年会費無料で使える!おすすめ法人ETCカード5枚を比較

法人ETCカード

運送業や営業など、車での移動が多い中小企業にとって、ETCカードは必須のアイテムです。しかし、法人向けETCカードは年会費がかかるものも多く、これだけでも少なからず利益を圧迫します。

できればETCカードの年会費は支払いたくないもの。そこで、年会費が安い法人ETCカードを探してみることにしました。

調査してみた結果、中には年会費無料で使える法人ETCカードもありました。

年会費無料で使える法人向けETCカード TOP5

今回は、法人カードカタログが厳選した格安の法人ETCカードを5枚まとめます。

ビジネクスト・法人クレジットカード

ビジネクスト・法人クレジットカード

ビジネスローンでは知名度の高い「ビジネネクスト」は、年会費無料の法人カードを発行しています。

初年度はもちろん、2年目以降もずっと無料である他、従業員向けの追加カードも発行できるので、経費を抑えたい中小企業にとっては非常におすすめできる一枚です。

ビジネクスト・法人クレジットカードは個人事業主の方でも申し込めます。

法人カードが年会費無料で使えるだけでなく、ETCカードの発行も可能で、もちろんETCカードについても年会費は完全無料です。

ビジネスクストは、創業したばかりの会社や赤字の会社でもビジネスローンの融資を行っているのが特徴なので、クレジットカードの審査に対しても前向きに検討してくれると思います。法人カードの審査になかなか通らない場合でも、申し込んでみる価値は十分にあります。

カードブランドはVISAのみとなっています。

お申込みはこちら(無料)

ライフカードビジネス

ライフカードビジネス

青いクレジットカードとして有名な「ライフカード」も年会費無料のビジネスカードを発行しています。

内容は前述のビジネクスト・法人クレジットカードと同じで、ETCカードも含めて年会費無料となっている高スペックの一枚。個人事業主の方でも申し込めます。

唯一、ビジネクスト・法人クレジットカードに劣る点としては、ポイントサービスがないことです。ビジネクストにはクレジットカードの利用金額に応じてポイントが貯まるサービスがありますが、ライフカードビジネスにはポイントサービスはありません。

発行枚数に制限がないので、営業を担当する従業員用に複数枚の追加カードを配ることもできます。

また、カードブランドはVISA・MasterCardの2つから選択可能です。

ETCコーポレートカード(高速情報協同組合)

ETCコーポレートカード

高速情報協同組合が発行しているETCコーポレートカードは、クレジットカードではなく純粋にETCカードのみの発行となります。とにかくETCカードだけがあれば、クレジットカードは不要という方におすすめ。

ただし、少なからず年会費がかかってしまうので、年会費を完全無料にしたい方は前述のビジネクストかライフカードをおすすめします。

一方で、首都高速道路と阪神高速道路には強みがあり、条件に応じて30%~50%の高速料金の割引、さらに首都高速道路・阪神高速道路の毎月の利用金額に応じて最大20%の割引が受けられます。

運送業を営む方や首都高速道路・阪神高速道路を頻繁に利用する会社にとってメリットが大きいETCカードです。

年会費は一枚あたり617円(税込)と格安です。ただし、高速情報協同組合への加入が必須となるため、組合への出資金として1万円(1社あたり)の支払いが必要となります。ちなみに、組合への出資金は脱退時に返金されるお金です。

高速情報協同組合のETCコーポレートカードは審査なしで誰でも作れるというのもポイントの一つです。

法人ETCカード(高速情報協同組合)

法人ETCカード(高速情報協同組合)

前述の「ETCコーポレートカード」は主に首都高速道路・阪神高速道路でメリットがあるETCカードでしたが、こちらは通常の法人ETCカードとなります。発行元は同じく、高速情報協同組合です。

シンプルなETC機能だけを搭載しており、休日割引30%OFF、深夜割引30%OFFという高速料金の割引も受けられるので、運送業の方にとって特にメリットがあります。

年会費は一枚あたり540円(税込)ですが、高速情報協同組合への出資金として1社あたり1万円が別途必要です。(出資金は脱退時に返金)

個人事業主の方でも申込ができる他、審査もないので赤字や創業したばかりの会社でも、必要書類さえ提出すれば、約10日程度で発行してもらえます。

ただし、「請求書作成、信販会社への立替保証などに伴い、毎月の走行金額の5%を手数料としていただきます。」と案内があるので、休日割引や深夜割引を上手く活用しながら使う必要がありそうです。

JCB法人カード

JCB法人カード

ごく一般的なJCBの法人カードですが、ETCカードは無料で発行できるので「格安で法人クレジットカード+ETCカードが欲しい」という方にはおすすめ。個人事業主の方でも申込可能です。

JCB法人カードは初年度無料、2年目以降は一枚あたり1,250円+税の年会費がかかります。

ただし、ETCカードの発行は何枚でも永年無料なので、従業員にクレジットカードとETCカードの両方を渡しても、一枚あたり年間1,250円+税と考えれば安いでしょう。

上記で紹介したカードの中では最もスペックが高く、利用金額に応じてポイントが貯まったり、最高3,000万円の旅行保険が付帯するなど、ビジネスに役立つ特典も充実。

JCBの法人カードは非常に多くの企業で採用されている実績からも、安心感があります。

お申込みはこちら(初年度無料)

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ