ダイナースクラブビジネスカード

悩む経営者

経営者だけが持てるステータス性の高いカード。

アメリカン・エキスプレスと双璧を成すステータスカード「ダイナースクラブ」にビジネスカードが存在することをご存知でしょうか。

このカード、一般的な法人カードとは違って、あくまでも経営者が仕事用に持つために作られたビジネスカードです。(従業員用に追加カードの発行も可能)

扱いとしては一般カードとなっていますが、年会費を見ても分かるように、実質的にはゴールドカードと同じくらいの価値がある一枚です。(年会費は27,000円+税)

公式サイトはこちら

ダイナースクラブビジネスカードの特徴

法人カードの中でも異色となるダイナースクラブのビジネスカード。他のカードにはない、ビジネスシーンで役立つ特典が多数用意されています。

6人のプロに無料で相談

会議

経営や財務のことで迷うこと、悩むことはありませんか?

ダイナースクラブビジネスカードの特典「プライベートアドバイザー」では、6人のプロフェッショナルに様々な分野の相談をすることができます。もちろん、利用は無料です。

このサービスは、プロジェクトニッポン社との提携によって実現しており、プロの方から様々な助言が得られます。例えば、以下のことについて相談できます。

  • 税務・資金調達
  • 資本政策・企業再生
  • 人事・労務
  • 企業法務
  • 個人法務
  • 相続・資産管理

実務が発生する場合や、複数の案件を同時に相談するなど「次の段階」に進む時点で有料となりますが、事前に相談をして解決策を提示してもらう範囲なら無料です。

このような経営者向けのサービスが提供されている法人カードは珍しく、さすがダイナースクラブと言わざるをえません。

ビジネスラウンジでの情報交換

社交

ダイヤモンド経営者倶楽部「銀座ラウンジ」を、ダイナースクラブビジネスラウンジとして無料で利用できます。

ラウンジには数多くの経営者が集い、日々の情報交換を行っている場所です。もちろん、商談や打ち合わせの場所としても使えます。

また、数多くのビジネス書籍も用意されているので、知識のアップデートの場としても役立ちます。

ダイナースクラブビジネスラウンジは無料で利用できるサービスですが、その他にも

  • リージャズビジネスサービス優待
  • アカデミーヒルズ優待

などが用意されています。
経営者にとって情報は命ですから、こういった場に足を運べるだけでも年会費以上の価値があると思います。

最高1億円の旅行保険を装備

飛行機

一般カードでありながら、最高1億円の旅行保険が付帯しています。

海外旅行保険は、自動付帯で最高5,000万円、利用付帯で最高1億円が適用される、最高峰の旅行保険となっています。また、国内旅行保険についても利用付帯で最高1億円と、申し分のない保険です。

その他、ショッピング・リカバリーとして、ダイナースクラブビジネスカードを使って購入した商品に対して、年間500万円のショッピング保険が付帯します。

補償額は少し下がりますが、追加カードにも旅行保険が付いているので、従業員に配布したカードで、社員に出張時の安全を提供することも可能です。

ローンサービスが充実

ローン

こちらも、法人カードには珍しいダイナースクラブビジネスカードならではの特典です。様々な利用シーンに合わせて、複数のローンサービスが利用できます。

リボ払い
毎月の支払額を一定額にする支払い方法です。ダイナースクラブビジネスカードを使っている経営者の方のインタビューにも載っていましたが、支払額を平衡にできるメリットがあります。

キャッシングサービス
いわゆるクレジットカードのキャッシングサービスで、1万円から利用可能。海外旅行に行った時の、海外キャッシングのイメージです。

カードローン
限度額の範囲で自由に借入できます。

パーソナルローン
低金利で高額な借入にも対応可能。家のリフォームや社用車の買い替えなどに使えるのが特徴。

優待特典が集まったビジネスオファー

「ビジネスオファー」では、ダイナースクラブが提携する数多くの店舗において、優待特典が受けられます。

例えば、フィットネスクラブや健康診断を受診する場合に、通常よりもお得な料金で利用することが可能です。

具体的にどのような特典があるのかは、こちらで確認できます。(PDFが開きます)

年会費と申込条件

社長

冒頭でも書きましたが、年会費は27,000円+税となっています。アメックスゴールドカードの年会費よりも高いです。

ただし、追加カードは無料で発行できるため、従業員にも同じダイナースクラブビジネスカードを発行することが可能です。社員用に複数枚クレジットカードを発行するのであれば、年会費を含めたコストパフォーマンスはより高まります。

一方で、申込条件はやや厳し目です。

  • 原則として27歳以上の方
  • 法人、団体等の代表者・役員または個人事業主

この2つの条件を満たしていなければ、ダイナースクラブビジネスカードには申込みできません。

アメックスと同じく、利用限度額は決まっていないので、高額な支払いに使うときは、事前に電話を一本入れておけばOKです。外資系のクレジットカードは限度額が決まっていない事が多いので、「限度額無制限」と言われることが多いのです。

公式サイトはこちら

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ