会社設備や事務用品をクレジットカードで支払うとなぜお得なのか?

設備

個人事業・中小企業を問わず、事業を運営するにはとにかくお金がかかります。人件費や賃料などもそうですが、製品を作るための設備や事務用品に割くお金も決して少なくはありません。

人件費・賃料をクレジットカードで支払うのは難しいですが、会社設備や事務用品は積極的にカード払いで済ませることをおすすめします。

なぜなら、法人カードを使った支払方法には4つのメリットがあるからです。

自営業(個人事業主)でも作れるおすすめのクレジットカード

設備・事務用品をクレジットカードで支払うメリット

法人カードを持つには、年会費がかかります。しかし、わずかばかりの年会費で得られる恩恵は、想像以上に大きいです。

ショッピング保険が適用される

私が個人的に最大のメリットだと思っているのが、「ショッピング保険」の適用です。多くの法人カードには、「年間最大500万円までのショッピング保険」といったものがついています。

商品をクレジットカードで購入した場合に限り、保険が適用されるのですが、これはもちろん設備や事務用品も対象となります。

例えば、最近はオンライン通販大手の「Amazon.co.jp」で備品を購入する企業も多いと思います。Amazonであれば、すべてのクレジットカード決済が可能なので、万が一のことがあっても、ショッピング保険をフル活用できます。

もし、通販などで商品が届かなかったり、購入後90日以内に故障・初期不良・盗難といった被害にあった場合、原則として全額をクレジットカード会社が補償してくれます。(自己負担費用もあり)

特に大型の設備購入の場合、故障や不良は大きな痛手です。このような場合に、クレジットカード経由で支払いをしておくだけでも、セーフティネットを構築できます。

ポイントが貯まる

2つめのポイントは、ポイントが貯まることです。設備や備品の購入額は、会社単位となると大きな金額となります。その場合、もしも1%でもポイント還元してもらえるクレジットカードがあったらどうでしょう?

実質的に、あらゆる購入商品が1%値引きで買えるとすれば、それは大きな経費削減となります。法人向けクレジットカードでは、個人と同様にポイント還元やキャッシュバックを実施しているカードがあります。

貯めたポイントは請求金額の値引きに充当できるケースもあるので、この特典も積極的に活用したいところ。ポイントを請求値引きに充当できる代表的なカードは、アメックスビジネスゴールドカードです。

また、ポイント還元率の高さでは、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードなどもおすすめです。

資金繰りが安定する

3つめのメリットは、資金繰りの安定です。現金による支払いと違い、クレジットカードは支払いサイクルを後に回すことができるという最大の強みがあります。

「もらいは早く、支払いは遅く」

これはビジネスの鉄則の一つですが、法人カードによる支払いを活用することで、このサイクルを自然と築くことができます。支払いサイクルを後にできるため自ずと資金繰りが安定します。

また、毎月の支払いは一括で行われ、事前に明細で請求額や利用内容がわかることから、経費の透明化にも繋がります。「何にいくら使っているのか?」を把握することは、経費削減の第一歩に繋がります。

明細が証明書になるケースも

設備や備品の購入には、領収書が必要不可欠です。状況によっては、税務調査などの時、国税局に購入の理由を説明する必要があります。

そのような場合の証明として、領収書に加えて、クレジットカードの明細書があると、より確固たる証明書になりえます。

証明書類は多いに越したことはありません。そういった点で考えても、クレジットカードを経由した支払いはメリットがあると言えるのではないでしょうか。

いかがでしたか?

その他、単純に銀行振込による手数料を抑えられるとかカード番号を記入するだけで支払いが完了するといったスピード面でも、クレジットカードによる支払いメリットがあります。

法人カードにおいて、利用者が負担するのは年会費のみです。上記のような付加価値を含めて考えると、ちょっとした事務用品や設備の購入にも、クレジットカードを使うことで、お得になるとわかります。

経費管理の合理化や経費削減にも繋がる法人カード、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ