空港ラウンジやポイント還元も!JCBゴールドカードのメリットとは?

B! pocket

JCBゴールドカード

ゴールドカードのなかでも、定番の一枚といえば「JCBゴールドカード」です。年会費や特典を含むすべてにおいて、標準的なサービスを提供しています。

よくも悪くも「このゴールドカードを選んでおけば間違いない」という、安心の一枚です。また、JCBゴールドカードには、さらに上位のJCB THE CLASS(ブラックカード)が存在します。

まずはゴールドカードで実績を積み、上位のクレジットカードを狙う楽しみもあります。

JCBゴールドカードが持つメリットとは

JCBゴールドカードは、特に目立ってすごい特典があるわけではありません。しかし、ゴールドカードとしての基本特典はキッチリ押さえているので、生活がより楽しくなるようなサービスが充実しています。

提携店舗の多いポイント還元サービス

ORIGINAL SERIESパートナー

JCBゴールドカードは、「JCB ORIGINAL SERIES」という、JCBカードのなかでも歴史のある、フラッグシップモデルです。

同社は提携カードを多数発行していますが、「JCBカード」といえば、このORIGINAL SERIESを指します。

通常、JCBカードは利用金額1,000円ごとに1Oki Dokiポイントが貯まります(1ポイントの価値は約5円なので還元率は0.5%)。

それに加えて、JCBゴールドカードなら「ORIGINAL SERIESパートナー」店舗での利用による、還元率UPのメリットがあります。

この、ORIGINAL SERIESパートナーがかなりすごいんです。

■ポイントが2倍になるお店(還元率1.0%)
出光昭和シェル、ニッポンレンタカーなど

■ポイントが3倍になるお店(還元率1.5%)
セブンイレブン、高島屋、Amazon.co.jpなど

■ポイントが10倍になるお店(還元率5.0%)
スターバックス(チャージなど条件あり)

また、JCBゴールドカードは東京ディズニーリゾートでも威力を発揮します。ディズニーのホテルを予約したり、東京ディズニーリゾートへのパッケージプランを、JCBトラベルを通じて予約すると、もらえるポイントが7倍になります。

還元率でいうと3.5%、非常に大きいです。
また、後述するJCB THE CLASSを入手した場合、ディズニー関連の特典がさらに充実します。ブラックカードだけが持つディズニー特典、入手への近道はやはり「ORIGINAL SERIES」を使うことなのです。

一見、ポイント還元率はあまり高くないように見えます。しかし、上記のORIGINAL SERIESパートナー店舗での利用を考えると、JCBゴールドカードのポイント還元率はあなどれません。

国内外の空港ラウンジが利用可能

空港ラウンジ

JCBゴールドカードでは、国内の主要空港に設置された空港ラウンジ、そしてハワイ・ホノルルにあるダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジが利用できます。

フライトまでの時間を空港のロビーですごしてもよいのですが、空港ラウンジに行くとゆっくりとくつろげます。また、旅行がより楽しくなると思います。

私もクレジットカードを使って、空港ラウンジを利用する機会が多いです。各空港によって設備が異なっていたりするので、空港ラウンジの雰囲気を楽しむのも、旅行の楽しみの一つになっています。

空港ラウンジでは、ソフトドリンクが飲み放題です。また、携帯の充電設備(電源)や無料Wi-Fi、雑誌類も完備されています。場所によっては飲食コーナーも用意されており、サンドウィッチなどが食べられるところも・・・。

空港ラウンジの利用はもちろん無料、JCBゴールドカードを提示するだけでOKです。

ディズニーデザインカードも

東京ディズニーリゾートのオフィシャルクレジットカードとして、提携関係が強いJCBカード。JCBゴールドカードにも、ディズニーデザインカードが存在します。

特典や機能などはまったく同じで、通常のJCBゴールドカードと変わりません。あくまでもデザインがディズニーという、通常のゴールドカードです。

しかし、ディズニー好きとしては、やはりミッキーマウスのデザインカードは押さえておきたいところ。クレジットカードは有効期限が切れると、カードの返却は不要です。

よって、ディズニーデザインカードの有効期限が切れても、ずっとコレクションとして手元に残せるのです。

上位クラスのクレジットカード取得をめざす

アップグレード

あまり知られていない情報に、JCBゴールドカードには、さらに上位グレードのカードが存在します。それが、JCBの最上位ブラックカードの「THE CLASS」であり、またゴールドカードの次に上位の「JCBゴールド ザ・プレミア」になります。

JCBゴールド ザ・プレミアは、通常のJCBゴールドカードをさらにパワーアップさせたものです。年会費も1.5倍ですが、より洗練されたクールなデザイン、そして提携ホテルの優待などが追加されています。

個人的に嬉しいと思ったのが、世界148ヵ国1,300ヵ所以上の空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」が、無料で発行できる特典です。本来なら年会費が5万円近くもするサービスなので、実質的にはこれだけで年会費の元が取れます。

私もプライオリティ・パスをよく使うのですが、ファーストクラス専用のラウンジが普通に使えたりするので、非常にオススメです(チケットクラスはエコノミーでも、ファーストクラス用のラウンジに入れたりします)。

JCBゴールド ザ・プレミアは、自分で申し込めません。JCBカードからの招待(インビテーション)をもらう必要があります。その取得条件は明確に決まっています。

①JCBゴールドカード(ORIGINAL SERIES)を持っている
②JCBゴールドのショッピング利用金額が2年連続で100万円(税込)以上
③MyJCBからのメールを受信できるようにEメールアドレスを登録

簡単にいうと、2年連続で年間100万円(税込)以上クレジットカードを使えば、招待通知が届きます。

また、JCBゴールド ザ・プレミアの取得対象カードは、JCBゴールドだけです。ほかの提携カードでは、どれだけカードで支払いをしても、JCBゴールド ザ・プレミアへのアップグレードは届きません。

そして、そこからさらに上位になるのが、JCBの最上位カード「JCB THE CLASS(ザ・クラス)」です。

JCBのブラックカードともいわれる「ザ・クラス」は、入手が非常に難しいカードです。しかし、JCBゴールドカードを使い続けること、そしてJCBゴールド ザ・プレミアを使い続けることがアップグレードへの近道であることは、いうまでもありません。

JCBザ・クラスは、年会費が5万円+税となり、通常のゴールドカードと比べると非常に高いです。しかし、多くの人が年会費以上の価値があると感じるプレミア中のプレミアカードです。

JCBを代表する一枚

年会費の安さや、ポイント還元率にこだわってクレジットカードを選ぶのもよいと思います。

しかし、クレジットカードのデザインやステータス、長い歴史が培ってきたブランドも含めて考えると、JCBゴールドカードは非常にメリットのあるクレジットカードだと思います。

JCBを代表するクレジットカード。
サイフの中に一枚入っていると、すごくカッコイイと私は思います。


詳細記事はこちら
JCBゴールドカード

関連記事はこちら

JCBオリジナルシリーズ

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「ゴールドカードな俺」初代管理人です。私は過去に、ゴールドカードを少なくとも3枚以上は所持していたことがあります。財布の中できれいに輝くゴールドカードの良い点・悪い点、わかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、疾風KAI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

人気の記事