はじめて法人カードを作るときの審査ポイントと押さえておきたい3つの注意点

法人カードの審査

会社を設立して、はじめて法人カードを作るとき、必ず押さえておきたい審査ポイントというものが3つあります。

会社を作ってすぐにでもクレジットカードを発行することはできますが、何も知識を持たないまま申し込んでも、審査に落ちる可能性が高いです。(私が嫌というほど経験しましたから。。)

どれも知っておいて損のない知識なので、法人カード申込み時に気をつけたい3つのポイントをまとめました。

会社設立後すぐにクレジットカードは作れる

会社設立

多くのクレジットカードの情報サイトでは、「会社設立後3年が経過し、なおかつ黒字の会社ではないとカードは発行できない」と書かれています。
しかしこれは間違いで、会社を作ってすぐにでもクレジットカードは発行できます。(私がそうでした)

逆に、この情報を信じてカードを使わないまま3年待つのはもったいないと思います。
これから経営をしていく上で、もし法人カードが必要と感じているならば、すぐにでも申込み、法人カードを発行することをおすすめします。

基本的にカード会社の審査基準は非開示なので、具体的にどのような基準で審査をしているのかはわかりませんが、一つの指標として「設立後3年以上、黒字の会社」というものがあるのかもしれません。

しかし、私が実際にJCBカードの担当者に聞いた所、「そういう基準は設けていないので、設立後すぐに申し込んでもらっても構わない」との回答をいただきました。

審査に通るかどうかは別として、少なくとも申込み基準は設けていないことは確実なので、法人カードが必要ならば、ダメ元で申し込んで損はありません。

外資系カード会社は審査に通りやすい

外資系カード会社

これは噂ベースの情報です。
一般的に、国内のカード会社(JCBなど)と比較して、外資系のカード会社(アメックスなど)の方が審査基準が低く、審査に通りやすいと言われています。

また、国内のカード会社よりも外資系の方が、利用限度額が大きいとも言われています。
会社経営をするにあたって、設備資金や仕入れなど扱う金額も大きくなると思いますから、利用限度額が大きいことはメリットの一つになります。

この噂を元に、アメックスのビジネスカード「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード」に申し込んだ所、会社設立間もないにも関わらず、審査に通過しました

私は仕事上、カード決済が中心で一刻も早く法人カードを作りたかったので、アメックスの審査から発行に至るまでのスピードには、当時大変感謝したことを覚えています。

申込みフォームに記載した電話番号も携帯電話の番号だったので、外資系の法人カード審査基準が緩いというのは、どうやら本当のようです。

限度額に関しては、アメックスは限度額を開示しておらず、支払い状況や実績に応じて常時増減すると担当者に聞いたので、利用限度額が大きいかどうかはわかりません。
ただ、私がこれまでアメックスを数年使っている中で、決済が通らなかったことは一度もありませんでした。

できれば固定電話を導入する

申込み

3つめのポイントは、「申し込みフォームの質を上げること」です。
例えばあなたが、設立後間もない会社や、これまで一度も取引したことがない会社と新規に契約を結ぶ時、貸し倒れないか?と心配になると思います。

それと同じで、法人カードの審査担当者も、これまでお付き合いのなかった会社や経営者、また設立したばかりの会社にクレジットカードを発行するのは不安に思います。

その不安を少しでも和らげるために、申し込みフォームをキチンと書くことが、審査通過の重要なポイントになります。

例えば、

  • 任意記入の部分もしっかりと書く
  • マンションなどの号数までキチンと書く
  • 電話番号には固定電話を記入する

といった基本的な部分です。
特にJCB法人カードの場合は、「固定電話の記載が必須」と言えるぐらい、審査ポイントとして重要視しています。

JCBの法人カードを作ってわかった、クレジットカード発行の審査とその厳しさ」にも書きましたが、私の場合は最初、携帯電話の番号を記入して申し込んだために、審査に落ちました。

外資系のアメックスは携帯番号でも審査に通過でき、JCBカードは記入欄を固定電話に変更し、2度目の申込みで審査に通過出来ました。

いずれも会社を設立したばかりの時の話です。

いかがでしたか?

本当に基本的なことばかりですが、3つの審査ポイントを守って申しこめば、一度も審査に落ちることなく、スマートに法人カードを手に入れる事ができると思います。

もう一度おさらいとして、3つのポイントをまとめます。

  • 会社設立後でもすぐに申込みOK(できれば3年、黒字化)
  • 心配ならアメックスなどの外資系カード会社を選ぶ
  • 申し込みフォームはキチンと記入する(JCBは固定電話を重要視)

私が会社設立時に作った2枚のカードはこちらです。
アメックスは年会費がやや高めですが、ビジネスカードの年会費は経費として計上できるので実質的な負担はありません。