JCBドライバーズプラス ゴールドカード

ゴールドカード一覧

JCBドライバーズプラスゴールドカード

「車を運転する人のJCBカード」として発行された、JCBドライバーズプラスゴールドカードは、高速道路やガソリンスタンドを利用するときにメリットが大きいクレジットカードです。

その名の通り、自動車に乗る機会が多い人ほど、JCBドライバーズプラスゴールドカードの特典を享受することができ、毎月最大6,000円のキャッシュバックが受けられます。

JCBドライバーズプラスゴールドカードの特徴

JCBドライバーズプラスゴールドカードは、JCBが提供しているポイントプログラム「Oki Dokiポイント」が貯まらないデメリットがあります。

しかし、クレジットカードの利用金額に応じてキャッシュバックにて現金による還元が受けられるのが特徴です。

毎月最大6,000円のキャッシュバック

キャッシュバック料率表

JCBドライバーズプラスゴールドカードでキャッシュバックの仕組みは少しややこしいです。

まず最初に、毎月のクレジットカード利用金額に応じて「キャッシュバック料率」が決定します。(キャッシュバック表を参照)

キャッシュバック料率の決定は、高速道路やガソリンスタンドに限らず、日常のショッピングや公共料金の引き落としなど、JCBカードで支払ったあらゆる商品が対象になります。

キャッシュバック率は、月間カード利用額が3万円以上なら2.5%、10万円以上なら10%、30万円以上使うと最大で30%まで上がります。

このキャッシュバック率を元にして、次月の高速道路・ガソリンスタンドでの利用金額に対して適用されているキャッシュバックを受けられる仕組みです。

キャッシュバックの対象となるのは、「高速道路料金」、「ガソリンスタンドでの給油」、「ガソリンスタンドでの買い物」で、全国のガソリンスタンドが対象となります。

また、1ヶ月あたりのキャッシュバック上限は6,000円となっているので注意が必要です。

営業のお仕事で普段から車に乗る機会が多い方や、運送業をしている方にとっては、非常にメリットがありますね。

ETCカードが無料、一体型もあり

JCBドライバーズプラスゴールドカードは、自動車に特化したカードです。
よって、JCBのETCカード「ETCスルーカード」が無料で発行できます。(分離型)

また、ETCカードとJCBドライバーズプラスゴールドカードがひとつになった「一体型」も選択できます。
どちらも、ETCカード分の年会費は無料です。

ETCカードを使って発生した高速道路料金は、キャッシュバック料率決定にも適用されますし、またキャッシュバック支払い時の決定にも適用されるので、一緒に発行しておいて損はないと思います。

JCBゴールドカードならではの特典

ドライバーズプラスゴールドカードには、JCBゴールドカードに共通した、年会費以上の特典も、多く含まれており、カード会員であればすべて利用可能です。

最高1億円の旅行保険・ショッピング保険

付帯保険

旅行保険は国内・海外ともに最高5,000万円が付帯します。
これは「自動付帯」なので、旅行代金をJCBドライバーズプラスゴールドカードで支払っていなかったとしても、カード会員であれば適用される旅行保険です。

また、海外旅行保険については、航空券の支払いや旅行代金をJCBドライバーズプラスゴールドカードで支払っていた場合に限り(利用付帯)、海外旅行保険が最高1億円にグレードアップします。

JCBドライバーズプラスゴールドカードでは、ショッピング保険も充実しています。
購入した商品が万が一届かなかったり破損してしまった場合でも、購入日より90日以内であれば、年間最高500万円までをJCBが保証してくれる、安心感の大きい保険サービスです。

こういった手厚い保険サービスだけでも年会費以上の価値はあると言えると思います。

国内の主要空港ラウンジが無料

空港ラウンジ

国内の主要空港にある20ヶ所以上の空港ラウンジを、無料で利用できます。
空港ラウンジ内では、インターネット無線LANや、無料のソフトドリンク、雑誌類が提供されており、搭乗時間までの間、ゆっくりとくつろげます。

これらの空港ラウンジは本来有料で利用できる特別な施設ですが、JCBドライバーズプラスゴールドカード会員であれば、カードを提示するだけで無料で利用することが可能です。

ゴールドカード専用デスク

ゴールドカード専用デスク

クレジットカード会社のサポートデスクに問い合わせた際、電話が繋がらなかったことはありませんか?
一般カードでは多くの場合、問い合わせ件数が多く、回線が混み合って電話がなかなか繋がりません。場合によっては15分以上待たされることも珍しくないですよね。。。

しかし、JCBドライバーズプラスゴールドカードを持っていると、ゴールドカード会員専用のサポートデスクを利用できるため、電話の待ち時間はほとんどなく、スムーズに担当者に繋がります。

こういったストレスのないサービスは、思った以上にありがたいですね。

また、ゴールドカード専用デスクでは、ツアー旅行の手配やゴルフの予約と言った各種サービスの相談、予約をいつでも承ってくれます。

年会費や申込み資格はどう?

JCBドライバーズプラスゴールドカードの年会費は1万円+税です。
ETCカードは無料なので、ETC込みの年会費となります。
また、ETCカード分離型と一体型、どちらを選んでも年会費は変わりません。

ゴールドカードの中では、標準的な年会費の価格帯となっています。

申込み資格は、「20歳以上で、本人に安定継続収入のある人(高校生不可)」となっているため、さほどハードルは高くありません。

JCBドライバーズプラスゴールドカードはGETすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

「車を運転する人のJCBカード」というだけあって、車に乗らない人にとってはあまりメリットがないカードです。

カードの利用金額が多ければ多いほど、そしてガソリンスタンド、高速道路を利用する機会が多いほど恩恵を受けられるゴールドカードとなっているので、主にお仕事で車に乗る方がユーザーの主体となると思います。

ただ、年会費1万円+税に対して1ヶ月の最大キャッシュバック金額が6,000円なので、年に1~2回、大きな買い物をしたり長距離を移動する事が多い人であれば、ETCカード代わりとして使っても年会費の元は取れるかもしれません。

ゴールドカードだからといって、キャッシュバック率が上がると言った特典はありませんが、JCBゴールドカードの共通特典はサービスの質が高く、個人的には年会費以上の価値があると思いますので、年会費と利用サービスを見ながら、一般カードとゴールドカード、どちらにするか検討してみてはいかがでしょうか。