P-one Business MasterCard

P-one Business MasterCard

ポケットカードが発行している、中小企業向けのクレジットカードとして使い勝手の良い「P-one Business MasterCard」は、代表者と従業員5名までの追加カードが発行可能です。

入会資格は20歳以上の法人代表者または個人事業主です。法人格がなくても、個人事業主の方も申込み可能です。

年会費は2,000円+税ですが、初年度無料で利用できます。ただし、1年間に1回でもカードを使えば次年度無料となるので、実質的には年会費はずっと無料です。

さらに、従業員向けの追加カードは最大5枚まで年会費無料で発行できます。

なお、P-one Business MasterCardはゴールドカードですが、券面が金色であるだけで、一般カードは存在しません。

P-one Business MasterCardの特徴

P-oneビジネスマスターカードには、中小企業向けのクレジットカードとして基本的なサービスが備わっています。

従業員向けに最大6枚発行OK

最大6枚発行OK

P-one Business MasterCardでは、従業員向けに最大5枚まで追加カードを発行できます。代表者様と従業員5名の最大6枚のカードを追加することが可能です。

全員に一枚ずつ持たせることで、誰がいくら使ったのか、経費の管理も容易になります。また、従業員向けカードは年会費無料で持つことができます。

逆に言うと、最大で6枚までしか発行できないため、5名以上の従業員を抱える企業には向きません。

また、追加カードはすべて1回払いとなっておりリボ払いなどは使えません。

カード利用枠は最大300万円

カード利用枠

カードの総利用枠は、最大300万円です。この利用枠は会社全体で共有されるため、従業員のカード利用分は、代表者の利用枠から差し引かれることになります。

また、P-oneビジネスマスターカードでは、キャッシング枠も最大300万円まで用意されています。(キャッシングは代表者のみが利用可能)
キャッシングは1万円単位でいつでも利用でき、全国143,000台以上のCD・ATMからいつでも現金を引き出せます。

また、海外のATMでも現地通貨でキャッシングできるので、出張時に必要な資金を用立てるなど、ちょっとした利用においても活用できそうです。

リボ払いが可能

リボ払いが可能

P-one Business MasterCardはリボ払いに対応しています。(代表者カードのみ)

利用金額に応じて、月々5,000円から毎月一定額を支払うことが可能です。

購入商品安心保険

購入商品安心保険

P-oneビジネスマスターカードには、ショッピング保険が付帯しています。

カードを使って購入した商品が万が一、盗難や破損の被害にあってしまった場合でも、購入日より90日以内であれば、年間最大300万円までポケットカードが全額補償してくれます。

ポイント還元あり

ポケットポイント

ポケットカードが展開しているポイントサービス「ポケットポイント」の対象カードです。
利用金額1,000円につき2ポイントがもらえます。

貯めたポイントは、さまざまなカタログギフトやギフトカードと交換できます。

1ポイントあたり約3円の交換レートなので、実質的なポイント還元率は0.6%となります。

カードブランドはマスターカードのみ

MasterCard

P-oneビジネスマスターカードは、その名のとおりMasterCardのみ選択可能です。
VISAに続いて世界的シェアを誇るマスターカードは、使う場所を選ばず国内においても、海外でもカードが使える場所が多いです。

また、カードの入会審査はあるものの、赤字決算でも申込ができるので設立したばかりの会社にもおすすめです。

P-oneビジネスマスターカードはGETすべき?

管理人の意見と評価

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

中小企業向けのクレジットカードです。
従業員向けに追加カードを最大5枚発行し、それぞれいくら使ったか管理できるので、経費管理に向いていると言えます。

また、会社全体で共有となりますが、ショッピング枠が最大300万円、いざというときのキャッシング枠も最大300万円用意されているので心強いです。

このキャッシング枠は事業用途に使うことができ、総量規制の対象外なので年収の3分の1以上でも借りれます。

気になる点は基本がリボ払いである点です。
毎月の支払金額が一定額になるので、運転資金のメドは付きやすいですが、その分リボ払いには金利がかかってくるので、リボ手数料を支払いたくない場合はP-oneに相談しリボ払いを解除してもらうようにしましょう。

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ