットチャージの利用回数は「1日3回まで」という制限があります。

支払い金額が9万円以内ならば、残高確認を2回行なうことで、1日で9万円分までチャージできます。

3万円チャージ → 残高確認 → 3万円チャージ → 残高確認 → 3万円チャージ
(9万円 = センターお預かり分:6万円 + カード内残高:3万円)

10万円になると1日の利用回数をオーバーするので「2日間」かかります。

◆1日目
1.スマホやパソコンで、nanacoクレジットチャージ(2万円+3万円)を申し込む。
(センターお預かり分:5万円)

◆2日目
1.レジやセブン銀行のATMで残高確認をする。
(センターお預かり分:5万円 → カード内残高:5万円)

2.スマホでnanacoクレジットチャージ(2万円+3万円)を申し込む。
(センターお預かり分:5万円 + カード内残高:5万円 = 10万円)

「利用回数:1日3回まで」は、毎日24時にリセットされます。

そのため「24時より前にクレジットチャージをして、セブンイレブンで残高確認をする。日付が変わってから再びクレジットチャージをして税金を支払う」ことも可能です。

これだと短時間で10万円分の支払いができます。

5万円以上の税金を支払う方法

金額が5万円以上の税金をnanaco払いする場合、レジの決済途中で「残高照会をして、センターお預かり分の金額をnanacoにチャージする」という手順が増えます。

1.レジで納付書を出して、画面に表示される内容を確認をしてボタンを押す

2.「nanacoで支払います」と伝えて、読み取り部に置く
店員さんによっては、納付書の金額を見て「nanacoだと5万円までしか払えません」と言われるかもしれません。

その時は「(センターお預かり分に_万円があるので)5万円分を支払った後に、残高確認をすれば全額支払えます」と言えば大丈夫です。

2.5万円の支払いが終わった後「残高確認をお願いします」と言う

5万円以上の税金は、5万円分のnanacoでは支払い切れないので「残高不足」となり、読み取り部分が赤く光ります。

そのタイミングで「残高確認をお願いします」と伝えます。

店員さんが慣れている人だと良いのですが「良く分からない」という店員さんに当たる場合もあります。

そんな時は「一度、確定をして、保留ボタンを押すと、残高確認ができます」「その後に保留を解除すれば、再びnanaco払いができます」と伝えれば分かってくれると思います。

3.センターお預かり分の5万円が、nanacoカードにチャージされるので、再度支払いをする

これで10万円分の支払いが完了します。

1枚のnanacoカードで最大18万円までOK

ちなみに1枚のnanacoカードで支払える最大額は18万円です。

nanacoクレジットチャージの利用金額は「1ヶ月20万円」の制限があるので、1枚のnanacoカードで利用金額ギリギリまで支払いに使えます。

10万円までとは違い、日数が3日間かかり、レジで支払いの最中にスマホからnanacoクレジットチャージを行なう必要があります。

◆1日目:nanacoチャージ1回目
・nanacoクレジットチャージで5万円を申し込む。
(センターお預かり分:5万円)

◆2日目:nanacoチャージ2回目
1.レジやセブン銀行のATMで残高確認をする。
(センターお預かり分:5万円 → カード内残高:5万円)

2.nanacoクレジットチャージで5万円を申し込む。
(センターお預かり分:5万円 + カード内残高:5万円 = 10万円)

◆3日目:レジで税金の支払い
1.レジで1回目の支払いをする(5万円)
(センターお預かり分:5万円 + カード内残高:0万円 = 5万円)

2.残高確認後、2回目を支払う(計10万円)
(センターお預かり分:0万円 + カード内残高:0万円 = 0万円)

3.nanacoクレジットチャージで3万円+2万円を申し込む
(センターお預かり分:5万円 + カード内残高:0万円 = 5万円)

4.残高確認をして、3回目を支払う(計15万円)
(センターお預かり分:0万円 + カード内残高:0万円 = 0万円)

5.nanacoクレジットチャージで3万円申し込む
(センターお預かり分:3万円 + カード内残高:0万円 = 3万円)

6.残高確認をして、4回目を支払う(計18万円)
(センターお預かり分:0万円 + カード内残高:0万円 = 0万円)

複数のnanacoがあれば、上限25万円まで支払い可能

nanacoは1回の決済で最大25万円まで支払いに使えます。

その際の支払いには、複数のnanaco使用がOKなので、nanacoカードとモバイルnanacoを併用すれば、25万円まで支払いができます。

nanacoチャージには、1枚のクレジットカードあたり、1枚のnanacoカードとnanacoモバイルが登録可能です。

nanacoカードとnanacoモバイルは「別々のnanaco番号」が割り振られており、共通化はされていません。

nanacoクレジットチャージは、1日3回まで、1ヶ月あたり20万円の利用制限がありますが、それはnanaco番号ごとな点がポイントです。

◆1日目
・nanacoカードとnanacoモバイルへ5万円ずつチャージ

◆2日目
1.nanacoカードとnanacoモバイルで残高確認をして、それぞれ5万円ずつチャージ
2.nanacoカードで10万円を支払う
3.nanacoモバイルで10万円を支払う
4.nanacoクレジットチャージで、nanacoカードとモバイルで合計5万円チャージ→残高照会→支払う

ちなみにセブンカード・プラスに搭載されているnanacoと、以前から所有していたnanacoカードで支払いたい(両方でクレジットチャージのポイントを貯めたい)という場合は、一度、nanacoクレジットチャージに登録しているnanacoとの紐づけを解約する必要があります。

1枚目のnanacoカードに10万円分をチャージした後、クレジットカードの紐づけを解約。2枚目とクレジットカードを紐付けて15万円分チャージすればOKです。

別のnanacoカードを登録する方法

1.会員メニューの「nanacoクレジットチャージ」からクレジットチャージを解約する。
2.別のnanacoでクレジットチャージ事前登録の手続きをする。

税金が30万円以上の場合は分割を請求する

分割払い

税金の支払い金額が30万円以上になると、バーコードがなくなり、コンビニ払いが使えなくなります。

そのためバーコード無しの納付書が届いた場合は、税務署など該当する担当に連絡をしてみましょう。

その時に「コンビニで支払いたいので、分割にして欲しい」と頼めば、後日、金額が分けられた納付書が届きます。

分割にしても手数料は無料なので、安心して支払えます。

nanacoチャージでセブンカード・プラスを利用するメリットとは?

セブンカードプラス

セブンカード・プラスは、セブン&アイグループのクレジットカードです。

クレジットと電子マネーnanacoの機能のが一体になった「一体型カード」と、既にあるnanacoカードやnanacoモバイルと紐付けられる「紐付型カード」の2種類あります。

どちらもnanacoクレジットチャージに対応できるので「nanacoカードやnanacoモバイルを持っているかどうか?」で、一体型または紐付型を選べば良いと思います。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどセブン&アイグループ系列店で利用すると、ポイントが倍以上貯まったり、割引優待が受けられたりと、幅広い年代の方から人気があります。

カード利用で貯まるポイントは電子マネーnanacoに交換可能な「nanacoポイント」なので、使い道にも困りません。

改悪でポイント付与なしや還元率が下がるリスクが低い

リスク0

もちろんnanacoクレジットチャージで使えるクレジットカードは、セブンカードプラス以外にも多数あります。

ただしクレジットカードによっては、nanacoクレジットチャージでポイントが貯まらないタイプも少なくないです。

もちろん、その逆でnanacoへのチャージでポイントが貯まり、しかもポイント還元率が高いクレジットカードも存在します。

そのため、数年前までは「セブンカードプラスはポイント還元率が0.5%低い」という理由から、更にポイント還元率の高いクレジットカードでnanacoにチャージするという活用法が主流でした。

ただし2017年以降、nanacoクレジットチャージによるポイント付与について、ポイント高還元率のクレジットカードが、ほぼ同じタイミングで改悪される事態が続いています。

リクルートカード:還元率1.2%→月額3万円まで1.2%
2018年4月16日より、nanacoとモバイルSuicaのチャージ利用分、合算して月間3万円までがポイント加算の対象になる。

楽天カード:還元率1.0%→0%
2017年11月1日より、nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCAへチャージしてもポイントが付与されない。

Yahoo! JAPANカード:還元率1.0%→0.5%
2018年2月28日より、nanacoクレジットチャージで貯まるTポイントが「200円ごとに1ポイント」に半減。
ちなみにJCB以外にも、mastercardブランドでもnanacoクレジットチャージが可能になった。

セブンカード・プラスに関しては、nanacoと同じセブン&アイグループの企業(セブン・カードサービス)なのが、大きな強みだと思っています。

そのため、他のクレジットカードが更に改悪されても、大きな影響がなく「ポイント付与は変わらず、還元率は0.5%のまま継続する」という可能性が高いです。

改悪が行なわれる度に、nanacoチャージ用のクレジットカードを新しく切り替える手間がないのは、長期的に見てもメリットが大きいです。

セブンカードで唯一nanacoチャージでポイントが貯まる

ポイントと現金

セブンカードが発行するクレジットカードは、セブンカード・プラス以外にも複数あります。

ただしnanacoクレジットチャージでポイントを貯められるのはセブンカード・プラスだけです。

○セブン・カードプラス
×セブン・カード
×アイワイカード

※セブンカードとアイワイカードは、既に募集が終了しており、新規で申込みはできません。

今までセブンカードやアイワイカードを利用している方で「nanacoチャージでポイントを貯めたい」と思うのであれば、セブンカード・プラスへの申込みをおすすめします。

年会費は実質無料で使える

年会費は実質無料

年会費は500円+税と有料ですが、カード利用額が5万円以上で翌年度の年会費が無料になります。

もちろんnanacoクレジットチャージも、上記のカード利用額の対象になるので、年会費を気にせずに使い続けられます。

セブンカード・プラスの詳しい特徴に関しては、下記の記事で紹介しています。よろしければ合わせてご一読ください。