法人や個人事業主向け、ジャパンネット銀行JNB Visaデビットカードの評価

ジャパンネット銀行JNB Visaデビットカード

法人を設立したり、個人事業主として開業した時に、最初に必要になるのが「銀行口座」と「クレジットカード」です。

個人事業主の場合は、銀行口座もクレジットカードも個人のものがそのまま使えますが、できることなら「ビジネス専用」の口座と経費支払いは分けた方が、お財布の管理が行いやすいです。

また、私自身とても苦労した経験があるのですが、法人を設立してすぐの法人口座の開設には時間がかかり法人カードの申込では審査に落ちやすいという問題もあります。

事業をスタートさせて、1日も早く本業に専念してビジネスを拡大していきたいと意気込んでいましたが、口座開設やクレジットカードの発行に時間がかかると、それだけでモチベーションが下がってしまいます。(出鼻をくじかれるとはまさにこのことだと思いました…)

私自身、最初に作った銀行口座でもあるのですが、ジャパンネット銀行はスタートダッシュをしたい経営者の方には特におすすめです。

ジャパンネット銀行は以前から、ビジネス口座に力を入れていたため、個人事業主でも屋号付きの口座を作ることができます

また、設立したばかりの法人でも、WEB申込ですぐに口座開設が可能です。

最近はジャパンネット銀行を振込先に指定している企業も増えたので、信用面に対する取引先の印象も悪くありません。

ビジネス口座とVISAデビットを同時に発行

スピード

ジャパンネット銀行は、すべてのキャッシュカードにVISAデビット(JNB Visaデビットカード)を強制的に付けています

つまり、銀行口座の開設が完了すると同時に、キャッシュカード一体型のVISAデビットを取得することができます。

法人カードの場合、申込には審査が必要です。しかし、デビットカードは口座からの即日引落しなので基本的に審査不要です。

つまり、会社を設立した当初は、JNB Visaデビットカードをクレジットカードの代わりとして使えます

VISAデビットはかなり使える

VISA

JNB Visaデビットカードは、「VISA」マークのお店で利用できるカードです。

コンビニやスーパーといった日常の利用でも使えますし、海外出張でも利用できます。もちろん、ネット通販で事務用品や備品を購入する時にも使えます。

クレジットカードとの大きな違いは、「翌月払い」か「銀行口座からの即時引落しか」の違いだけです。

クレジットカードの場合、翌月払いが基本となるので現時点で現金を全くお金を持っていなくても買い物ができます。

一方で、VISAデビットカードは「即時引落し」なので、銀行口座の残高の範囲でしか使えません。現金がない状況ではクレジットカードの方が有利ですが、銀行口座にキャッシュがあるのであれば、デビットカードをメインで使っても問題はありません。

以前は、デビットカードは月額の定期支払に使えないというデメリットがありましたが、今はこの問題は解消しており、携帯電話の通信料や水道光熱費の支払いにも利用可能です。

VISAデビットカードは「銀行口座の残高の範囲で使える」カードです。

つまり、銀行に現金が入っていれば、会社を設立したばかりでも1日最高500万円までのカード支払いに対応します。

クレジットカードの場合、与信審査の結果で限度額が設定される仕組みなので、設立したばかりの会社では500万円もの限度額を得ることは難しいでしょう。

「現金さえあれば多額の支払いに使える」という点においては、デビットカードはクレジットカードよりもメリットが大きいです。

バーチャルカードを最大4枚まで発行

パソコン

JNB Visaデビットの提供するサービスの1つとして「JNBカードレスVisaデビット」というものがあります。

カードレスVISAデビットは、現物のカードが発行されないバーチャルカードです。つまり、ネット通販などのWEBでの決済でのみ利用できます

カードレスVISAデビットは、最大4枚まで同時に発行ができ、不要になったらいつでもすぐに破棄できます

破棄して新しいカードを作成すると、カード番号も変わるのでカード番号を登録したくない取引先に対する支払いにもおすすめです。

例えば、社員ごとにWEB決済専用のバーチャルカードを発行したり、広告宣伝費の支払い専用といった形で用途ごとにカードを作ることもできます。

JNBカードレスVisaデビットの利用は完全無料なので、必要に応じてなんどでも作成したり破棄したりしながら、安全にWEB取引に活用することが可能です。

経費管理が楽に

ジャパンネット銀行では、スマホやPCを使っていつでも取引明細の閲覧が可能です。

▶デビットカードの取引明細
最長で14ヶ月の取引明細が閲覧できます。明細はPDFやCSVでダウンロードすることも可能です。

▶銀行の取引明細
最長で5年間の取引明細が閲覧できます。

5年以上前の明細を閲覧する場合は、有料のサービスを利用する必要があります。しかし、明細はPDFやCSVでいつでもダウンロードできるので、定期的にダウンロードしておけば費用をかけずに5年以上の明細の管理が可能です。

決算書の提出不要

法人デビットカード

デビットカードは与信審査がないため、申込に際して決算書の提出は不要です。

また、保証もしっかりとしており、もし第三者によって不正利用された場合でも、1口座あたり年間500万円までをジャパンネット銀行が補償してくれます。

JNB Visaデビットカードは年会費無料

自由

JNB Visaデビットカードは、ジャパンネット銀行のキャッシュカード一体型なので、年会費は無料です。

ジャパンネット銀行ビジネス口座の口座開設が完了したら、その日からすぐにカードを使った取引ができます。

大手銀行の場合、デビットカードに年会費がかかるケースもありますし、法人口座であればインターネットバンキングの利用に月会費がかかります。

一方で、ジャパンネット銀行では銀行口座もデビットカードも完全無料で提供しているので、別途手数料が発生する心配はありません。

事業スタートの当初は少しでも経費を抑えたいと考えている経営者にとっても、ジャパンネット銀行の口座とVISAデビットは非常にメリットの大きいアイテムとなります。

ジャパンネット銀行 公式サイトはこちら

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ