個人事業主でもOK!年会費無料で持てる法人カードとは

年会費無料法人カード

個人事業主や会社経営者にとって、経費は少しでも抑えたいものです。
特にクレジットカードに年会費を払いたくない経営者の方も多いと思います。

個人向けのクレジットカードと違って、原則として法人カードは年会費無料のカードはありませんが、ここでは数少ない年会費無料の法人カードを紹介したいと思います。

法人カードは個人事業主の方でも申し込むことができます。
しかし、個人事業主の場合は「個人向けクレジットカード」を事業用に使っても良いので、個人の方が持つ年会費無料のクレジットカードに申し込んだほうが良いと思います。

こちらのほうが選択肢が多く、ポイント還元率が高いものも多いです。

自営業(個人事業主)でも作れるおすすめのクレジットカード

法人でも無料で持てる2枚のカード

個人事業主であれば、個人向けカードに申し込むことができますが、法人格を有している会社は、法人向けクレジットカードしか申し込むことができません。

しかし、数は少ないものの法人カードにも年会費無料のクレジットカードは存在します。

ビジネクスト・法人クレジットカード

ビジネクスト・法人クレジットカード

ビジネスローンでは知名度の高いビジネクストが新しく、事業向けクレジットカードの取り扱いを開始しました。特筆すべきポイントは、何枚でも年会費無料で使えることです。(個人事業主・自営業者の方でも申し込めます)

代表者カードはもちろん、従業員向けカード・ETCカードも含めて年会費は一切かかりません

ビジネスカードの中には、黒字経営を2年以上続けていなければ審査に通らないものもあります。しかし、ビジネクストは数多くの融資実績がある会社なので、創業間もない自営業者や赤字の会社でも、審査に通る可能性が十分あります。

ビジネクスト・法人クレジットカードは一般的なビジネスカードとなりますが、利用実績を積むことで、信用を高めることができます。

つまり、ビジネクストと関係を作っておくことで、いざという時の資金調達でも有利な条件を引き出すことができるメリットもあります。将来的に資金調達を検討していたり、調達先を拡大したい場合にもおすすめの法人カードです。

ビジネスカードのお申込みはこちら(無料)

コーナンPRO Business Card

コーナンPRO ビジネスカード

ポケットカードとコーナンによる提携カード「コーナンPRO Business Card」は、年会費無料で持てる永年無料のクレジットカードです。

コーナンPRO Business Cardを持つ上で注意したいのが、マスターカードとしてクレジット機能が付けられるのは代表カードのみということです。

従業員向けにもカードを発行することは可能ですが、従業員カードにはマスターカードは付いておらず、「コーナンPROのみで利用できるハウスカード」となります。

このカードは、主にコーナンPROをよく利用する建築業を営む法人が利用するカードです。
しかし、どうしても年会費無料の法人カードが欲しい場合は、選択肢の一つになると思います。

また、コーナンPRO Business Cardのメリットとして、支払い期日が最長3ヶ月後となっており、資金繰りに有利だという点があります。
仕入れが多い会社経営においては、支払期日が最長3ヶ月後というのは大変利点があると思います。

その他、リボ払い対応、コーナン系列のガソリンスタンド「伊藤忠エネクス」においてガソリン価格が2円引きで給油できるといった特典もあります。

従業員カードにクレジット機能が付けられないのは残念ですが、年会費無料の法人カードとしては優秀な一枚と言えるのではないでしょうか。

建デポ・プロ ビジネスカード

建デポ・プロ ビジネスカード

建デポ・プロ ビジネスカードも、先ほど紹介したコーナンPRO Business Cardと同じです。

こちらはポケットカードとLIXILの提携カードとなります。
特典内容も全く同じで、代表カードにのみマスタカードのクレジット機能が付帯し、従業員向けに発行できるカードは、「建デポ・プロだけで利用できるハウスカード」となります。

その他、支払期日が最長3ヶ月という点もコーナンカードと同じです。
しかし、コーナンPRO Business Cardの特典として付帯している「伊藤忠エネクスガソリン2円引き」特典は、建デポ・プロ ビジネスカードには付帯しません。

建デポ・プロをよく利用する企業でないなら、コーナンカードの選択をおすすめします。

初年度無料カードを利用する

年会費永年無料カードではありませんが、「初年度無料」で利用できる法人カードも存在します。こちらは上記のような代表者だけにクレジット機能が付くカードではなく、従業員カードにもクレジット機能を付けることができます。

営業職をたくさん抱える会社など、従業員にクレジットカードを持たせたい場合に活用できます。支払いは毎月まとめて代表者がおこなうので、「誰がいつ何にいくら使ったか?」がすべてわかり、経費を透明化・合理化することが可能です。

また、クレジットカードの年会費は経費に計上できるので、年会費を支払っても会社の直接的な負担にはならず、節税に繋がります。

オリコ エグゼクティブ ゴールドフォービズ

オリコエグゼクティブゴールドフォービズ

オリコ エグゼクティブ ゴールドフォービズは、ビジネス向けのゴールドカードでありながら、初年度年会費無料、2年目以降も2,000円+税の年会費で使えるので評判です。

個人事業主向けの「EX Gold for Biz S」は、従業員向けの追加カードが発行できない代わりに、最大100万円のキャッシング枠が付帯します。(事業資金としての利用もOKです)

一方で、法人向けの「EX Gold for Biz M」にはキャッシング枠は付いていないものの、従業員向けの追加カードは年会費無料、ETCカードも3枚まで年会費無料で発行が可能となっています。

最高2,000万円の旅行保険や利用額に応じて貯まる0.6%還元のポイントなども含め、ビジネスカードとしてのスペックは非常に高いと感じます。

また、カードブランドは使い勝手の良いVISAと、法人カードとしては珍しいMasterCardが選択できる点も良いです。

シナジーJCB法人カード

シナジーJCB法人カード

法人向けガソリンカードの代表格とも言えるシナジーJCB法人カードは、「エッソ・モービル・ゼネラル」といったガソリンスタンドで優待が受けられます。

利用すればするほど、ガソリン価格の値引率が上がり、最大で「1リットルあたり7円引き」で給油できるので、お得感が大きいです。

運送業を営んでいる企業や、営業車を使う機会が多い会社など、特にガソリン給油の回数が多い会社にとっても、メリットがある法人カードです。

シナジーJCB法人カードの年会費は1枚あたり2,000円+税となりますが、追加カードも含めて初年度無料で利用できるので、年会費以上の価値がないと判断すれば、1年で解約してしまっても問題ありません。

また、高速道路をスムーズに追加できる「ETCカード」や、エッソ・モービル・ゼネラルでの給油がスピーディーに行える「スピードパス」を年会費永年無料で発行できます。

カードブランドはJCBカードとなります。

シェルビジネスカード

シェルビジネスカード

シナジーJCB法人カードの「昭和シェル版」がシェルビジネスカードです。

シェルビジネスカードは、ガソリン給油値引きの特典はありませんが、その分クレジットカードの利用金額に応じてキャッシュバックによる返金が受けられます。

ETCカードが年会費永年無料で発行できる他、昭和シェルだけで利用できるハウスカード「SSカード・FUELカード」も無料で発行可能です。

代表カードのみにクレジット機能を付けて、従業員に対してはガソリン給油専用のカードを無料でばらまきたい場合に、シェルビジネスカードは適しています。

年会費は1,250円+税ですが、初年度無料で利用できます。

カードブランドは、JCBカードのみとなります。
シナジーJCB法人カードよりも年会費が安く、また永年無料のハウスカードも発行できるので、こちらのほうがお得感は大きいです。

定番のJCBカードも初年度無料

法人カードの定番といえば、やはりJCBカードです。
多くの企業がJCB法人カードを導入していることで知られています。その理由は、JCBカードも初年度無料で利用できるからです。

JCB法人カード

JCB法人カード

最も有名な法人カードといえば、JCB法人カードでしょう。

特に目立った特典はありませんが、定番の法人カードとして幅広く普及しています。
ショッピング保険が年間最高100万円まで付帯しているので、設備投資のために購入した商品が、もしも盗難や破損、初期不良などのトラブルに見舞われた場合でも、購入日より90日以内であれば、JCBが補償してくれます。

また、上記のガソリンカードと同じくETCカードは何枚でも年会費永年無料で使えます。
クレジットカード自体は、初年度無料で利用でき、通常は1枚あたり1,250円+税です。

従業員10人に対してJCB法人カードを発行しても、年間12,500円+税の出費で収まるので、格安の法人カードと言えますね。

年会費無料で使えるビジネスカード(無料)

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ