個人事業主や中小企業経営者が持つビジネスカード利用メリットを聞いてみた

経営者

個人事業主や中小企業の経営者の方に話を聞いてみると、一番最初にすることが「ビジネスカードの発行申込み」だと答える方もいます。

かくいう私も小さな会社を経営していますが、会社設立後、最初にやったことが「銀行口座の開設と法人カードの申し込み」でした。

やはり、経営を行う上でメリットが大きいビジネスカードは、強力な武器であると日々感じています。
今回は、個人事業主や中小企業経営者がビジネスカードを持つことで得られるメリットについてまとめてみました。

自営業(個人事業主)でも作れるおすすめのクレジットカード

ビジネスカードの利用メリット

法人カードを持つことで、ビジネスシーンでさまざまなメリットが受けられます。

経営効率が上がる

ビジネスカードを使って支払いをすることで、経営効率が飛躍的に上がります

まず1点目は、単純に支払いスピードが上がることです。
現金による決済よりもカード決済の方が支払う側も、支払われる側もサービスを即実行しやすいです。

銀行振込による支払いの場合、振込手数料もかかってきますので、コスト効率の面でもクレジットカードを活用するメリットがあると言えます。

また、法人カードを使うことで資金繰りがよくなります
経営の基本に「もらいは早く、支払いは遅く」というものがありますが、クレジットカードによる支払いは、まさにその典型例と言えます。

支払いを後回しにすることで、資金繰りがよくなる他、経費を一括でまとめて支払うことで、支払いサイクルもわかりやすくなります。

経費の透明性が保たれる

特に個人事業主の方にとっては、個人の財布とビジネスの財布がごっちゃになりやすいです。
ビジネス専用カードを持っておくと、個人と事業の財布を完全に分けられる他、経費としてどれぐらいのお金を使ったのかが一目でわかります。

また、法人経営者や従業員を複数雇われているケースでもビジネスカードは役立ちます。
従業員の支払い作業にクレジットカードを導入することで、「誰がいつ何にいくら使ったか?」が完全にわかるので、従業員の不正な経費の横領を防止する上でも役立ちます。

法人カードの代表者にまとめて請求書が届く仕組みなので、経費の透明性が保たれる他、「不要なコストが発生していないか?」を、クレジットカードの請求書から紐解くこともできます。

法人カードならではのサービスも

個人用と法人用のクレジットカードの大きな違いは、カード会社が「ビジネス専用のサービス」を提供していることでしょう。

例えば、接待に使えるレストランの予約や社員旅行の提案、福利厚生に使えるサービスといった、ビジネスシーンならではの特典が法人カードには多数用意されています。

口コミを見てみると

実際に法人カードを使っている人が、どのようなメリットを感じているのか、ネットの掲示板をチェックしてみました。

◯年会費を経費にするために、UFJビジネスゴールド使ってる。

◯経費専用のカード(ビジネスカードである必要は全くない)を作るメリットは、2万円以下なら領収書をもらわないで済む点。

まず、ビジネス専用のクレジットカードを使う場合、年会費がかかります。
しかし、この年会費は当然、経費で落ちます

個人のクレジットカードなどで代用してしまうと経費では落としにくいかと思いますが、ビジネス専用のものを一枚持っておくと、全額を経費にすることが可能です。

また、ビジネスカードを使って支払いを行うと、後日発行されるクレジットカードの請求書が領収書代わりになります。

いちいち領収書をもらったり、貯めておく必要性がなく、スマートです。
口コミによれば、2万円以下の支払いについては領収書は不要とのことです。

こういった点も、法人カードならではのメリットと言えます。

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ