三井住友ビジネスゴールドカード

三井住友ビジネスゴールドカード

法人向けのビジネスカードといえば、正直なところ「JCB」が強いイメージがあります。JCBカードは様々な業種、企業と提携カードを発行していることが多いので、自然と法人がJCBを選ぶケースが多いのです。(例えば、運送業ならガソリン給油時にお得なカードが欲しい、となるとJCBとエッソの提携カード選ぶことになるなど)

しかし、Visaカードも同じく、法人向けカードを発行しています。主に取り扱っているのは、国内で最もVisaカードを発行している「三井住友カード」です。(ちなみにMasterCardブランドを選択することも可能です)

三井住友ビジネスゴールドカードは、20名以下の法人を対象に仕事の現場で役立つサービスを提供する法人クレジットカードです。

年会費は10,000円+税、2枚目以降は1枚あたり2,000円+税と、法人カードの中でも一般的なゴールドカードの一つです。

三井住友ビジネスゴールドカードのお申込み

三井住友ビジネスゴールドカードの特徴

経費の合理化や出張サポートなど、ビジネスシーンで役立つ特典が豊富な三井住友ビジネスゴールドカード。その特徴についてまとめます。

選べる2つのカードブランド

Visa・MasterCard

三井住友ビジネスカードは、

  • Visa
  • MasterCard

のいずれかのカードブランドを選択できます。JCBカードは多くの法人で導入されていますが、しかし海外での普及率はあまり高くありません。。

逆に、Visaブランドは国内、アジア、世界のいずれにおいても、No.1のシェアを誇っているクレジットカードです。よって、国内・海外の出張を考えると、一番使えるのは、実はVisaブランドと言えるのです。

また、Visaカード、Masterカードの2枚を同時申し込みすることもできます。この場合は、2枚目以降は2,000円+税で発行してもらえます。

例えば、VisaとMasterを同時に申し込んだ場合、一枚目(社長)は12,000円+税、社員は一枚あたり4,000円+税で両方のカードブランドを所持できるのです。

経費や事務作業の効率化を実現

経費の合理化

法人カードを導入する最大のメリットは、経費や事務作業の負担を効率化できることです。クレジットカードがない場合、領収書を集めて社員ごとに会計を個別に行うなど、様々な手間がかかります。

しかし、法人カードを社員に持たせて、カード中心の支払いにすれば、明細書が領収書の代わりになります。また、個別に精算しなくても、すべての社員が使ったクレジットカード金額は、翌月に法人口座から一括で引き落とされるので、とてもシンプルです。

また、クレジットカード支払いにはウソがないので、「誰がいつ何にいくら使ったのか?」が明細をみればすぐわかります。

この仕組によって、社員が不要な経費を使い込んでしまうことなく、合理化された経費、事務作業を実現することが可能です。

最高300万円までの限度額

三井住友ビジネスカードは一般カードなので利用限度枠は小さめです。限度額は20万円~100万円となっています。

しかし、三井住友ビジネスゴールドカードは最大300万円まで限度枠を設定できるので、大きな設備の支払いにも対応します。

ちなみにこれは、会社全体での総利用枠となります。三井住友ビジネスゴールドカードでは、カード会員個別に限度額を設定することはできません。例えば、社長と社員5人で限度額20万円を設定する場合、20万円の枠を全員で共有する形となります。

海外出張時に現金の調達で使いたい「海外キャッシュサービス」は0~30万円となります。海外でもクレジットカードを使うことができますが、新興国などはやはり現金主体の支払いとなります。

このような場合に、現地通貨の調達方法として、海外キャッシュサービスは利用「メリットがあります。

手厚い保障と出張のサポート

旅行保険

海外での利用に限られますが、年間最高300万円のショッピング保険が付きます。海外で購入した事務用品や設備がもし壊れたり、盗難などにあっても、購入日より90日以内であれば、補償されます。

出張の手続きの煩わしさを解消できます。まず、クレジットカードに最大5,000万円の国内・海外旅行保険が付いています。これによって、社員が自身で旅行保険を買う必要がなくなるだけでなく、いざというときの備えにも繋がります。

海外でレンタカーを手配する時は、三井住友ビジネスカードの特典を使うことで、優待価格にてレンタカーが利用できる点も、メリットの一つです。

また、ゴールドカードならではの特典として、「国内27箇所以上の空港ラウンジを無料で利用」できます。

フライトまでの待ち時間を、フリードリンク、無料Wi-Fiのある空間で過ごせるため、仕事の効率化にも効果的です。私も出張時は空港ラウンジを使いますが、仕事に集中しているビジネスマンをよく見かけます。

ETCカードを無料発行・まとめて精算

ETCカード

三井住友ビジネスカードでは、複数枚のETCが発行可能です。例えば、営業職の社員全員に配れば、高速道路の料金支払いがスムーズにでき、かつそれらの料金は後日会社が一括で支払えます。

また、誰がいつどこで使ったのか?が明確になるため、社員が社用のETCカードをプライベートで使っていないか?などのチェックをすることも可能です。

ETCカードは一枚あたり500円+税の年会費がかかります。しかし、一年間に一度でもETCカードを使えば、年会費は無料になるので安心です。

ポイントが貯まる特典も

ポイント

クレジットカードの利用額1,000円ごとに1ポイントが貯まります。(1ポイントあたりの価値は約5円)

貯めたポイントはカタログギフトと交換したり、VISAのギフト券「VJAギフトカード」との交換が可能です。

社内で利用するすべてのカード払いが対象となるので、ポイントは非常に貯まりやすく、年間で換算すると大きなポイント数になると思います。

三井住友ビジネスゴールドカードはGETすべき?

管理人の意見と評価

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

法人カードの中でも、定番の一枚です。年会費が10,000円+税、2枚目以降は2,000円+税と安いので、すべての社員に三井住友ビジネスカードを持たせられます。

また、VISAだけでなくMasterCardも選べます。両方のカードブランドを発行する場合は、追加として年会費2,000円+税が必要です。

法人カードと言うとJCBのイメージが強いです。しかし、VISAは普及率が高いため、国内・海外でも使いやすく、利便性という意味ではVISAに軍配が上がると思います。

なお、このカードは社員数20名以下の中小企業に限定されます。また、個人事業主の方は申し込むことができません。

三井住友ビジネスゴールドカードのお申込み

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ