Suica定期券の支払いはビューカードがお得って本当?他クレジットカードと比較してみた

B! pocket

Suica定期券の支払い方法

各鉄道会社の定期券は、クレジットカードでも購入できます。

鉄道会社によっては「自社で発行しているクレジットカードのみ支払い可能」という場合もありますが、JR東日本ではSuica定期券、磁気定期券ともにVISA、Mastercard、JCB、American Express、ダイナースクラブカード、Discover、JRカードが利用できます。

JR東日本が発行するクレジットカードには「ビューカード」がありますが、ビューカードを利用せずに、手持ちのクレジットカードで定期券の購入も可能です。

ビューカードには、切符や定期券の購入、チャージなどでポイント3倍というお得な特徴があります。

ただしビューカードによっては、年会費が有料なので、「年会費無料でポイントが多く貯まるクレジットカードで定期券を購入するのと、お得度に差はないのでは?」とも思ってしまいます。

定期券はクレジットカードで支払ったほうが、購入代金ごとにポイントが貯まる分、現金よりも割安になります。

では、その際に使用するクレジットカードは「ビューカード」で本当にお得なのか?について調べてみました。

定期券購入で貯まるポイントを比較

電卓

ビューカードで定期券を購入すると、通常の3倍のポイントが貯まります。

ポイント3倍の対象になるのは、JR東日本の券売機やモバイルSuica、みどりの窓口、びゅうプラサで購入した場合です。

1,000円ごとに15ポイントポイント還元率1.5%)が獲得できます。

クレジットカードのポイント還元率は、0.5%~1.0%が主流のことを考えても、還元率1.5%は大きいです。

ちなみにポイント還元率1.0%以上のクレジットカードになると「高還元クレジットカード」ともいわれます。

たとえばリクルートカードは、年会費無料のクレジットカードのなかでも還元率が1.2%と高く、楽天カードやYahoo! JAPANカードは還元率1.0%のクレジットカードです。

各カードで定期券を購入した場合のポイント付与率は、以下のとおりです。

ビューカード
JRE POINT:1.5%還元
(JR東日本の駅にある券売機やみどりの窓口で購入した場合)

リクルートカード
リクルートポイント:1.2%還元

一般的なクレジットカード(例:楽天カード)
楽天ポイント:1.0%還元

JR東日本の駅で定期券や切符を購入する場合、ビューカードはリクルートカードの0.2%、還元率1.0%のクレジットカードの0.5%分、多くポイントが貯まることがわかります。

実際に定期券の代金を各カードで支払った場合、どれだけ獲得できるポイント数に違いがあるのか、まとめてみました。

定期券の金額 ビューカード リクルートカード 一般的なクレジットカード
3,000円 45ポイント 36ポイント 30ポイント
5,000円 75ポイント 60ポイント 50ポイント
10,000円 150ポイント 120ポイント 100ポイント
15,000円 225ポイント 180ポイント 150ポイント
20,000円 300ポイント 240ポイント 200ポイント
30,000円 450ポイント 360ポイント 300ポイント
35,000円 525ポイント 420ポイント 350ポイント
40,000円 600ポイント 480ポイント 400ポイント
50,000円 750ポイント 600ポイント 500ポイント

ポイントの交換先によって、1ポイントあたりの価値に違いが出ますが、今回は「1ポイント=1円相当」として考えています。

支払い金額が大きければ大きいほど、貯まるポイント数にも差がつきやすいです。

「新宿⇔大宮(埼玉県)」の通勤用定期券は、3ヶ月で約4万円かかります。

ビューカードだと600ポイント、還元率1%のカードだと400ポイントが貯まり、200円も差があります。

「毎月、1杯分のコーヒー代がまかなえる」と考えれば、かなりお得だと感じやすいと思います。もちろん現金払いよりも600円お得なので、1食分のランチ代も簡単に捻出できます。

定期券購入で年会費の元を取るには?

リスク0

ビューカードシリーズのなかで、「ビュー・スイカ」カードは、初年度から年会費がかかりますが、初年度無料のカードもあります。

初年度から有料
・「ビュー・スイカ」カード:477円+税

初年度は無料、2年目以降は有料
・JRE CARD:477円+税
・ビックカメラSuicaカード:477円+税
・ルミネカード:953円+税

※ビックカメラSuicaカードは、前年にクレジット利用が1回でもあれば2年目以降も年会費が無料になります。

年会費の元が取れる利用金額は?

年会費500円 → 年間3.5万円
年会費1,000円 → 年間7万円

※上記の年間利用額は、定期券や切符、SuicaチャージなどJRE POINTが3倍になる対象商品を購入した場合の金額です。

定期券であれば通勤・通学問わず、1年間で3.5万円(月3,000円)以上の利用になると思うので、年会費の回収は難しくないです。

ただし年間3.5万円の利用では、年会費の元は取れますが、年会費無料のクレジットカード(還元率1%)は、同額の支払いで350円分のポイントが貯まっている分、正直「損」です。

年会費の元を取り、還元率1%の年会費無料のクレジットカードよりもお得になるには、年間10.5万円分の利用が必要です。

年間10.5万円の定期券購入で貯まるポイント 年会費 差額
ビューカード 1,575ポイント(1,575円相当) 477円+税(税込524円) 1,051円
クレジットカード(還元率1%) 1,050ポイント(1,050円相当) 無料 1,050円

「定期券だけで年間10.5万円(月8,750円)も使わない…」という人もいるかと思います。

ほかにも乗車券、特急券、回数券、Suicaへの入金(チャージ)、JR東日本国内ツアー予約などを、ビューカードでクレジット決済をするとポイントが3倍になります。

JR東日本を利用して外出する機会が多い人は、持っていて損はありません。

ちなみにルミネカードは、他と比較しても年会費が高めですが「ルミネでの買い物で毎日5%OFF」の優待特典があります。

ルミネで年間2万円以上の買い物をするだけで、年会費の元はしっかり取れます。

ルミネカードを活用するコツについては、下記の記事も参考にどうぞ。

Web明細の利用で年会費が実質無料に

カード利用とWEB明細

クレジットカードの利用明細書を紙ではなく、Web明細にすることで、明細書の発行の度に50円相当のポイントが受け取れます。

毎月1回以上ビューカードを利用していれば、年間で総額600ポイント(600円相当)がもらえるので、年会費分の金額がほとんど回収できます。

年間利用金額に応じてボーナスポイントがもらえる

ポイント還元

ビューカードによっては、クレジットカードの年間利用総額に応じて、ボーナスポイントが受け取れます。

「ビュー・スイカ」カード
30万円:250ポイント
70万円:1,000ポイント(合計1,250ポイント)
100万円:1,500ポイント(合計2,750ポイント)
150万円:2,500ポイント(合計5,250ポイント)

※JRE POINT3倍の対象商品などの金額は対象外です。

ビューカードの定番「ビュー・スイカ」カードについては、下記の記事で詳しく紹介しています。

ほかにもアトレビューSuicaカードでは、商業施設アトレ・アトレヴィで5万円以上の利用JRE POINTを500ポイントのプレゼントが受けられます。

アトレビューSuicaカードに関して詳しく知りたい方は、以下の記事も参考になると思います。

ちなみにアトレビューSuicaカードは新規受付を終了し、2018年7月2日以降はJRE CARDとサービス内容が同じになります。

ただし上記のJRE POINT500ポイントは、引き続き利用できます。

また有効期限が2018年8月のアトレビューSuicaカードから、順次、JRE CARD(Suica定期券付)の更新カードになります。

JRE CARDの券種紹介は、下記の記事で読めます。

JR東日本以外の利用だと還元率が0.5%と低い

下げる

ビューカードは、JR東日本での利用以外はポイント還元率が低いです。

クレジット利用で1,000円ごとに5ポイントが貯まり、ポイント還元率は0.5%とものたりなさを感じます。

そのため、ふだんの買い物やネット通販、公共料金などのカード払いは、還元率が1%以上あるクレジットカードを指定したほうがお得です。

還元率0.5%はPASMO定期券など、他鉄道会社の区間だけの定期券を購入する場合も当てはまります。

東京メトロはTo Me CARD、小田急電鉄はOPカードというように、各鉄道会社の自社カードで支払うのがお得度が高いです。

東京メトロの利用がお得になるクレジットカードの情報は、以下の記事で詳しく紹介しています。

ちなみにJR東日本では「Suica連絡定期券」というJR東日本+私鉄・地下鉄線の定期券を1枚にした定期券があります。

こちらは、JRE POINT3倍の対象になります。

ビューカードを活用するメリット

JRの改札口

高還元率のクレジットカードでも、年会費無料のカードは多く存在するので「新しくビューカードを作らなくても・・・」と思うかもしれません。

ビューカードには、JR東日本のクレジットカードならではの特典が多数あり、ふだんからJR東日本を利用する人にとっては、年会費を払うだけの価値は高いと思います。

モバイルSuicaの年会費が無料に!

モバイルSuica

スマホやケータイでSuica機能が利用できる「モバイルSuica」年会費は954円+税でしたが、2020年2月26日から無料になりました。

モバイルSuicaを利用すれば、スマホ1つで電車やバスに乗れたり、コンビニや飲食店の支払いができたりと、かなり利便性が高いです。

「財布を取り出す手間なく、手に持ったスマホで改札を通りたい」「なるべく財布にカードを入れず、身軽に動きたい」という人も使いやすいです。

オートチャージ機能で残高不足の心配なし

改札を通る

Suicaの残高が設定金額以下になったとき、一定金額が自動的にチャージされます。

オートチャージの利用方法は「SuicaやPASMOエリアの改札の読み取り部に、Suicaをタッチするだけ」です。

毎回、設定した金額以上がSuicaにチャージされている状態なので、残高不足で改札前で止められる心配がなく、定期的に券売機やコンビニでチャージしたりする必要もありません。

Suicaのオートチャージ機能は、いろいろなカードや携帯機器で使えますが、いずれも支払い用クレジットカードに「ビューカード」を登録しないと利用できません。

  • Suica定期券やMy Suicaなど
  • Suica機能付きクレジットカード
  • モバイルSuica
  • Apple Pay

ちなみに無記名Suicaでは、オートチャージが利用できないので注意してください。

ビューカードでは、申し込み時に「オートチャージサービスを利用する」を選択すると「1,000円以下になると3,000円がチャージされる」設定になったカードが届きます。

オートチャージの設定金額の変更や停止をしたい際は、駅のATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」で手続きします。

モバイルSuicaやApple Payは、アプリから手続きをすればOKです。

結論:定期券の支払い以外にも活用すればお得

JR東日本が発行するクレジットカード「ビューカード」には、年会費がかかるものもあります。

そのため「定期券の購入だけにビューカードを利用する」だと、年間10.5万円以上の支払いをしないと、年会費無料のクレジットカード(還元率1%)よりもお得になりません。

ただしビューカードには、オートチャージが使えたり、定期券の購入やSuicaチャージでポイント3倍などの強力な特典がついています。

「オートチャージが使えるのは、ビューカードだけ」と考えれば、持つべき価値は高いです。

ビューカードのなかには初年度の年会費は無料になるカードが多数あるので、まずは1年間利用してみて、継続するかどうかを考えてみてください。

ちなみにビックカメラSuicaカードは、2年目以降も前年にクレジット利用が1回でもあれば翌年の年会費無料になるので、ビューカード初心者でも持ちやすいと思います。

関連リンク

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
クレジットカード広場の執筆者・現管理人。クレジットカード利用歴は10年以上になりました。知れば知るほど奥深いクレジットカードの魅力や危険性を、多くの人に理解してもらうため、日々勉強中です。

より良い情報をお届けするため、疾風 KAI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

いま人気のクレカはこれ!