法人カードは会社設立後すぐでも作ることができますか?

起業

会社設立後でも、すぐに法人カードは作れます。

クレジットカードを支払いに活用する事業者にとって、会社設立後すぐに必要なのが、

  • 銀行口座
  • ビジネス用クレジットカード

の2つです。
しかし、法人カードの発行には「2年以上黒字を達成していなければならない」などの条件が必要と噂をされていることも多いです。

しかし、実際に会社設立後すぐでも法人カードは作れました(経験談)ので、問題はないかと思います。

法人カード発行についての私の体験談

私はインターネットビジネスをしているので、どうしても支払いにはクレジットカードが必要でした。よって、上記のように銀行口座と法人カードの入手は、会社を設立してからまず最初にするべき仕事でした。

運良く、私の場合は個人事業からの法人成りでしたので、審査に通りやすかったというのもあるかもしれません。しかし、多くの方が会社設立後に法人カードを作っているので、代表者の職歴などを見て問題がなければ、すぐに法人カードは作れます。

当時の状況はこちらの記事でも紹介していますのでご参考ください。

年々審査は厳しくなっている

会社を作ってから、私が法人カードや銀行口座の審査を受ける時、印象に残ったことが一つあります。それは、実は銀行やカード会社が一番気にするのは「業績」ではなく「反社会性力ではないか?」ということです。

実際に、反社社会勢力のフロント企業や詐欺目的の会社が銀行口座や法人カードを作ろうとするケースは年々増えていると聞きます。

それにともなって、審査も非常に厳しくなっているのが現状で、業績よりもまずは自社がまともな会社であることをアピールするのがベストです。

固定電話は信頼の証

実際にこちらの記事でも書いていますが、JCBカードでは固定電話の有無をかなり聞かれました。

で、1回目に携帯電話を記入して審査に落ちて、2回目に固定電話を記入して審査に通ったという事実があります。

ですので、可能であれば会社設立と同時に、固定電話番号を取得しておくことをおすすめします。

また、こちらは銀行口座になりますが、ジャパンネット銀行の場合は、自社サイトを持っていることが口座開設の条件となります。

あわせて読みたい:
法人口座の話題は今日の経営で

ブログ等でも良いので、自社サイトを開設し、そこに事業内容などを詳しく記載することで、少しでも自分の会社が安全であることをアピールしましょう。

もちろん、詳しい審査内容は非開示となっていますが、JCBカードに関してはここが審査の重要なポイントになっていると私は思っています。

→JCB法人カードの詳細記事はこちらです(年会費は1,250円+税)

Visaという選択肢もある

設立当初は、法人Visaカードの存在を知らなかったのですが、三井住友カードも法人向けクレジットカードを展開しています。ブランドはもちろんVisa。(MasterCardも選べるのでおすすめです)

こちらは、主に従業員が使うための法人カードとして、決算3期目が終わって以降に作ったので、あまりアドバイスはできません。

参照:
【小規模法人】中小企業を経営する私がビジネスカードを導入した理由

三井住友VISA法人カードの審査の流れとしては、

1.最初にWEB申し込みで必要事項を記入する

2.数日後、郵送で申込用紙が届く(必要事項は印字済みなので印鑑などを押すだけ)

3.後日、在籍確認の電話が会社にかかってくる

4.カード発行

という流れでした。
個人向けのクレジットカードなら、WEB完結で即日発行もできますが、法人カードについてはきちんと書面での申し込みと電話による応答が必要となります。

→三井住友ビジネスカードの詳細記事はこちらです(年会費は1,250円+税)

対応が早いアメックスカード

年会費は高いのですが、私が会社設立と同時に申し込んで、一番早く発行できたのが、アメリカンエキスプレスカードです。

  • 外資系は審査が早い
  • 外資系は限度枠が大きい

というのは事前に聞いていた情報ですが、本当に特に問題もなく、法人カードの発行は一番早かったです。また、登録電話番号も携帯電話でOKでした。

会社を設立してから、一番法人カードが欲しかった時に、真っ先に対応してくれたのがアメックスだったので、年会費はかかりますが、私は今でもアメックスを使い続けています。

当時はグリーンカードがあると知らなかったので、私はビジネスゴールドカードを作りましたが、アメックスのビジネスカードにもグリーン(一般カード)があります。

グリーンカードがアメックスの中では一番年会費が安いので、おすすめです。

ただし、アメリカンエキスプレスは利用できる場所が限られるので、ビジネスで法人カードを使っていくのであれば、VisaやJCBなど他のカードブランドも合わせて持っておいたほうが良いと思います。

ビジネスカードの年会費は経費として計上できるので節税に繋がり、実質的な負担にはならないので安心です。

→アメックスビジネスカード(グリーン)の詳細(年会費は12,000円+税)

→アメックスビジネスゴールドカードの詳細(年会費は31,000円+税)

審査に強いアメックス お申し込みはこちら

はじめて法人カードを作る時の審査ポイントと3つの注意点
ページトップへ