三井住友ビジネスカード

三井住友VISA法人カード

日本で最もVISAカードを発行していると言われる、大手カード会社の三井住友カード。
個人向けクレジットカードとしても定番の三井住友VISAカードを発行していますが、法人向けの三井住友ビジネスカードも存在します。

三井住友ビジネスカードは、中小企業のみを対象(カード利用者が20名以下の法人)としており、大企業向けのカードと、個人事業主の方は別の専用カードを発行することになります。

  • 中小企業:三井住友ビジネスカード
  • 大企業:三井住友VISAコーポレートカード
  • 個人事業主:マーチャントメンバーズクラブ

三井住友ビジネスカードのお申込み

三井住友VISA法人カードの特徴

JCB法人カードと同じく、安価な年会費と法人カードならではの特典を付帯した、定番のクレジットカードです。

従業員向けにも複数枚発行することができ、経費管理に大変役立ちます。

最高2,000万円の海外旅行保険

旅行保険

出張時に役立つ海外旅行保険が最大2,000万円付帯します。
ただし、これは「利用付帯」となるので、出張にかかる航空機などの料金を、三井住友VISA法人カードで支払うことが前提となります。

三井住友ビジネスカードには、残念ながら国内旅行保険は付帯しません。
しかし、JCB法人カード(一般)には旅行保険がまったく付いていないので、ライバルカードとなるJCB法人カードと比較すると、こちらのほうが旅行保険の特典は手厚いと言えます。

利用限度額は最大100万円

社長

クレジットカードの利用限度額は「法人に対して」設定されます。
つまり、利用限度額は会社全体で毎月クレジットカードが使える金額だということです。

三井住友ビジネスカード(一般)では、利用限度額は20万円~100万円としています。

ちなみにこれは、会社全体での総利用枠となります。三井住友ビジネスカードでは、カード会員個別に限度額を設定することはできません。例えば、社長と社員5人で限度額20万円を設定する場合、20万円の枠を全員で共有する形となります。

ゴールドカードにアップグレードすれば、利用限度額は原則300万円まで増額できるので、より幅広い用途に使うことが可能です。

海外で活躍するビジネスサービス

海外ATM

三井住友ビジネスカードでは、法人カードならではの海外向けの特典が豊富です。
出張が多い営業マンを多数抱える会社にとって、メリットが大きいと思います。

◆海外キャッシュサービス
出張前に外貨を調達しなくても出張先のATMを使って現地通貨を直接引き出せます。
三井住友VISA法人カードでは、VISAブランドの強みを生かした世界のATMネットワーク「PLUS」が使えるので、海外に行ってもATMの設置場所は山ほどあります。

また、三井住友VISA法人カードでは、マスターカードも同時発行することができます
マスターカードを持っている場合は、MasterCardが展開するATMネットワーク「Cirrus」も利用することが可能です。

◆エアライン&ホテルデスク
近畿日本ツーリストグループとの提携によってサービスが提供されている「エアライン&ホテルデスク」では、海外出張の際に、国際線の航空券とホテルを予約・手配してくれます。

近畿日本ツーリストのコネクションをフルに生かし、割引航空券や優待ホテルの数も多いのが特徴です。

◆海外キャッシュサービス
海外でも店舗の多い「ハーツレンタカー」を優待価格で利用できます。
アフォーダル料金(日本で事前に予約をした場合の格安の割引料金)が、アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・ヨーロッパにおいて、さらに10%OFFで利用できます。

実質無料のETCカード

ETC

1枚のビジネスカードに対して、複数枚のETCカードを発行できます。
ETCカードは一枚あたり年会費500円+税(初年度無料)となりますが、年間1回以上の利用によって、次年度も無料になるので、実質的には無料で利用可能です。

クレジットカードは代表者が一枚だけ持ち、ETCカードを営業社員に対して配る。
といった使い方もできますね。

三井住友コーポレートデスク

コーポレートデスク

その他、福利厚生や接待交際に使えるさまざまなサービスが用意されています。

◆VJタクシーチケット
20枚綴りのタクシーチケットが発行可能です。

◆国内ゴルフエントリーサービス
電話一本で、日本国内のゴルフ場(約700コース)の平日プレー予約を代行してくれます。

◆福利厚生代行サービス
福利厚生サービスに強い「ベネフィット・ワン」のコネクションを活用し、国内数千ヶ所に及ぶ宿泊施設やスポーツクラブ、英会話学校などの様々なサービスを、優待価格で利用できます。

年会費はどうなの?

従業員

三井住友ビジネスカードの年会費は1,250円+税です。
ただし、2枚目以降は一枚あたり400円+税で追加発行することができます。

また、三井住友ビジネスカードは、MasterCardを選ぶことも可能です。
VISA、MasterCardの両方を発行する場合は、年会費1,500円+税、2枚目以降は一枚あたり600円+税となっており、割安で2つのカードブランドのクレジットカードを発行できます。

このカードはGETすべき?

管理人の意見と評価

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

最も安価な定番の法人向けクレジットカードです。
比較対象となるのは、やはりJCB法人カードだと思います。

JCB法人カードには、ショッピング保険が付帯、ETCカード無料などのメリットがありますが、逆に三井住友VISA法人カードには、旅行保険や年会費の安さがあるので、どちらが良いとは一概には言えません。

しかし、2枚目以降の追加カード発行が400円+税と大変安いことや、VISA、MasterCardの2つのブランドを格安で発行できることから、安さ重視でクレジットカードを発行したい会社は、三井住友を選択することをおすすめします。

また、三井住友カードでは、中小企業向け、個人事業主向け、大企業向けと3つのコーポレートカードを分けているので、三井住友ビジネスカードは個人事業主の方は申し込むことができません。

三井住友ビジネスカードのお申込み

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ