シナジーJCB法人カード

シナジーJCB法人カード

ガソリン価格を安くすることができるのが、ガソリンカードの特徴です。
中でも、「シナジーJCB法人カード」は全国のガソリンスタンド「エッソ・モービル・ゼネラル」にて、ガソリンの割引が受けられます。

使えば使うほどお得になるシナジーJCB法人カードでは、ガソリン価格を最大7円引き / リットルにすることが可能です。

経費管理も楽になるので、営業の人が多い会社や運送業を営む会社・個人事業主にとって、メリットが大きいクレジットカードです。

シナジーJCB法人カードの特徴

シナジーJCB法人カードでは、ガソリンの現金価格よりもリットルあたり最大7円引きで給油できる優待特典が提供されています。

月間利用金額の壁はさほど高くないので、事業者や法人の方であれば、7円引きの給油特典の恩恵も、十分に受けられると思います。

使うほどお得なガソリン割引

ガソリン価格割引表

シナジーJCB法人カードの特徴は、「クレジットカードを使うほどガソリン価格が割引される」ことです。

ガソリン価格の割引は、前月のカード利用金額に応じて段階的に割引額がアップし、月間7万円以上カードを使うと、「1リットルあたり7円引き」で給油できます。

給油時のカード利用はもちろんですが、ガソリンの給油時以外でも、JCBカードが使える場所ならどこでも、給油割引UPの対象となります。
例えば、事務用品の購入時にシナジーJCB法人カードで支払ったり、コンビニでお菓子やたばこなどを購入する時でも、カード払いにすることで、利用金額にカウントされます。

また、クレジットカードをまったく使わなくても、シナジーJCB法人カードを持っているだけでも、リットルあたり最低1円割引なので、お得です。

年会費無料でスピードパスを発行

スピードパス

エッソ・モービル・ゼネラルのガソリンスタンドで使える「スピードパス」が入会金・年会費無料で発行できます

スピードパスは、ガソリンの給油時の支払いをする際に、計量器にかざすだけで、一瞬で支払いが完了する便利なアイテムです。

スピードパスを使って支払ったガソリン価格は、後日シナジーJCB法人カードから自動的に請求されるので、ガソリン価格をまとめて支払えると同時に、ガソリン割引のカード利用金額にもカウントされます。

福利厚生に使えるClub Off

カード会員になると、「シナジーJCBカードClub Off」が利用できます。
Club Offは、企業や個人事業主向けの会員制プログラム(福利厚生プログラム)です。

ゴルフや旅行、食事をする時のレストランの予約を特別優待価格で利用できます
出張や接待、そして社員旅行に至るまで、あらゆる経費や福利厚生にかかる費用を、特別価格で利用できるのがメリットです。

もちろん、Club Offを通じて利用したサービスも、シナジーJCB法人カードから請求されるので、ガソリン価格割引の月間利用金額にカウントされます。

ETCカードを無料発行・まとめて精算

ETCカード

JCBが発行している「ETCスルーカードN」を何枚でも無料で発行できます

シナジーJCB法人カードを社長や担当者が所有し、無料で発行したETCスルーカードNを社員全員に無料で配ることが可能です。

社員が使ったETCカードの高速料金は、後日一枚のシナジーJCB法人カードからまとめて請求されるので、一括して支払いできると同時に、「誰がいくら使ったのか?」についても把握でき、経費管理に役立ちます。

  • 社員にはクレジットカードを持たせたくない
  • 高速料金を社長や担当者が一括精算したい
  • 誰がいくら使ったか把握したい

このような場合に、無料で発行できる「ETCスルーカードN」の利用が便利です。

出張・旅行向けサービス

旅行・出張向けサービス

■JCB.ANA@desk / JCB de JAL ONLINE
インターネットによる航空券予約サービスです。
24時間いつでもネットから航空券が手配できるので、急な出張にも対応できます。

■JR東海プラスEXサービス
JR東海が提供している新幹線のネット予約・チケットレスサービス「プラスEX」が利用できます。

■JCBトラベル
JCBの法人向けトラベルデスクが使えます。
日常の出張から、社員旅行やゴルフ月ツアーの相談など、旅行関係の手続き・相談をJCBの専任担当者が電話一本でおこなってくれる便利なサービスです。

旅行に強いJCBトラベルを通じて予約したツアーなどは、すべてJCB法人会員の優待料金でりようでき、お得です。

ビジネス向けサービス

ビジネス向けサービス

■アスクル / タスカリマックス
ASKUL(アスクル)やタスカリマックスが販売しているオフィス用品を、優待価格で購入できます。
タスカリマックスでシナジーJCB法人カードを使うと、表示金額よりも5%OFFで備品を購入できるので、経費削減に繋げることができます。

■ソリマチの会計ソフトとの連携
ソリマチ社が提供している会計ソフト「会計王シリーズ」「みんなの青色申告シリーズ」において、法人カードの請求データの連携ができます。

法人カードの請求については、入力作業をすることなく自動的に仕訳作業をおこなってくれるので、大変便利です。

■JCBタクシーチケット
名前と金額を記入するだけで利用できる便利なタクシーチケットの発行ができます。
(1冊につき発行手数料300円+税が必要)

JCBタクシーチケットは、名前が記入されていれば他の人が使ってもOKなので、接待や送迎の際に、取引先の方に渡して使ってもらう。といった使い方もできます。

年会費や審査はどう?

シナジーJCB法人カードの申込み対象は、18歳以上の法人または個人事業主の方です。

個人向けのシナジーカードには、JCBが発行しているJCBカードと、三菱UFJニコスが発行するVISA、MasterCardの3種類があります。
しかし、三菱UFJニコスでは法人・個人事業主向けのビジネスカードを発行していないため、事業向けシナジーカードはJCBカードのみが選択できます

年会費は2,000円+税となりますが、初年度無料で利用可能です。
(追加カードも1枚につき2,000円+税)

ガソリンカードは比較的持ちやすいクレジットカードなので、入会審査についても特に厳しいといったことはありません。創業したばかりの会社でも十分、申込み、審査通過が可能です。

シナジーJCB法人カードはGETすべき?

管理人の意見と評価

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

エッソ・モービル・ゼネラルのSS(サービスステーション)を利用する機会が多い会社や個人事業主の方にとっては、非常にメリットが大きいクレジットカードです。

ガソリン価格は現金価格よりも常時1円割引となりますが、カードの利用金額に応じて、リットルあたり最大7円割引まで値引き額を増やせます。

月間7万円以上の利用で7円のガソリン割引が受けられますが、これは備品の購入や出張の旅行代金支払いなど、あらゆるカード払いが対象となるので、そこまでハードルは高くありません。

年会費も2,000円+税(初年度無料)と法人カードの中でも安い年会費となっているので、コストパーフォーマンスに優れた一枚と言えるでしょう。

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ