nanacoやSuicaもOKな漢方スタイルクラブカードの電子マネー対応状況

お得な活用術

漢方スタイルクラブカード

標準で1.5%の高いポイント還元率を誇る漢方スタイルクラブカードは、雑誌のクレジットカード特集でも取り上げられることの多い人気の一枚です。

漢方スタイルクラブカードで貯めたポイントは、ジャックスカードの「Jデポ」と交換して、1ポイント1円としてクレジットカード請求の割引に利用できるので、使い道に困りません。

どこで何に使っても1.5%のポイント還元が受けられるので、実質的にはあらゆる商品が1.5%値引きで買えることになります。

では、電子マネーのチャージをする時に、漢方スタイルクラブカードを使った場合、ポイント還元はどのようになるのでしょうか?

一部の電子マネーならポイントが貯まる

電子マネーはもはや「実質的には現金と同じ」です。
電子マネーをチャージするときに漢方スタイルクラブカードで支払った場合、「現金が1.5%値引きで購入できる」わけですから、そんな美味しい話があるのかどうか、つい疑いたくなりますよね。

そこで、電子マネーチャージに漢方スタイルクラブカードを使った場合、ポイント還元は受けられるのか調べてみました。

ポイントが貯まる3つの電子マネー

ポイントが貯まる3つの電子マネー

漢方スタイルクラブカードのポイント対象となる電子マネーは3種類です。
いずれも普及率の高い電子マネーなので、漢方スタイルクラブカードを活用することで、「現金を1.5%値引きで買う」という究極の裏ワザを実現できます。
これは大変お得です。

ポイントが貯まる1つめの電子マネーは「nanaco(ナナコ)」です。
イトーヨーカドーやセブンイレブンなど、セブン&アイグループの店舗を中心に使える電子マネーで、日常的に使っている人も多いと思います。

ちなみに、同じく1.5%の還元率で話題となっている、漢方スタイルクラブカードのライバル的存在に「REXカード」がありますが、残念ながらREXカードの場合は、nanacoチャージはポイント対象対です。

つまり、電子マネーnanacoでポイントが貯まるのは、漢方スタイルクラブカードならではの特権と言えます。ただし、現在はnanacoチャージによって得られるポイント還元が制限されており、2,000円チャージで1ポイント(実質還元率は0.25%)となっています。以前に比べてナナコのチャージよって得られるお得感は薄れましたが、ポイント還元は引き続き継続されています。

そして次が「モバイルSuica」です。
関東圏にお住まいの方にとっては馴染みのある電子マネーですよね。
東京周辺のお店では、ほとんどの店舗でSuicaを使った買い物ができます。

例えば3,000円分のSuicaチャージで「約50円の値引き」が受けられるので、漢方スタイルクラブカードを経由して支払うメリットは大きいです。

そして3つめが「SMART ICOCA」です。
SuicaがJR東日本が展開している電子マネーなのに対して、ICOCAはJR西日本が発行しており、主に関西圏で普及しています。

ただし、ICOCAを電子マネーとして使っている人は少なく、Suicaと比較すると普及率は低いと言わざるを得ません。

ポイント対象外の電子マネー

ポイント対象外の電子マネー

その他にも、電子マネーはたくさん存在します。
代表的なのが「楽天Edy」と「WAON(ワオン)」でしょう。

どちらも普及率が高い電子マネーなので、利用している方も多いと思います。
が、残念ながらこの2つはどちらも「ポイント還元の対象外」です。

よって、漢方スタイルクラブカードを使って楽天EdyやWAONのチャージをしても、まったくポイントは付かないので、おすすめしません。

逆に、楽天Edyの場合は楽天カードを、電子マネーWAONの場合はイオンカードを使ってチャージすることで、ポイントを貯めることができます。

まとめ

実質的には現金と変わらないほど、電子マネーが使える場所が増えました。
何か商品を購入する時、クレジットカードを使ってもポイントは貯まりますし、電子マネーで支払いたい場合は、クレカを経由してチャージするだけでも、お得感は大きく変わってきます。

数あるクレジットカードの中で、電子マネーのチャージをポイント対象外にするところは、とても多いのですが、今のところ漢方スタイルクラブカードはその辺りが非常に緩く、1.5%のポイント還元率以上のメリットがある一枚だと言えます。