限度額が気になる経営者必見!法人カードの利用限度枠ランキング

法人カード限度額ランキング

法人カードを選ぶ上で重要な基準の一つになるのが「利用限度枠の大きさ」です。
設備資金や仕入れなど、法人では比較的大きな金額を決済することが多いので、クレジットカードの利用限度額も大きいに越したことはありません。

また、取引先との接待や会食の時においても、ビジネスカードで支払うことができれば、よりスムーズに会計を済ませることができます。

利用限度額ランキング

一部の法人カードには、法人カードの利用限度枠が明記されているものがあります。
公式発表の利用限度枠を元に、ランキング形式でまとめてみました。

もちろん、クレジットカードの限度枠は個別の審査によって決定されるので、その点はご留意ください。
また、大きな買い物をする場合など、法人カードにおいても「利用限度額の一時増枠」は快く引き受けてくれるカード会社が多いです。

注意しておきたいのは、法人カードの利用限度枠は会社全体で共通であるところが多いことです。
例えば限度額300万円の場合、経営者や社員が使った分もすべてまとめての利用枠の場合が多いので、事前に確認しておきましょう。

1位:オリコビジネスカードGold(ゴールド) 最高1,000万円

オリコビジネスカードGold(ゴールド)

初年度年会費無料、2年目以降も2,000円+税の格安年会費で持てるゴールドカードです。

オリコは特にビジネスカードに力を入れており、このカードは非常にスペックの高い一枚として評判です。

利用限度額が最大1,000万円となっており、与信審査次第では設備資金など大きな支払いにも使える法人カードとなっています。

また、国内主要空港やハワイホノルル空港の空港ラウンジが使えたり、ETCカードも最大20枚まで無料で発行できるなど、ビジネスに役立つ特典も豊富です。

私が特に注目しているのが、オリコビジネスカードGoldで提供されている「MasterCard Taste of Premium」という特典。これは、個人向けのプラチナカードで提供されているサービスで、ホテルの部屋やレストランのコース料理がアップグレードされるなど、様々な面で優遇を受けられる人気の特典です。

非常に評判の高いTaste of Premiumが年会費2,000円+税で使えるというのも、法人カードならではのメリットです。

なお、オリコビジネスカードGoldは法人限定となっており、個人事業主の方は申し込めません。

お申し込みはこちら(初年度無料)

2位:JCBプラチナ法人カード 150万円~

JCBプラチナ法人カード

利用限度枠が最も高いのは、JCBプラチナ法人カードです。
発行した時点で、最低150万円以上の利用枠が用意されており、上限は個別審査によって実質無制限になると思います。

JCBが直接発行する法人向けプロパーカードの中では、最上位に位置するビジネスカードで、年会費は30,000円+税、2枚目以降は1枚あたり6,000円+税となっています。

プラチナカードならではの特典がたくさん用意されているので、接待や出張時にも大いに活躍してくれる法人カードです。

JCBプラチナ法人カードのお申込み

3位:P-one Business MasterCard 最高300万円

P-one Business MasterCard

ポケットカードが発行する、P-one Business MasterCardは、最高300万円までの利用限度枠を用意できるとしています。(ただし、最低利用額は不明なので、審査結果によっては限度額30万円とかもありえそうです・・・)

P-one Business MasterCardは、代表者が持つ本会員カードに加えて、従業員カードを最大5枚まで発行できます。(従業員カードは年会費無料)

カードの利用限度枠は会社全体で共通となっているので、従業員が利用した分は、代表者の利用枠から差し引きされることになります。

また、P-oneビジネスマスターカードでは、キャッシング枠も最大300万円まで用意しているので、利用限度額をオーバーしそうな場合でも、キャッシング枠を使うことによって限度額以上のカード決済が可能です。

年会費は2,000円+税で、初年度無料で使えるカードなので、とりあえず作ってみて限度額に満足できなければ解約してしまうというのも一つの手だと思います。

4位:JCBゴールド法人カード 50万~250万円

JCBゴールド法人カード

法人カードの中でも定番の一枚となる、JCB法人ゴールドカード
利用限度枠は50万円~250万円となっており、長期海外出張や設備投資の資金にも、耐えられる金額です。

JCBプラチナ法人カードのワンランク下に位置するカードですが、年会費は10,000円+税と、プラチナカードの3分の1なので、比較的持ちやすいと思います。(2枚目以降は1枚あたり3,000円+税

事務用品の優待販売やタクシーチケットなど、ビジネスカードに強みを持つJCBのカードなので、利用枠だけでなく、その特典も大変魅力的です。

お申込みはこちら(初年度無料)

5位:シェルビジネスゴールドカード 50万~250万

シェルビジネスゴールドカード

シェルビジネスゴールドカード」は、JCBと昭和シェルによる提携カードで、ガソリン給油時にメリットが大きいゴールドカードです。

利用限度枠はJCBゴールド法人カードと同じく50万円~250万円となっています。

最低毎月5万円以上の利用が条件となりますが、条件を満たすとカードの利用金額に応じて、キャッシュバックが受けられる特典があります。

また、昭和シェルでの給油時にサイン一つで素早く給油できるので、運送業を営む会社や、外回りの営業社員にとってはメリットが大きいです。

JCBゴールド法人カードと同様に、年会費は10,000円+税(追加カードは1枚につき3,000円+税)となっています。

6位:シェルビジネスカード 30万円~100万円

シェルビジネスカード

シェルビジネスゴールドカードの一般カードにあたるのが「シェルビジネスカード」です。
利用限度枠は30万円~100万円です。

基本的なサービス、特典についてはシェルビジネスゴールドカードと同じですが、一般カードになるため、JCBゴールドカード共通の特典は利用できません。

年会費無料でガソリン給油専用の「SS専用カード・FUELカード」を従業員向けに発行することができます。

シェルビジネスカードの年会費は1,250円+税で、追加カードも1枚につき1,250円+税がかかります。

7位:JCB法人カード 30万円~100万円

JCB法人カード

法人カードの中でも人気が高い、ド定番のカードが「JCB法人カード(一般)」です。
利用限度枠は30万円~100万円となっており、数百万円単位の決済をすることがなければ、十分支払いに耐えられる限度額です。

利用金額に応じて、JCBが展開しているポイントサービス「Okidokiポイント」が貯まり、さまざまな商品や他社のポイントサービスと交換できます。(ポイント特典をキャッシュバックに変更したJCBビジネスプラス法人カードもあります)

審査基準は緩めなので、設立したばかりの会社でも発行可能です。
会社創業時の最初の一枚としても、JCB法人カードを選ぶ経営者は多いようです。

年会費は本会員、追加カードともに1枚あたり1,250円+税です。

お申込みはこちら(初年度無料)

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ