JCB GOLD EXTAGE

ゴールドカード一覧

JCB GOLD EXTAGE

20代限定のゴールドカード「JCB GOLD EXTAGE(ゴールドエクステージ)」は、通常のJCBゴールドに負けない特典やサービスを提供しながらも、年会費を引き下げたコストパフォーマンスの高いカードです。

年会費は3,000円+税(初年度無料)で、通常のJCB GOLDの3分の1の年会費となっています。(家族会員は1名無料、2名以降は1,000円+税)

申込み資格は「20歳以上29歳以下で、ご本人に安定継続収入のある方」となっており、30歳以上の方は対象外です。

JCBゴールドエクステージの特徴

20代限定のゴールドエクステージは、将来的にJCBゴールドカードの顧客になってもらうための、囲い込みの位置づけがあります。

つまり、20代のうちは出血大サービスで、コストパフォーマンスの高いゴールドカードが格安で持てるということです。

特典やサービスを見ても、年会費3,000円+税を圧倒的に上回っていることがわかります。

30歳以降の更新時にJCBゴールドに自動切り替え

自動切り替え

JCB GOLD EXTAGE(ゴールドエクステージ)は20代限定のゴールドカードです。
30歳になった後の最初の更新時に、自動的に通常のJCBゴールドカードに切り替わります。

クレジットカードの有効期限は5年間です。
つまり、29歳の時にJCB GOLD EXTAGEに入会すれば、34歳まで年会費の安いエクステージカードを使うことができ、35歳から通常のJCBゴールドに切り替わります。

JCBゴールドエクステージは、ゴールドカードの特典を20代でいち早く体験できる、いわばボーナスカードだと私は思っています。
20代のうちにゴールドエクステージを作っておけば、誰でも最低5年は格安でゴールドカードの特典を体験できることになります。

30歳を過ぎた時に、年会費を払う価値がないと思えば解約し、払う価値があると思った場合は引き続き、JCBゴールドカードにアップグレードして継続利用すると良いと思います。

使うほど貯まるポイントサービス

Oki Dokiポイント

JCBが提供しているポイントサービス「Oki Dokiポイント」は、カード利用1,000円ごとに1ポイントが還元されるシステムです。

貯めたポイントは1ポイント=約5円でカタログギフトやnanaco、Tポイント、そしてJCBギフト券などと交換できます。

JCBゴールドエクステージの場合は、Oki Doliポイントの還元率が通常の1.5倍です。
通常は1,000円=1ポイント還元ですが、ゴールドエクステージはその1.5倍となる、1,000円=1.5ポイントが還元されます。(1pt=5円とした場合の還元率0.75%

さらに入会後3ヶ月はポイント3倍です。(還元率1.5%
最初の3ヶ月は徹底的に使い倒すようにしたい所です。

Amazon、スタバ利用でポイント3倍以上

Amazon、スタバでの利用

通常は1,000円につき1ポイント還元のOki Dokiポイントですが、「ORIGINAL SERIESパートナー」に加盟しているショップで利用すると、ポイントが2倍以上付与されます。

実はこの、ORIGINAL SERIESパートナーがすごいです。

■ポイント2倍のストアポイント還元率1.0%
昭和シェル石油、エッソ、ほか多数

■ポイント3倍のストアポイント還元率1.5%
セブンイレブン、イトーヨーカドー、Amazon.co.jp、Appleオンラインストア、ほか多数

その他、JCBトラベルでの旅行予約ならポイント3倍~10倍スターバックスで1,000円以上のお買い物をした場合もポイント5倍をゲットできます。

セブンイレブンやAmazon、スターバックスをよく利用する方は、ポイント還元率が一気に高くなるので、効率よくポイントを貯められます。

また、JCBが運営するポイント優待サイト「Oki Dokiランド」を経由して買い物をすると、最大20倍のポイントが貯まります
Oki Dokiランドには、楽天市場やYahoo!ショッピングなど、人気のストアが多数参加しています。

■海外の利用でも2倍
旅行に強いJCBならではの特典として、海外でのJCBカード利用時に限り、ポイントが2倍になります。(還元率1.0%

ディズニーリゾートの利用でポイント10倍

東京ディズニーリゾート

JCBは、東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーに参加しているので、ディズニー関連の優待特典も用意されています。

JCBトラベルにて、ディズニーホテルや東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルに宿泊するパッケージプランを申込み、JCBゴールドエクステージで旅行代金の支払いをおこなうと、Oki Dokiポイントが10倍もらえます

Oki Dokiポイントは1ポイント約5円相当なので、還元率はなんと5%です。

このサービスは、カードを持っている本人が旅行に参加しなくても、申込みと支払いさえおこなえば適用されます。家族サービスや友人・知人へのプレゼントにも利用できます。

ディズニーへの旅行が実質5%割引で利用できるのは、オフィシャルスポンサーであるJCBカードならではの特典と言えるでしょう。

最高5,000万円の保険を装備

付帯保険

国内・海外旅行の時に必要な保険も完備されています。
旅行代金をゴールドカードエクステージで支払った場合、最高5,000万円の旅行保険が適用されます。

旅行時のトラブルやケガも、JCBがしっかりと補償してくれるので、安心して旅行にでかけられますね。年会費3,000円+税のクレジットカードで、5,000万円規模の保険が付帯されているのは、他のカードと比較しても非常にお得です。

また、JCB GOLD EXTAGEにはショッピング保険も付帯しています。
JCB GOLD EXTAGEで購入した商品がもし破損や盗難にあってしまった場合でも、購入日から90日以内であれば、年間200万円までJCBが全額補償してくれます。

また、犯罪被害障害保険が最高1,000万円、空き巣被害お見舞金が5万円と、保険関係はかなり手厚い内容になっていることがわかります。

空港ラウンジが利用可能

空港ラウンジ

国内の主要空港に設置された、空港ラウンジが無料で利用できます。

空港ラウンジは落ち着いた雰囲気で、フライトまでの時間をゆっくりと過ごせる場所です。
施設内では、ソフトドリンクやインターネットの無線LANが無料で利用できる他、各種雑誌なども読み放題です。

また、有料でアルコール販売やFAXサービスも使えます。
プライベートでもビジネスでも、空港ラウンジの利用価値はとても高いです。

ETCカード・QUICPayも無料

ETCカード・クイックペイ

高速道路の料金所がスムーズに通過できるETCカードを無料で発行できます。
ETCカードを通じて発生した高速道路の利用料金ももちろん、ポイント還元の対象です。

また、コンビニなどで支払いがスムーズに行える電子マネーの「QUICPay(クイックペイ)」も無料で付けられます。
QUICPay(クイックペイ)は、専用カードの発行はもちろん、JCBゴールドカードとの一体型として発行することもできるので、たいへん便利です。

JCBゴールドカードとの違いは?

JCBゴールドカードとの違い

JCBゴールドカードとゴールドエクステージの比較は上記の通りです。

年会費やポイント還元率はゴールドエクステージが圧倒的有利です。
しかし、その分省かれている特典として保険関係とゴールドカード専用デスクが使えないなどのデメリットがあります。

また、同じく29歳以下の方だけが持てる一般カード「JCB CARD EXTAGE」もあります。こちらは年会費無料で使えます。

カードブランドはJCBのみ

JCB

JCBが直接発行しているカード(プロパーカードと言います)なので、カードブランドはJCBのみが選べます。

JCBカードは国産のカードブランドで、国内外での普及率が高いのが特徴。
JCBカードが使えない場所はごくわずかで、どんな所でも気にせずクレジットカードを使えます。

また、JCBのプロパーカードは旅行やディズニーに強い点も大きな魅力でしょう。

JCBゴールドエクステージはGETすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

20代限定のゴールドカードだけに、もしあなたが20代なら絶対的におすすめしたい一枚です。

通常のゴールドカードと比較して、年会費は3分の1、そしてポイント還元率は1.5倍となっており、大変お得です。
空港ラウンジや5,000万円の旅行保険が付帯して、年会費3,000円+税のカードはまず見当たりません。

カードの有効期限時に30歳を過ぎていると、自動的にJCBゴールドカードに切り替わりますが、有効期限は5年間となっているので、20代のうちに作っておくと、最低でも5年はゴールドエクステージが使えます

デメリットとしては、一部の特典が省かれている点です。
旅行保険、ショッピング保険の金額が引き下げられていたり、ゴールドカード専用デスクが使えないなどのマイナス点はあります。
この辺りは年会費が安く提供されている分仕方ないと思って割り切るしかありません。

ちなみに、通常のJCBゴールドカードは20代でも申し込めます。
お得感はこちらの方が高いですが、しっかりとした保険やゴールドデスクを使いたい方は、JCBゴールドカードに申し込むのもありでしょう。