JCBグランデ法人カード

JCBグランデ法人カード

定番の法人カードとして導入している企業も多い「JCB法人カード」。
その中でも、JCB一般法人カードより少しグレードアップした緑のカードが「JCBグランデ法人カード」です。

年会費は本会員が2,500円+税、従業員への配布など、2枚目以降は追加カード1枚につき1,500円+税で利用できます。

申込みの対象は法人または個人事業主の方です。
法人格を有していなくても、個人事業主として自営業を営んでいる方であれば、発行可能です。

JCBグランデ法人カードは、ネットからの申込みに対応していません
紙面でのお申込み限定となるため、JCBの公式サイトより入会申込書を請求する必要があります。

人気薄?JCB一般法人カードとの比較

JCB一般法人カードとの比較

JCBグランデ法人カードは、JCBの法人向けカードの中でも人気があまりありません。。。
ネットからの申込みに対応していないことからも、JCBがあまり力を入れているとは思えない微妙な位置づけのカードです。

JCB一般法人カードとの比較は以下のとおりです。

■年会費が高い
一般カードの年会費が本会員1,250円+税、追加カード1,250円+税なのに対し、グランデカードは本会員2,500円+税、追加カード1,500円+税と少々高いです。
その分、グランデカードの方が特典が充実しているのですが、オンライン申込み非対応の為、一般カードにある「オンライン申し込みで年会費初年度無料」というという特典がありません。

■保険が付帯している
JCBグランデ法人カードのメリットとしては、国内・海外旅行保険が最高3,000万円付帯していることと、国内ショッピング保険が年間100万円まで用意されていることです。

一般法人カードには、海外ショッピング保険年間100万円だけが付帯しており、旅行保険については付帯していません。

逆に、JCBゴールド法人カードになると、旅行保険は最高1億円、ショッピング保険は300万円、その他の特典も充実と、大幅な特典UPとなります。

一般法人カードとゴールド法人カードは、オンラインからの申込みで「年会費初年度無料」となりますが、グランデカードにはそういった特典がありません。

どうしてもグランデカードを希望する場合以外は、個人的にはJCB一般法人カードか、JCBゴールド法人カードを選択することをおすすめします。


あわせて読みたい:
JCB法人一般カードはこちら

JCBグランデ法人カードの特徴

JCBグランデ法人カードは、JCB一般法人カードを超えるサービスが提供されています。
具体的な違いは、旅行保険とショッピング保険の拡充となっており、それ以外の違いはありません。

最高3,000万円の付帯保険

付帯保険

出張時にもしものことがあった場合、旅行保険があると大変助かります。
JCBグランデ法人カードには、国内・海外旅行にそれぞれ最大3,000万円の旅行保険が付帯しています。これらは自動付帯なので、JCBグランデ法人カードを持っているだけで、保険の適用となります。

また、JCB一般法人カードでは海外ショッピング保険にのみ対応していましたが、グランデでは国内・海外両方のショッピング保険に対応します。

ショッピング保険は、グランデ法人カードで購入した商品がもし盗難や破損にあった場合でも、購入日より90日以内であれば、年間最大100万円を限度にJCBが補償してくれる制度です。

ETCカードを無料発行・まとめて精算

ETCカード

JCBが発行している「ETCスルーカードN」を何枚でも無料で発行できます

  • 社員にはクレジットカードを持たせたくない
  • 高速道路料金は社長や担当者が一括精算

このような使い方ができます。

社長や担当者がJCBグランデ法人カードを一枚所有し、無料で発行したETCスルーカードNを社員全員に無料で配ることができます。

社員が使ったETCカードの高速料金は、一枚のJCBグランデ法人カードにまとめて請求されるので、担当者や社長が、社員の使った高速料金を一括して決済することが可能です。

使うほど貯まるポイントサービス

ポイント還元

利用金額に応じてOki Dokiポイントが貯まります。
JCBが採用しているOki Dokiポイントは、1,000円につき1ポイントが還元されます。

貯めたポイントは、カタログギフトやJCBギフト券と交換可能です。
Oki Dokiポイント1ポイントにつき、約5円のギフトと交換できるので、実質的な還元率は0.5%となります。

空港ラウンジが無料で使える

羽田空港ラウンジ

国内の主要空港およびハワイ・ホノルル空港に設置された空港ラウンジを無料で利用できます。

空港ラウンジでは、インターネット無線LAN(Wi-Fi)が無料で接続できる他、雑誌の閲覧やドリンクも無料で提供されており、フライト時間までゆっくりとくつろげる空間となっています。

また、有料にはなりますが、アルコール類の提供やFAXの利用など、ビジネス向けの出張に役立つサービスも豊富です。

出張・旅行向けサービス

■JCB.ANA@desk / JCB de JAL ONLINE
JCBと航空会社によるインターネットでの航空券予約サービスです。
利用代金の明細書には、搭乗日が記載されるシステムとなっており、急な出張にも対応できるので、利用価値は高いです。

■JR東海プラスEXサービス
JR東海が提供している新幹線のネット予約・チケットレスサービス「プラスEX」が利用できます。

■JCBトラベル
JCBの法人向けトラベルデスクが使えます。
出張の手配はもちろんのこと、社員旅行やゴルフ付きツアーの相談など、旅行関係の予約や手配を行なってくれるサービスです。

トラベルデスクを通じて申し込んだツアーなどはすべて、JCB法人会員の優待料金にて利用できるので、お得です。

ビジネス向けサービス

■アスクル / タスカリマックス
ASKUL(アスクル)やタスカリマックスが販売しているオフィス用品を、優待価格にて購入できます。
タスカリマックスでは、JCBグランデ法人カード会員なら表示金額よりも常時5%OFFにて利用できるので、オフィス機器やちょっとした備品購入の際にも、経費削減に繋げることができます。

■ソリマチの会計ソフトとの連携
ソリマチ社が提供している会計ソフト「会計王シリーズ」「みんなの青色申告シリーズ」において、法人カードの請求データの連携ができます。

法人カードの請求については、入力作業をすることなく自動的に仕訳作業をおこなってくれるので、大変便利です。

■JCBタクシーチケット
名前と金額を記入するだけで利用できる便利なタクシーチケットの発行ができます。

JCBタクシーチケットは、名前が記入されていれば他の人が使ってもOKなので、接待や送迎の際に、取引先の方に渡して使ってもらう。といった使い方もできます。

タクシーチケットは1冊につき、発行手数料が300円+税かかります。

福利厚生プログラムを利用可能

JCBの福利厚生倶楽部では、リラックス・コミュニケーションズが提供している「RELO CLUB」を無料で利用できます。

スポーツクラブの利用や、資格取得、育児サポートなど、福利厚生として使えるサービスを、優待料金で利用できる特典です。

カードブランドはJCBのみ

JCB

JCBグランデ法人カードは、JCBが直接発行しているプロパーカードとなるため、カードブランドはJCBだけが選択可能です。

また、前述のとおりインターネットからの申込みは受け付けていないため、申込書を請求の上、紙の書類を通じて申込みをおこないます。

JCBグランデ法人カードはGETすべき?

管理人の意見

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

JCBの主要法人カード3種のうち、真ん中に位置するカードです。
一般カードに旅行保険、ショッピング保険を加えた特典がありますが、JCBゴールド法人カードと比較すると、特典は大きく劣ります。

インターネットから申込みできないことや、JCBのホームページを見る限りでは、JCBは一般カード・ゴールドカードの2種類に注力しており、グランデ法人カードの発行にはさほど力を入れていないように見えます。

一般カードにはない、付帯保険が必ず欲しい、でもゴールドカードはちょっと高すぎるという経営者の方は、JCBグランデ法人カードが適していると言えそうです。


あわせて読みたい:
JCBプラチナ法人カードはこちら

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ