コスモコーポレートカード

コスモコーポレートカード

コスモコーポレートカードは、ガソリンスタンド運営のコスモ石油とJCBカードの提携カードです。目立った特典はないものの、ガソリンを店頭価格で給油できることや、経費の一括管理に向いているため、法人カードとしては使いやすい一枚です。

また、JCBカードならではの特典として、使えば使うほどOki Dokiポイントが貯まります。コスモコーポレートカードは、法人はもちろん、個人事業主の方でも申し込むことが可能です。

コスモコーポレートカードの特徴

コスモコーポレートカードは、主にガソリン給油をよく行う事業者の方が、支払いを一本化し、経費の合理化を行う上で便利な法人カードです。

コスモ石油で店頭価格で給油できる

全国のコスモ石油サービスステーション(ガソリンスタンド)において、コスモコーポレートカードを提示することで、店頭価格で給油することが可能です。

また、現金を持ちあわせていなくても、オイル交換やタイヤ交換、洗車・車検がカード払いで行えます。例えば運送業を営む法人などが、社員の方にコスモコーポレートカードを持たせておくと、自動車のメンテナンスも含めて、会社の経費で一括管理できるのでおすすめです。

また、請求は会社がまとめて支払いますが、利用明細はカードごとに発行されるので「誰がいつ、何にいくら使ったか?」が透明化できます。これによって、社員の不正利用や経費の使いすぎを防ぐ効果もあります。

コスモ石油だけで使えるハウスカードの発行も

法人によっては、車を利用する営業マンに「ガソリン給油用のカードは渡したいが、クレジット機能は持たせたくない」ケースもあると思います。

そのような場合に使えるのが、「コスモコーポレートハウスカード」です。このカードは、JCBカードとしてのクレジット機能は搭載しておらず、コスモ石油でのみ使える専用のクレジットカードとなります。また、ハウスカードは年会費無料で発行できます

コスモ石油でのガソリン給油専用カードとして、社員に配りたい場合におすすめです。

ただし、デメリットとしてハウスカードで発生したカード利用金額は、ポイント還元の対象にはならないので注意が必要です。

ETCカードは何枚でも無料で発行

営業職や運送業など、車での移動が多い事業者の方や、社員を多く抱える会社は、必然的に高速道路を利用する機会も多くなると思います。

コスモコーポレートカードでは、ETCカードを何枚でも無料で発行することができます。社員全員にETCカードを無料で配り、高速道路の利用金額は会社が一括で精算するといった使い方が可能です。

また、上記で紹介したように、利用明細はカードごとに分けられて発行されるので、誰がいつ、どれくらい高速道路を使用したのかが一目でわかります。

使うほど貯まるOki Dokiポイント

Oki Dokiポイントは、JCBが展開しているポイントプログラムです。貯めたポイントは1ポイントあたり約5円で、様々なカタログギフトやJCBギフトカードと交換することが可能です。

コスモコーポレートカードでは、クレジットカードの利用金額1,000円ごとに1ポイントが貯まります。また、JCBトラベルデスクを通じて航空券やホテルを申し込んだ場合などは、ポイント還元率が倍増するケースもあります。

忘れないでおきたいのが、「Oki Dokiランド」の存在です。JCBが運営するOki Dokiランドには、Yahoo!ショッピングやAmazon.co.jp、そして楽天市場など多くの有名なインターネットショッピングサイトが参加しています。

Oki Dokiランドを経由してこれらのネットショップで買い物をするだけで、Oki Dokiポイントの還元率が2倍~最大20倍になるという、ポイント還元において非常にお得なサービスサイトです。

私もこのサイトはよく利用するのですが、たまにOki Dokiランドを経由せずにネットショッピングをしてしまい、後悔することが多いです。インターネットで事務用品などを購入するときは、忘れずにOki Dokiランドを経由するようにしましょう。

年会費や審査はどう?

コスモコーポレートカードは、18歳以上の法人または個人事業主の方であればどなたでも申込可能です。

年会費は1,250円+税となっており、追加カードについても同じく一枚あたり1,250円+税の年会費がかかります。その他の法人カードと比較してもスタンダードな年会費です。

代表者の方がコスモコーポレートカードを持つことも可能ですが、社長さんはカッコよく、より特典の充実した「ゴールドカード」を持つこともできます。こちらは年会費が1万円+税と一気に高くなりますが、旅行保険などの特典が充実しており、個人的にも年会費以上の価値はあると思います。

また、ゴールドカードの場合、必然的に利用限度額が高くなります。事務用品や消耗品などの経費が大きい会社は、利用限度額を増やす意味でも、ゴールドカードを検討するメリットがあると思います。

コスモコーポレートカードはGETすべき?

管理人の意見と評価

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

エッソやエネオスなど、各社が法人向けのガソリンカードを提供しています。値引率などはさまざまですが、ガソリンスタンドの利用状況に応じて複数枚持つのも良いと思います。

基本的に法人向けのガソリンカードはすべてJCBが提供しているので、複数のガソリンカードを分けて使っても、Oki Dokiポイントは共通で貯められるメリットがあります。

コスモコーポレートカードは、ガソリンが大幅に値引きされるわけではなく、あくまでも店頭価格での給油ができることにとどまります。しかし、「誰がいつ何にいくら使ったか?」という経費の見える化が実現できるメリットは大きいので、はじめての法人カードとしても選ぶ価値のある一枚と言えるのではないかと思います。

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ