審査難易度や限度額など、三井住友カード ゴールドの情報まとめ

B! pocket

三井住友カード ゴールド

クレジットカードを作成するうえで気になる取得難易度や、限度額を中心に、三井住友カード ゴールドの特徴についてまとめてみました。

三井住友カードゴールドは定番のゴールドカードだけあって、限度額や審査、年会費も含め、ベンチマークになる一枚だと思います。

審査難易度は低い

三井住友ゴールカードの審査は、比較的簡単に通過できます。
入会資格は「原則として満30歳以上で、本人に安定継続収入のある人」と定められています。

しかし、口コミによると一般の三井住友カードを使っていると、「20代の後半なのに、ゴールドカードへのアップグレードのインビテーション(招待状)が届いた」との声もあります。

三井住友は、20代限定の「三井住友カード プライムゴールド」を発行しています。

三井住友カード プライムゴールドのほうがお得感は大きいので、特にこだわりがなければ20代のうちはプライムゴールドをおすすめします。

申し込み条件を満たしており、支払いの遅延などがなければ、審査に落ちることはほとんどありません。

限度額は平均的

三井住友カード ゴールドの利用限度額は、50~200万円となっています。
ゴールドカードの限度額は、基本的に50~200万円ぐらいが相場です。三井住友カード ゴールドの利用限度額は、平均的といえます。

また一般の三井住友カードは、公式には10~80万円までの限度額です。ただし利用者の意見によると、一般カードでも最大150万円まで限度額を引き上げられるようです。

もし毎月150万円以上クレジットカードを利用するなら、一般カードでは限度額がたりないので、ゴールドカードにアップする必要があります。

しかし、一般カードでも一時的な利用額の増枠には対応してもらえます。現実的に「限度額不足でゴールドカードに変更する」という人は、少ないと思います。

年会費や保険はどうなのか?

年会費は1万円+税です。「WEB明細書+マイ・ペイすリボコース」を選ぶと年会費は4,000円+税に優遇されます。

※2021年2月お支払分より、優遇条件が「マイ・ペイすリボへの登録」「年1回以上のリボ払い手数料の支払いがある」の両方の条件を満たした場合に限られることになりました。

また、ネットからの申し込みに限り初年度無料で使えます。ゴールドカードといっても年会費が高すぎることはなく、持ちやすいカードだと思います。

三井住友のライバルクレジットカードとして人気の、JCBゴールドカードと比較すると、「オンライン入会で初年度無料」という点は同じです。

しかし、JCBゴールドカードは年会費の割引はしていません。割引条件のある三井住友カード ゴールドのほうが、実質的には半額以下の維持費で保有できてお得です。

旅行保険やショッピング保険については、

  • 国内・海外旅行保険が最大5,000万円(三井住友)
  • 国内旅行保険が最大5,000万円・海外は最大1億円(JCB)
  • ショッピング保険が最大300万円(三井住友)
  • ショッピング保険が最大500万円(JCB)

となっており、少し違いがあります。

JCBゴールドカードは、海外旅行の費用や航空機のチケットをクレジットカードで支払った場合に限り、海外旅行保険が最大1億円になります。三井住友ゴールドはその点については、やや劣勢です。

どちらも定番のゴールドカード

ゴールドカードのはじめての一枚として、三井住友カード ゴールドや、JCBゴールドカードは持ちやすいと思います。

どちらもカードデザインが洗練され、単純に見た目がカッコいいです。財布の中に一枚入れておくだけでも、毎日のお会計が楽しくなります。

利用可能な店舗や、使用できる電子マネーの種類の多さや普及率を考えると、三井住友カード ゴールドのほうがメリットが大きいです。しかしJCBは国産のカードブランドなので、その点からJCBを好んで使う方も多いです。

この辺りについては、個人の好みによってわかれると思います。

別のカードと比較してみる

JCBオリジナルシリーズ

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「ゴールドカードな俺」初代管理人です。私は過去に、ゴールドカードを少なくとも3枚以上は所持していたことがあります。財布の中できれいに輝くゴールドカードの良い点・悪い点、わかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、疾風KAI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事