三井住友カード プライムゴールド

B! pocket

三井住友カード プライムゴールド

三井住友カード プライムゴールドは、20代だけが持てる三井住友カードのヤングゴールドカードです。

三井住友カード ゴールドは、対象年齢が30歳以上となっており、原則、20代は持てません。

30歳にならなくても、20代からでも持てるゴールドカードが、三井住友カード プライムゴールドです。

スタンダードカードの三井住友カードと比べて、特典・サービスが大幅にアップしています。

空港ラウンジの利用もでき、旅行時にも力を発揮します。

入会資格は、満20歳以上30歳未満で、安定収入のある人です。

20代専用のヤングゴールドカードなので、年会費や審査基準はそれほど高くなく、気軽に持てる一枚です。

三井住友カード プライムゴールド会員は、満30歳になってから最初のカード更新時に、三井住友カード ゴールドに切り替わります

「将来的にゴールドカードを手に入れたい」と考えている方は、今のうちにプライムゴールドを所有すると、比較的容易にゴールドカードを手に入れられます。

三井住友カード プライムゴールドは、誰でも初年度年会費無料で使えます。

(ネットからの申込みなら、最短翌営業日のスピード発行です)

お申込みはこちら(初年度年会費無料)

三井住友カード プライムゴールドの特典

個人的には、非常にコストパフォーマンスの高いクレジットカードだと思います。

私の友人でも、ゴールドカードを持っている人はほとんど見たことがありません。

20代でゴールドカードを持っていると、「仕事ができる」「ほかの人とは違う」という印象を与えられます。

年会費は実質1,650円まで下げられる

ゴールドカードとしての特典やサービスは充実していますが、20代限定カードなので、年会費はかなり抑えられています。

三井住友カード プライムゴールドの年会費は、5,500円です。

三井住友カード ゴールドの年会費の半額と安く、さらに条件を満たすと年会費の割引が受けられます。

各種割引を活用すれば実質1,650円で、三井住友カード プライムゴールドを持てます。

  • WEB明細書コースの選択:1,100円割引
  • マイ・ペイすリボに登録・年1回以上のカード利用:2,750円割引
  • 両方を適用:年会費1,650円に

2021年2月の支払い分から、年会費が割引になる特典条件が、「マイ・ペイすリボへの登録&年1回以上のリボ払い手数料の支払い」になります。

どなたでも、プライムゴールドを初年度年会費無料で持てます。

1年間お試しで使ってみて、それから継続するかどうかを決めてもよいと思います。

カードデザインはゴールドカードとほぼ同じ

三井住友カード ゴールド

見た目だけでなく、特典においても通常のゴールドカードとまったく同じサービスが提供されます(唯一、毎月送付される会報誌「VISA」がつかないだけ)。

限度額は、通常のゴールドカードと同じく上限は200万円、下限は50万円に設定されています。

全国の空港ラウンジが利用可能

羽田空港ラウンジ

三井住友カード プライムゴールドでは、全国28ヵ所に設置された空港ラウンジを無料で利用できます。

一般の方々が入ることができない空港ラウンジに20代で入れると、カッコいいですよね。

空港ラウンジでは、ソフトドリンクやWi-Fiが無料で利用できます。

有料サービスになりますが、アルコールの販売があったり、ビジネスで活用できるFAX送信などの設備も整っていたりします。

空港のロビーで待ち時間をすごすとガヤガヤしていますし、イスも固いです。

空港ラウンジなら、ゆっくりと快適な空間でソファに座り、温かいコーヒーを飲みながら、フライトまでの時間をすごせます。

最高5,000万円の旅行保険を完備

飛行機

三井住友プライムゴールドでは、ヤングゴールドカードならではの充実した保険が付帯しています。

国内旅行・海外旅行保険

補償額は最高5,000万円です(1,000万円は自動付帯、4,000万円は利用付帯)。

家族も保険の対象となる、家族特約もついています。

旅行時の病気やケガ、携行品の損害なども含めてしっかりとカバーしてくれるのは、三井住友カード プライムゴールドならではの特典です。

私の友人は海外旅行に行くことが多いのですが、「海外でケガや風邪をひいても、1円も支払ったことがない」と言います。

なぜなら、海外で発生した医療費はすべてクレジットカードの旅行保険でまかなっているからです。

特に海外旅行や出張の機会が多い方は、万が一のときの補償が手厚い旅行保険がついたクレジットカードの利用をおすすめします。

ショッピング保険(年間300万円)

三井住友カード プライムゴールドを使って購入した商品が万が一、破損や盗難の被害にあった場合、年間300万円まで補償が受けられます

保険関係は、国内最大規模の三井住友海上火災保険が請け負っています。

大手保険会社との連携も、三井住友カードならではの強みといえます。

ゴールドカード専用デスクを利用可能

オペレーター

限度額の引き上げ申請やトラブル発生時など、カード会社のサポートデスクに電話をする機会は意外と多いです。

しかし、よくある問題として「サポートに電話をかけても、なかなか繋がらない」ことがあります。

混み合っている時間帯だと、平気で15分、30分と待たされてしまい、貴重な時間がムダになります。

プライムゴールドでは、一般カードとは別回線となる「ゴールドカード専用デスク」がサポートを担当するので、電話がスムーズに繋がります(通話無料)

いざというときに、電話がすぐ通じるのは、想像以上にありがたいサービスです。

使うほど貯まるワールドプレゼント

ポイント還元

三井住友カードでは、ポイントサービスとして「ワールドプレゼント」を展開しています。

カード利用で貯まるワールドプレゼントは、通常1,000円ごとに1ポイントです。

リボ払いならポイント2倍、三井住友カードが運営する「ポイントUPモール」を経由して買い物をすると、ポイントが最大20倍になります。

ただし、リボ払いは、得られるポイントよりもリボ払い手数料のほうが割高になるので、ポイントアップ目的での利用はおすすめできません。

ポイントが最大20倍になる「ポイントUPモール」では、楽天やAmazon、ヤフーショッピングなど、大手ネットショッピングサイトが多数参加しています。

私のおすすめは、旅行予約サイトの「エクスペディア」です。

ポイントUPモールを経由してエクスペディアにアクセスし、プライムゴールドで旅行代金の支払いをすると、8倍のポイントアップが見込めます。

ワールドプレゼントは、1ポイントあたり5円相当として、他社ポイントサービスやカタログギフトなどと交換できます(ポイント還元率は0.5%)。

ワールドプレゼントの代表的な交換先
1ポイント→5ポイント
楽天ポイント、dポイント、自治体ポイント
1ポイント→4ポイント
Tポイント、nanacoポイント、Pontaポイント、楽天Edy

ワールドプレゼントの使いみちとして、おすすめなのはiDバリューとの交換です。

三井住友カード プライムゴールドには、後払い型電子マネーの「iD」が利用できます。

支払いの際に、読み取り端末にカードをかざして支払いができるほか、iPhone7以降の機種であればApple Payに登録して、おサイフケータイとしても使えます

iDバリューは1ポイント=5円として、電子マネーiD利用額の請求に対して値引きが受けられます。

実質的にクレジットカード利用額の値引きができるため、使い勝手に優れています。

ワールドプレゼントの有効期限は通常2年間です。プライムゴールドカード会員も同じく2年間になります。

3種類の電子マネーに対応

電子マネー

三井住友カード プライムゴールドでは、3種類の電子マネーに対応しています。

  • iD:NTTドコモが展開する電子マネー、後払い利用が主
  • WAON:イオングループのプリペイド型電子マネー
  • PiTaPa:関西エリアを中心に使える後払い型交通系ICカード・電子マネー

後払い型電子マネー「iD」は、専用カード、おさいふケータイ、クレジットカード一体型の3種類から好きなタイプが選べます。

iPhone7以降の機種をお持ちならば、Walletアプリにカード情報を登録すると、iPhoneでiD支払いもできます。

おサイフケータイに非対応機種の方でも、クレジット一体型や専用カードを選べば、iDによる電子マネーでの支払いが可能です。

WAONとPiTaPaについては、それぞれ専用カードを発行して利用します。

30歳以降はゴールドカードにアップデート

プレミアムグルメ・クーポン

プライムゴールド会員は、30歳になったあとの最初のカード更新時に、自動的に三井住友カード ゴールドにアップグレードされます。

本来、入会審査が必要となる三井住友ゴールドカードですが、プライムゴールドカードを所有していれば、ゴールドカードに切り替えられます(審査あり)。

さらに、アップグレード時に、2つのプレゼントが受け取れます。

継続サンクスポイント
ワールドプレゼント500ポイント(約2,500円相当)
プレミアムグルメ・クーポン
対象の一流レストランを2名以上で利用した場合に、1名分が無料になる
30歳の記念に、家族や大切な人と一緒に一流レストランでの食事を、実質半額で楽しめる。

お申込みはこちら(初年度年会費無料)

VISAとMastercardの2枚持ちも可能

VISA・MASTER

三井住友カードはVISAブランドのイメージが強いですが、Mastercardブランドも選べます。

三井住友カードは圧倒的にVISAに力を入れており、国内外での普及率の高さも考慮すると、「Mastercardブランドで欲しい」という理由がない限り、VISAブランドの利用をおすすめします。

VISA・Mastercardの2枚持ちも可能です。その場合の年会費は、2枚めの1,100円とあわせて、合計で6,600円になります。

20代なら必ず持つべきヤングゴールドカード

管理人の評価

個人的には、かなりおすすめしたい一枚です。

「ゴールドカードに興味のある20代なら絶対に持つべき」と言いたいほど、コストパフォーマンスに優れたカードスペックとなっています。

三井住友カード プライムゴールドは、将来の優良顧客を囲い込む、または30代以降にゴールドカードを継続保有してもらうことを目的に、20代に対して大サービスしているヤングゴールドカードです。

旅行保険や空港ラウンジなど、通常の三井住友ゴールドカードと同じ特典を提供していながら、実質的な年会費1,650円は考えられないほど安いです。

ちなみに、さらにワンランク上の「三井住友カード プラチナ」の特典には、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)での優待特典が用意されています。

プラチナカードの取得を目指して、三井住友カード プライムゴールドから始める人も少なくありません。

カードデザインも非常にカッコよく、30代になった将来の自分の成長を見据えて、一枚持っていても良いと思います。

お申込みはこちら(ネット限定 初年度無料)

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「ゴールドカードな俺」初代管理人です。私は過去に、ゴールドカードを少なくとも3枚以上は所持していたことがあります。財布の中できれいに輝くゴールドカードの良い点・悪い点、わかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、昼時かをる がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事