イオンゴールドカードを手に入れる方法!取得条件や年会費を一挙公開

得するカードの使い方

イオンゴールドカード

イオンゴールドカード」は、その存在があまり知られていないプレミア度の高いゴールドカードです。

このゴールドカードの凄さは、なんといっても「年会費永年無料」であることです。年会費完全無料で使えるゴールドカードは、実はイオンゴールドカードだけなので、ぜひとも入手しておきたい貴重な一枚となっています。

しかしながら、イオンゴールドカードの取得条件は、完全招待制となっています。誰でも簡単に入手できるものではなく、招待状(インビテーション)を受け取った限られた人だけが持てるカードです。

このページでは、イオンゴールドカードの取得条件(招待状の受け取り方)や年会費などの特徴についてまとめました。

年会費無料のゴールドカード

年会費無料

基本的に、ゴールドカードは年会費が有料です。利用条件に応じて年会費無料となるカードもまれに存在しますが、「年会費永年無料」で使えるのは、数あるカードの中でも、イオンゴールドカードだけとなっています。

ちなみに、一般カードの「イオンカード(WAON一体型)」や「イオンカードセレクト」も年会費無料です。

つまり、イオンカードを使うなら、ゴールドカードへのアップグレードを目指した方が絶対にお得だということです。

イオンゴールドカードの取得条件を全公開

笑顔の女性

イオンゴールドカードは直接申し込みができません

唯一の年会費無料ゴールドカードにして、唯一の直接申し込みができないゴールドカードでもあるのです。だからこそ、プレミアム感のある、狙う価値があるカードと言えます。

イオンカードの公式サイトには、取得条件に「※イオンゴールドカードは一定の基準を満たしたお客様に発行させていただいております」と書かれています。

入手するには、イオンからのインビテーション(招待)の手紙が贈られてくるのを待つしかありません。まずは、通常のイオンカードを使い倒すことが、ゴールドカード取得の条件となります。

また、現時点で100%有効とは言えないものの、以前はイオンゴールドカードへのアップグレード条件が、すべて公開されていましたので、その内容をまとめます。

クレジットカード利用金額が年間100万円以上

クレジットカード支払い

イオンゴールドカードの取得条件として最も一般的なのは、とにかくクレジットカードを使い倒すことです。

ネットの情報によると、年間100万円以上、イオンカードもしくはイオンカードセレクトを使うと、条件クリアとなり、ゴールドカードへのアップグレード通知が届くそうです。

年間100万円と言うとハードルが高いように思うかもしれませんが、すべての支払いをイオンカードにまとめると、意外と突破できるものです。

一度ゴールドカードに格上げしてしまえば、あとは使わなくてもダウングレードされる心配はありません。

住宅ローンを利用する

住宅ローン

イオン銀行の住宅ローンを契約すると、イオンゴールドカードを発行してくれます。
ネット銀行であるイオン銀行の住宅ローンは、業界最低水準の金利を提供しているため、新規申し込みだけでなく、借り換えをする人にも人気が高いローンです。

保証料0円、一部繰上返済手数料も0円で、さらにイオン銀行の振込手数料が毎月3回まで実質無料という特典もあり、お得です。

定期預金残高が100万円以上

定期預金

イオン銀行で100万円以上の定期預金を組んだ場合も、ゴールドカード発行の対象となります。
定期預金金利は決して高くありませんが、とりあえずまとまったお金を運用したい場合は、ゴールドカード狙いでイオン銀行の定期を考えてみても良いかもしれません。

投資信託残高のある人

ネット銀行「イオン銀行」では、定期預金以外にも、さまざまな金融商品を取り扱っています。
その代表例が投資信託です。

昔は、1万円でも投資信託を購入すればゴールドカードを作ってくれたようですが、最近はさすがに1万円の投信購入でゴールドが取得できるかどうかは微妙です。

投資信託は資産運用の代表格ですが、元本割れも平気で生じてしまうので、よく考えてから購入を検討しましょう。

個人年金保険を契約している

将来に備えて個人年金保険を考えている場合、イオン銀行で契約すると、ゴールドカードの対象となります。

これらも含めて、原則として「イオン銀行と一定の取引をすること」がイオンゴールドカード発行の条件になっているケースが多いみたいです。

ついにイオンが取得条件を公開

パソコンを見る女性

2016年9月現在、イオンカードが公式に取得条件を発表しています。やはり、年間100万円以上のイオンカード利用が確実な取得条件となります。

直近年間カードショッピング100万円以上の方に発行しております。(※)

では、イオンゴールドカードを入手するとどのようなメリットがあるのか。

イオンラウンジや羽田空港の空港ラウンジが無料で利用できるなど、年会費無料とは思えないほどの特典が期待できます。

イオンカードの詳しい特典については、下記のページで明らかにしています。

まとめ

カードショッピングを年間100万円以上使うという条件を除いて、今回紹介した条件が現在も有効かどうかはわかりません。しかし、以前はこれらの条件を1つでも満たしていればゴールドカードを発行してもらえました。

住宅ローンや定期預金を組む場合は、イオン銀行のキャッシュカード一体型となる「イオンカードセレクト」を選択するのがおすすめです。

イオンカードセレクトとは?

  • 年会費無料のクレジットカード
  • イオン銀行のキャッシュカード
  • イオングループの優待カード
  • 電子マネーWAONカード

これら4役が1枚にまとめられたカードです。

イオンカードセレクトは年会費無料で利用でき、「普通預金の金利の優遇」などのあらゆる特典を1枚のカードに集約できるからです。