会社でもお得に活用できる、ポイントが貯まる法人カードまとめ

ポイントが貯まる法人カード

法人向けのクレジットカードは、利用金額に応じたポイント還元がないカードも多いです。しかし、一部の法人カードは個人向けカードと同様に、しっかりとポイントが貯まります。

特にJCB系のカードはポイント還元を実施しているものが多いですが、ここではポイントの種類ごとに、還元率と合わせて、お得に活用できるポイントが貯まる法人カードをまとめます。

永久不滅ポイント

永久不滅ポイント

永久不滅ポイントは、セゾンカードが展開しているポイントプログラムです。
ポイントの有効期限がないことから「永久不滅」と名付けられました。

貯めたポイントは、カタログギフトや他のポイント(ドコモポイントなど)と交換できます。
1ポイントあたりの価値は約5円です。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンビジネスカードの中でも最上位となる「セゾンプラチナアメックス」は、年会費20,000円+税と、プラチナカードの中では安価でありながら、非常に手厚い特典・サービスが豊富な一枚として、経営者の方を中心に人気が高いクレジットカードです。

カードの年間利用額が年間200万円を超えると年会費が半額になるので、ビジネスプラチナカードが実質10,000円+税で使うことができ、費用対効果は大変高くなっています。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、カードの利用金額1,000円につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。
永久不滅ポイントは1ポイント=約5円なので、実質ポイント還元率は0.5%となります。

しかし、セゾン・プラチナ・アメックス限定の特典に「SAISON MILE CLUB(ショッピングマイルプラン)」に無料で登録できるというものがあります。

「SAISON MILE CLUB」は、発生した永久不滅ポイントを自動的にマイレージに移行するサービスで、カード利用1,000円ごとに10マイルが貯まります。(1マイル=2円換算だとポイント還元率は2.0%)

さらに優遇ポイントとして、2,000円ごとに永久不滅ポイントが1ポイント貯まります。

「SAISON MILE CLUB」によるマイレージのポイントと、優遇ポイントとして得られる永久不滅ポイントを合わせると、実質ポイント還元率は2.25%となり、かなりお得感の高いプラチナ法人カードになることがわかります。

ちなみに、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックスは、法人カードとして使える他、個人事業主の方でもお申込みいただけます。

メンバシップリワード

メンバシップリワード

メンバーシップ・リワードは、アメリカン・エキスプレスが展開しているポイントプログラムです。
アメックスカードは、個人向け、ビジネス向けカード共に、特典の違いがほとんどないので、法人カードでもポイントが貯まります。

メンバシップリワードは、様々なカタログ商品と交換できるポイントプログラムです。
以前は1ポイントあたり0.5円程度の価値しかありませんでしたが、現在は他社のポイントとの交換サービスが拡充し、1ポイント=1円として利用できるようになりました。(ヨドバシカメラや高島屋の商品券等と交換可能)

また、1ポイント=1円としてアメックスカードの請求金額に充当することもできるので、実質的にはアメックスカードで購入したあらゆる商品・サービスが1%引きで買える計算になります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

JCBゴールド法人カードと共に、言わずと知れたビジネスカード定番の一枚です。
年会費は26,000円+税とゴールドカードの中では一回り高い値段設定ですが、そのステータス性は誰もが認める価値があり、アメックスのビジネスゴールドカードを好んで使っている経営者の方も多いです。

アメックスビジネスゴールドカードは利用金額100円につき1ポイントのメンバーシップ・リワードが貯まります。(実質還元率1%)

楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイント

オンラインモールの「楽天市場」で1ポイント=1円として使える楽天スーパーポイントは、ネットショッピングで楽天を利用する人にとっては、活用シーンの多いポイントプログラムです。

楽天スーパーポイントは、楽天市場だけでなく、同社が展開するサービスで使える共通のポイントなので、旅行やホテル予約の「楽天トラベル」や、書籍購入の「楽天ブックス」でも同様に、1ポイントあたり1円として使えます。

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

楽天カードが展開している楽天ビジネスカードを使うと、ポイントが貯まります。クレジットカードの利用金額100円につき1ポイント還元なので、実質還元率は1%です。

楽天ビジネスカードは、経営者の方が「個人と会社のサイフを分ける」ことを目的として発行されているカードです。よって、家族カードや従業員向けに楽天法人カードを発行することはできず、この点が他のビジネスカードとの大きな違いとなっています。

年会費についても、楽天ビジネスカードそのものの年会費は2,000円+税なのですが、法人カード発行には楽天プレミアムカード(年会費10,000円+税)を発行することが必須条件となっているので、合計12,000円+税の年会費がかかります。

楽天ビジネスカードは、会社のカード決済と個人のカードを分けたい、でもできれば楽天スーパーポイントを貯めてお得に活用したい。という経営者向けの特殊なカードとなっています。

ポケットポイント

ポケットポイント

ポケットカードが発行している法人カードでは、「ポケットポイント」が貯まります。
ポケットポイントもその他のポイントサービスと同様に、カタログギフトやギフトカードと交換できます。

しかし、ポイントの交換レートはおよそ「1ポイント=3円」なので、永久不滅ポイントなどと比較するとレートはあまり良くありません。

P-one Business MasterCard

P-one Business MasterCard

ポケットカードが展開している「P-oneカード」シリーズのビジネス向けカードです。
法人カードとしては少し珍しいマスターカードである点にも注目。

P-one Business MasterCardは、本会員と合わせて従業員5名までの追加カードを発行できるので、中小企業向けのクレジットカードとして使いやすいです。

カードの利用金額1,000円につき2ポイントのポケットポイントが貯まります。
上記でも説明しましたが、ポケットポイントは約3円の価値があるので、実質的なポイント還元率は0.6%です。

P-one Business MasterCardの年会費は2,000円+税ですが、初年度無料で使えます。
また、次年度以降も1年に1度でもカードを使うと無料になるので、実質的にはずっと年会費無料で使える貴重な一枚となっています。

コーナンPRO Business Card

コーナンPRO ビジネスカード

コーナンとポケットカードの提携カードで「コーナンPRO」を利用する機会が多い方にとってメリットがあるクレジットカードです。

コーナンPROビジネスカードは、年会費無料で利用できる他、従業員向けにも追加カードが無料で発行できます。

コーナンPROビジネスカードでは、利用金額1,000円につき1ポイントのポケットポイントが貯まります。
ポケットポイントは1ポイント約3円の価値なので、還元率は0.3%とあまり高くありません。

しかし、コーナンPROビジネスカードで貯めたポイントは、200ポイントでコーナン商品券1,000円分と交換することもできるので、コーナン商品券と交換すれば、ポイント還元率は0.5%になります。

また、独自の特典としてコーナン系列のガソリンスタンド「伊藤忠エネクス」においてコーナンPROビジネスカードを提示すると、ガソリン価格が2円引きになるメリットもある、意外と使える法人カードです。

建デポ・プロ ビジネスカード

建デポ・プロ ビジネスカード

ポケットカードとLIXIL(リクシル)による提携カードで、建築資材専門店「建デポ・プロ」を利用する機会が多い会社にとってメリットがある法人カードです。

建デポ・プロビジネスカードは、年会費無料で利用できるほか、従業員向けに追加で6枚のカードを発行可能なので使い勝手は良いです。

残念ながらポケットポイントは貯まりませんが、建デポ・プロで商品を買うときにクレジットカードを提示することで、購入金額の1%の建デポ・プロ ポイントが貯まります。
貯めたポイントは1ポイント=1円として、建デポ・プロでの商品割引に使えます。

また、購入金額が一定額に達すると、ポイント還元率が1.5%にUPし、よりお得に使うことが可能です。

クレジットカードの利用によってポイントが貯まるタイプの法人カードではなく、あくまでも建デポ・プロでカードを提示した時にポイントが発生するものなので、建デポ・プロ限定のポイントカードとしての位置づけになると思います。

Oki Dokiポイント

Oki Dokiポイント

法人カードで最も人気が高いのが、JCBカードです。
JCBが展開しているOki Dokiポイントは、利用金額1,000円につき1ポイントが還元され、1ポイント約5円として、カタログギフトや商品券との交換が可能です。(還元率0.5%)

JCBカードならではの特徴として、JCBトラベルデスクから旅行やツアーを予約した場合や、提携先のJTBトラベルの予約サービスを利用し、JCB法人カードで決済すると、Oki Dokiポイントの還元率は最大7倍になります。

JCBカードは種類も多く、多くの会社で使われている定番カードなので、一枚持っておいて損はない法人カードといえるでしょう。

■Oki Dokiポイントが貯まる主なJCB法人カード

はじめて法人カードを作るときの審査ポイントと注意点

こちらの記事もおすすめです