徹底検証!ゴールドカードの取得に必要な年収はどれくらい?

B! pocket

サラリーマン

最近でこそハードルは低くなり、比較的多くの人がゴールドカードを持っています。しかし、クレジットカードの一般カードと違い、ゴールドカードを入手するには、相応の審査に通らなければなりません。

では、ゴールドカードの取得に必要な年収はどれくらいなのでしょうか?

昔は年収500万が必要だった時代も

ゴールドカードの取得には年収500万円以上が必要」といわれていたのは、もう昔の話です。

なぜなら、近年はプラチナカードやブラックカードゴールドも登場し、ゴールドカードの発行枚数も増加しています。

「ゴールドカードの発行枚数が増える」というのは、その価値が低下しているということです。
昔はプレミアム感があったゴールドカードも、徐々に一般化し、多くの人に愛用されるカードになってきているのです。

これには良い面も悪い面もあると思いますが、年収が500万円以上なくても、入手しやすい時代になったといえます。

TRUST CLUB ゴールドカードは年収400万円

TRUST CLUBが発行するVISAカード「TRUST CLUB ゴールドカード」は、申し込み条件にハッキリと「年収400万円以上の方」と書かれています。

最近では非常に珍しい事例なのですが、少なくともTRUST CLUB ゴールドカードは、年収400万円以上でなければ取得できません。

数あるゴールドカードのなかでも、TRUST CLUBはステータスが高いといわれています。
よって、三井住友カード ゴールドや、JCBゴールドカードなどの一般的なゴールドカード取得に必要な年収はもう少し低いはずです。

TRUST CLUBが400万円なので、年収300万円ぐらいあれば十分発行見込みがあると思います。

20代限定のヤングゴールドも登場

ゴールドカードは通常、30歳以上の人しか申し込めないクレジットカードです。
最近では、三井住友カードJCBから20代限定のゴールドカードも登場しました。

20代の方で定職についている方は、ほとんどの人が年収200万円程度だと思います。
よって、20代限定のゴールドカードの場合、年収200万円あれば十分でしょう。

ちなみに、ヤングゴールドカードを持っている20代の人が30代になると、更新年に自動的に通常のゴールドカードに切り替わります。

つまり、20代のときに三井住友カード プライムゴールドなどを取得しておけば、その後無職になろうが、年収200万円のままだろうが、30歳をすぎた最初の更新年で、通常の三井住友カード ゴールドが取得できるのです。

平均年収から推測する

多くのカード会社では、ゴールドカードの申し込み条件に「満30歳以上」と記載されています。昔のように年収による表記はほとんどなくなりましたが、原則としてゴールドカードは30代の人が持つカードというスタンスは変わっていないようです。

そこで、2012年の30代前半の平均年収を調べてみました。

  • 男性:431万円
  • 女性:291万円
  • 平均:382万円

が、30代前半の平均年収となっています。
これらのデータからも、上記で紹介した、TRUST CLUB ゴールドカードの申し込み条件と同じように「年収300~400万円」がひとつの基準になると思います。

もっとも、20代限定のヤングゴールドなら、年収に限らず定職についてさえいればOKという風潮がありますし、ヤングゴールドホルダーが30歳になると、更新年に自動的に通常のゴールドカードに切り替わります。

個人的には、ゴールドカードの取得には年収よりも、「しっかりと定職についているか?」が重要だと思います。

取得しやすいおすすめカード

最後に、年収が低くても取得しやすいゴールドカードを紹介します。
これはクレジットカード情報サイトを運営しているなかで、独自の調査を元に入手した情報です。「年収は足りないがとにかくゴールドカードがほしい」という方は、以下の5枚をおすすめします。

NTTグループカードゴールド
NTTが発行するゴールドカードで人気が高い。ゴールドカードのなかでも唯一、条件によって年会費無料で使うことができ、取得しやすいことで有名。

ゴールドカードセゾン
セゾンが独自に発行するゴールドカード。VISA、MASTER、JCBから好きなカードブランドを選択可能。基本的にセゾンカードは審査に通過しやすい。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンとアメックスによる提携カード。セゾンのゴールドカードといえば、こちらのほうが圧倒的に有名でおすすめ度も高い。通常のアメックスゴールドよりも年会費が安い。

楽天プレミアムカード
定番のクレジットカード、楽天カードのゴールドカード。ポイント還元率が高い。
楽天プレミアムカードは、全体的に審査に通りやすいといわれているが、高年収でも審査に落ちた報告も少なくない。「謎審査」といわれている。

三井住友カード ゴールド
三井住友カード ゴールドも比較的入手しやすいカードとして有名。
支払遅延などがなく、キチンと定職についていればほとんどの人が審査に通過できると思う。

関連記事はこちら

JCBオリジナルシリーズ

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「ゴールドカードな俺」初代管理人です。私は過去に、ゴールドカードを少なくとも3枚以上は所持していたことがあります。財布の中できれいに輝くゴールドカードの良い点・悪い点、わかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、疾風KAI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

人気の記事