楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードは、法人・個人事業主向けのクレジットカードです。
法人向けカードでありながら、100円につき1ポイントの高還元カードなので、コストパフォーマンスに優れた一枚と言えます。

楽天ビジネスカードは、楽天カードのゴールドカードに位置する「楽天プレミアムカード」の発行が必須となります。

一般的な法人カードと違い、楽天法人カードは、経営者の方の「個人の口座と会社の口座を分けて支払いを行いたい」という要望を満たす目的で作られています。

ですので、家族や従業員向けにカードを発行することはできません

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードの年会費10,000円+税に加えて、楽天ビジネスカードの年会費2,000円+税の、合計12,000円+税が必要です。

ビジネスカードの申込み資格は2つです。

①楽天プレミアムカード(個人向けのゴールドカード)を持っていること
②20歳以上で安定した収入のある法人代表者および個人事業主

まずは楽天プレミアムカードにお申込み

楽天法人カードの特徴

楽天の法人向けカード(ビジネスカード)には、経営者が支払い口座を分けられるなど様々なメリットがあります。

楽天スーパーポイントが貯まる

楽天ビジネスカードでは、利用金額に応じて100円につき1ポイントが貯まります
ポイントはすべて楽天スーパーポイントで還元されるので、楽天市場や楽天ブックスなど、関連サービスにて1ポイント=1円にて利用可能です。(還元率1%

楽天ゴールドカード(プレミアムカード)や、一般の楽天カードでは、楽天関連サービスでの利用に限り、ポイント還元率が倍増します。
しかし、楽天ビジネスカードではどこで使っても還元率は変わらず1%となっています。

支払い口座を分けられる

楽天ビジネスカードを取得するには、楽天プレミアムカード(個人向けカード)の発行が必須です。
しかし、プレミアムカードとビジネスカードは2枚持ちすることができ、それぞれプレミアムカードでは個人口座から引落、ビジネスカードでは法人口座から引落といったように、支払口座を分けることが可能です。

たとえば、プライベートで使う、家族旅行の代金や日用品などは、楽天プレミアムカードで支払って、個人用の口座で引落。仕事用で使う、出張費用やオフィス機器の購入代金は、楽天ビジネスカードで支払って、法人用の口座で引落。という使い方ができます。

用途に合わせてクレジットカードを使い分けることで、経費処理の簡素化が実現できます。

ETCカードは何枚でも発行OK

楽天ビジネスカードは経営者向けのクレジットカードなので、従業員の方に配布することはできません。

しかし、ETCカードは何枚でも発行可能です。
会社の従業員に1枚ずつETCカードを配布し、高速道路の料金は法人口座から一括して支払うことができます。

ETCカードは1枚目は年会費無料、2枚目以降は1枚あたり500円+税の年会費が必要です。

もちろん、ETCカードを使った高速料金の支払いでも、楽天スーパーポイントは貯まります。

楽天プレミアムカードのメリット

楽天ビジネスカードは、「楽天プレミアムカードを持っていること」が申込条件です。

楽天プレミアムカードもまた、ゴールドカードの中では非常にコストパフォーマンスに優れた一枚として人気の高いクレジットカードです。

楽天のサービスでポイント5倍

楽天プレミアムカードのポイント還元率は、通常は100円につき1ポイント(還元率1%)です。

しかし、楽天が運営しているサービス、「楽天市場」で使うとポイント還元率が5倍(還元率5%)となります。「楽天トラベル」、「楽天ブックス」などで使うと、ポイント還元率が2倍(還元率2%)となります。

特に楽天トラベルは旅行代金や出張費用などで支払い金額が大きくなるので、メリットも大きいと思います。

誕生月はポイント6倍

楽天プレミアムカード会員限定の特典として、毎年誕生月に楽天サービスを利用すると、ポイントが6倍(還元率6%)になります。

誕生月を狙って楽天市場やブックスで欲しいものを買えば、支払い金額が実質6%割引になります。

プライオリティ・パス

世界120ヶ国以上、全900ヵ所以上の場所に設置された空港ラウンジが無料で使えるプライオリティ・パスに無料登録できます。

プライオリティ・パスは通常、年会費4万円近いサービスなので、この特典だけでも楽天プレミアムカードの年会費の元は十分取れると言ってよいでしょう。

各種保険も充実

楽天プレミアムカードには追加料金一切なしで、さまざまな保険を付帯しています。

旅行保険は、国内・海外旅行ともに最高5,000万円までで、ゴールドカードクラスとしては十分過ぎる手厚い保険が付いています。

動産総合保険(ショッピング保険)は年間最高300万円まで補償してくれます。
楽天プレミアムカードを使って購入した商品が万が一壊れてしまったり、盗難にあってしまった場合でも、購入より90日以内であれば、商品購入金額を補償してくれる助かる保険サービスです。

また、万が一クレジットカードが盗難され、不正に利用されてしまった場合でも、不正利用額を補償してくれる「カード盗難保険」も付いているので安心です。

付帯保険は楽天プレミアムカードに付いている特典ですので、楽天ビジネスカードで購入したものは対象外となります。

カードブランドはVISAのみ

VISA

楽天ビジネスカードは、VISAカードのみ発行可能です。VISAは国内・海外を問わず、トップシェアを誇るカードブランドです。カードが使える範囲は非常に広いので、店舗でもネットでも、VISAカードが使えず困ることはありません。

一方、楽天プレミアムカードはVISA・MasterCard・JCBの3種類から好きなブランドが選べます。楽天カードはJCBとの相性が良く、審査も通過しやすいという話があるので、特にこわだりがなければJCBの選択をおすすめします。

JCBとVISAを1枚ずつ持つことで、カバー出来る範囲はより広がります。

楽天ビジネスカードはGETすべき?

管理人の意見と評価

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

法人カードとしては、ポイント還元率が高いクレジットカードになります。

しかし、楽天ビジネスカードは従業員の方に配布できるタイプのクレジットカードではありませんので、個人事業主や小規模法人が主な対象者になると思います。

利用用途として最も重宝するのが、「引き落とし口座を分けられる」ことです。
個人用口座と事業用口座を分けている個人事業主の方や、個人口座と法人口座で支払いを分けて楽天カードが使いたい会社の社長さんにとって、楽天ビジネスカードのメリットは大きいと言えるでしょう。

まずはプレミアムカードにお申込み

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ