審査難易度や限度額など、三井住友VISAゴールドカードの情報まとめ

得するカードの使い方

三井住友VISAゴールドカード

クレジットカードを作る上で気になる取得難易度や限度額を中心に、三井住友VISAゴールドカードの特徴についてまとめてみました。

定番のゴールドカードだけあって、限度額や審査、年会費も含め、ベンチマークになる一枚だと思います。

審査難易度は低い

三井住友VISAゴールカードの審査は、比較的簡単に通過できます。
入会資格として「原則として満30歳以上で、本人に安定継続収入のある人」と定められています。

しかし、口コミによると一般の三井住友VISAカードを使っていると、20代の後半なのにゴールドカードのアップグレードのインビテーション(招待状)が届いたとの声も多いです。

もっとも、三井住友は20代限定の「三井住友VISAプライムゴールドカード」を発行しています。

三井住友VISAプライムゴールドカードの方がお得感は大きいので、こだわりがなければ20代のうちはプライムゴールドを選択することをおすすめします。

申込条件を満たしており、支払いの遅延などがなければ審査に落ちることはほとんどありません。

限度額は大きめ

クレジットカードの利用限度額は70万円~200万円となっています。
ゴールドカードは基本的に50万円~200万円ぐらいが限度額の相場なので、三井住友VISAゴールドカードの利用限度額はやや大きめだと言えます。

しかし、三井住友VISA一般カードは、公式には10万円~100万円までの限度額だと発表されていますが、利用者の意見によると、一般カードでも最大150万円までは限度額を引き上げることができます。

もしあなたが毎月150万円以上クレジットカードを利用するのであれば、一般カードでは限度額が足りないので、ゴールドカードにアップする必要があります。

しかし、一般カードでも一時増枠には対応してもらえるので、現実的に限度額が足りないから渋々ゴールドカードに変更する。という人は少ないと思います。

年会費や保険はどうなのか?

年会費は1万円+税ですが、「WEB明細書+マイ・ペイすリボコース」を選ぶと年会費は4,000円+税に優遇されます。

また、ネットからの申し込みに限り初年度無料で使えるので、ゴールドカードと言っても年会費が高すぎることはなく、持ちやすいカードだと思います。

三井住友のライバルクレジットカードとして人気の、JCBゴールドカードと比較すると、初年度無料である点は同じです。

しかし、JCBゴールドカードは年会費の割引はおこなっていないため、割引条件のある三井住友VISAゴールドカードの方が、実質的には半額以下の維持費で保有することが可能です。

旅行保険やショッピング保険についても、

  • 国内・海外旅行保険が最大5,000万円
  • ショッピング保険が最大300万円

となっており、同じです。
しかし、JCBゴールドカードは海外旅行の費用や航空機のチケットをクレジットカードで支払った場合に限り、海外旅行保険が最大1億円となるので、三井住友ゴールドはやや劣勢です。

どちらも定番のゴールドカード

いかがでしたか?
ゴールドカードはじめての一枚として、三井住友VISAゴールドカードやJCBゴールドカードは持ちやすいと思います。

どちらもカードデザインが洗練されており、単純にカッコいいので、財布の中に一枚入れておくだけでも、毎日のお会計が楽しくなります。

利用可能な店舗や電子マネーの普及率を考えると、三井住友VISAゴールドカードの方が強いのですが、JCBは国産のカードブランドであることから、JCBを好んで使う方も多いです。
この辺りについては、個人の好みによって分かれると思います。