シナジーJCBゴールド法人カード

シナジーJCBゴールド法人カード

ガソリンカードの中でも、給油価格を直接値引きしてくれるのが、「シナジーJCBゴールド法人カード」の特徴です。

シナジーJCBゴールド法人カードは、全国の「エッソ・モービル・ゼネラル」のSS(サービスステーション)にて、ガソリンの割引が受けられます。

値引き額も大きく、カード利用金額に応じてリットルあたり最大10円引きとなるので、運送業の方や営業が多い会社・個人事業主にとって、非常に大きなメリットのあるクレジットカードです。

▼一般カードの情報はこちらです▼

シナジーJCBゴールド法人カードの特徴

ガソリンの給油価格最大10円引きの他にも、法人向けゴールドカードならではの特典が多いのが、シナジーJCBゴールド法人カードの特徴です。

カードの総利用枠も50万円~250万円となっているので、中小企業の経費管理にも十分使えます。

ガソリン価格、最大10円引き

ガソリン価格割引表

シナジーJCBゴールド法人カードは、前月のクレジットカードの利用金額に応じて、ガソリン価格が段階的に割引きされる仕組みです。

クレジットカードをまったく使わなくても、最低でもリットルあたり4円引きとなるので、エッソ・モービル・ゼネラルを利用することが多い会社にとって、メリットは大きいです。

クレジットカードの月間利用金額が7万円を超えると、最大割引額となる「10円引き / リットル」が受けられます。

カードの利用金額は、ガソリン給油時だけでなく、コンビニでお菓子やたばこを買った時、会社の備品を購入した時など、JCBカードが使える場所なら、どんな商品でもカウントの対象となります。
そう考えると、月間7万円の利用はさほど高いハードルではないと言えますね。

年会費無料でスピードパスを発行

スピードパス

エッソ・モービル・ゼネラルのガソリンスタンドで使える「スピードパス」が入会金・年会費無料で発行できます

スピードパスは、ガソリンの給油時の支払いをする際に、計量器にかざすだけで、一瞬で支払いが完了する便利なアイテムです。

スピードパスを使って支払ったガソリン価格は、後日シナジーJCBゴールド法人カードからまとめて精算されるので、給油時の費用を後日まとめて支払えると同時に、ガソリン割引のカード利用金額にもカウントされます。

社員にクレジットカードを持たせたくないという方や、移動中はカードを持ち歩きたくないという自営業者の方にとっても、スピードパスは役立ちます。

ゴールドカードならではの特典

以下のサービスは、シナジーJCBゴールド法人カードならではの特典です。
年会費以上の使い勝手の良い特典が豊富なのが、JCBゴールドカードの特徴となっています。

最高1億円の旅行保険

最高1億円の旅行保険

出張や旅行の時に、万が一のことがあっても安心の「旅行保険」。
シナジーJCBゴールド法人カードでは、海外旅行保険最高1億円、国内旅行保険最高5,000万円が付帯しています。

国内旅行保険は自動付帯なので、旅行代金をシナジーJCBゴールド法人カードで支払っていなくても、カードを持っているだけで適用される手厚い保険です。

海外旅行保険については、旅行代金をJCBで支払った場合(利用付帯)は最高1億円の旅行保険が適用され、支払っていない場合は国内と同じく、最高5,000万円が自動付帯します。

ゴールドカードの中でも、これだけの手厚い旅行保険を付帯しているカードは貴重です。

最高500万円のショッピング保険

ショッピング保険

ショッピングガード保険は、国内・海外を問わず年間最高500万円までを補償します。

このサービスは、シナジーJCBゴールド法人カードで購入した商品が、万が一盗難や破損にあってしまっても、購入日より90日以内であれば、JCBが補償してくれるサービスです。

年間最高500万円までが補償対象となるので、高額な事務用品や、会社で使う備品についても、現金よりもシナジーJCBゴールド法人カードで購入した方が圧倒的にお得となります。

JCBトラベルでOki Dokiポイントが貯まる

Oki Dokiポイント

JCBトラベルデスクを通じて国内・海外パッケージツアーを申込み、代金をカードで支払うと、Oki Dokiポイントが通常の3~7倍貯まります。

ツアーに本会員が旅行に参加していない場合でも、申込みと支払いを本人がおこなえば適用対象となるので、従業員の出張時や接待にも利用できる機会は多いと思います。

Oki Dokiポイントは、JCBのポイントプログラムで、通常1,000円につき1ポイント貯まり、1ポイントあたり約5円の価値があります。
貯めたポイントは、カタログギフトや携帯電話の機種変更、家電量販店のクーポンやJCBギフト券と交換することが可能です。

JCBトラベルデスクを通じて旅行を申し込むと、Oki Dokiポイントは3~7倍になるので、実質的なポイント還元率は1.5%~3.5%となり、大変お得です。

また、JCBトラベルが提携しているJTBのサービス「国内宿泊オンライン予約」を利用した場合も、シナジーJCBゴールド法人カードで旅行代金を支払うことで、通常より5倍のOki Dokiポイントが付与されます。

ゴルフの予約を法人デスクが代行

ゴルフの予約

有名ゴルフ場のプレー予約をJCB法人デスクが代行してくれます。
予約手数料は無料なので積極的に利用できます。

JCBが提携しているゴルフ場は全国に約1,200ヶ所もあり、ゴルフコンペの相談なども、予算に応じて承ってくれるので、利用価値が高いです。

社内でのゴルフコンペや、取引先との接待にも活用できると思います。

旅行時の優待サービス

羽田空港ラウンジ

ゴールドカードならではの特典として、出張・旅行の際に嬉しい「空港ラウンジ」と「手荷物無料宅配(片道)」が利用できます。

空港ラウンジは、国内主要空港に設置された20ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できるサービスです。
空港ラウンジでは、無料でドリンクの注文や雑誌の閲覧ができる他、無線LANによる高速インターネット接続サービスも用意されています。

フライトまでの時間をゆっくりとくつろげる、ゴールドカード会員ならではの人気の優待サービスです。

手荷物無料配送は、JCBトラベルデスクで海外パッケージツアーを申込み、カード支払いした場合に適用されるサービスです。

帰国時に空港でスーツケースを預けると、自宅に宅配してくれるので、空港から自宅までの距離を手ぶらで移動できます。

一般カードと共通のサービス

以下のサービスは、シナジーJCB法人カード(一般カード)でも利用できる、共通のサービスです。

ETCカードを無料発行・まとめて精算

ETCカード

JCBが発行している「ETCスルーカードN」を何枚でも無料で発行できます

社長や担当者がシナジーJCBゴールド法人カードを一枚持っていれば、従業員に対してETCスルーカードNを無料で全員に配れます。

従業員が利用したETCスルーカードNで発生した高速利用料金は、後日まとめて請求されるので、一括して経費の支払いができると同時に、「誰がいくら使ったのか?」についても把握でき、経費管理に役立ちます。

  • 社員にはクレジットカードを持たせたくない
  • 高速料金を社長や担当者が一括精算したい
  • 誰がいくら使ったか把握したい

このような場合に、無料で発行できる「ETCスルーカードN」の利用が便利です。

福利厚生に使えるClub Off

シナジーJCBカードClub Off」が利用できます。
Club Offは、企業や個人事業主向けの会員制プログラム(福利厚生プログラム)です。

ゴルフや旅行、食事をする時のレストランの予約を、クラブオフ会員ならではの特別優待価格で利用できます
出張や接待、そして社員旅行に至るまで、あらゆる経費や福利厚生にかかる費用を、特別価格で利用できるのがメリットです。

もちろん、Club Offを通じて利用したサービスも、シナジーJCBゴールド法人カードから請求されるので、ガソリン価格割引の月間利用金額にカウントされます。

出張・旅行向けサービス

旅行・出張向けサービス

■JCB.ANA@desk / JCB de JAL ONLINE
インターネットによる航空券予約サービスです。
24時間いつでもネットから航空券が手配できるので、急な出張にも対応できます。

■JR東海プラスEXサービス
JR東海が提供している新幹線のネット予約・チケットレスサービス「プラスEX」が利用できます。

■JCBトラベル
JCBの法人向けトラベルデスクが使えます。
日常の出張から、社員旅行やゴルフ月ツアーの相談など、旅行関係の手続き・相談をJCBの専任担当者が電話一本でおこなってくれる便利なサービスです。

旅行に強いJCBトラベルを通じて予約したツアーなどは、すべてJCB法人会員の優待料金でりようでき、お得です。

ビジネス向けサービス

ビジネス向けサービス

■アスクル / タスカリマックス
ASKUL(アスクル)やタスカリマックスが販売しているオフィス用品を、優待価格で購入できます。
タスカリマックスでシナジーJCBゴールド法人カードを使うと、表示金額よりも5%OFFで備品を購入できるので、経費削減に繋げることができます。

■ソリマチの会計ソフトとの連携
ソリマチ社が提供している会計ソフト「会計王シリーズ」「みんなの青色申告シリーズ」において、法人カードの請求データの連携ができます。

法人カードの請求については、入力作業をすることなく自動的に仕訳作業をおこなってくれるので、大変便利です。

■JCBタクシーチケット
名前と金額を記入するだけで利用できる便利なタクシーチケットの発行ができます。
(1冊につき発行手数料300円+税が必要)

JCBタクシーチケットは、名前が記入されていれば他の人が使ってもOKなので、接待や送迎の際に、取引先の方に渡して使ってもらう。といった使い方もできます。

年会費や審査はどう?

シナジーJCBゴールド法人カードは、18歳以上の法人または個人事業主の方の方であれば、誰でも申込みできます。

個人向けのシナジーゴールドカードには、JCBが発行しているJCBカードと、三菱UFJニコスが発行するVISA、MasterCardの3種類があります。
しかし、三菱UFJニコスでは法人・個人事業主向けのビジネスカードを発行していないため、事業向けシナジーカードはJCBカードのみが選択できます

年会費は10,000円+税です。(追加カードは1枚につき3,000円+税)

シナジーJCB法人ゴールカードは、ガソリンカードなので、審査の難易度は特段厳しいものではなく、創業したばかりの会社でも十分審査通過が可能です。

シナジーJCBゴールド法人カードはGETすべき?

管理人の意見と評価

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

運送業や営業の多い会社など、エッソ・モービル・ゼネラルのガソリンスタンドをよく利用する人にとっては、メリットが大きいです。

リットルあたり最大10円の給油価格割引は、月間7万円以上のカード利用をすれば適用されます。
また、カードを全く利用しなくても、リットルあたり4円の割引が受けられるのでお得です。

年会費は10,000円+税と、ゴールドカードの中では標準的ですが、空港ラウンジの利用や最高1億円の旅行保険、年間最高500万円のショッピングガード保険を付帯しているので、個人的には年会費以上の価値がある優れたカードだと思います。

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ