イオンゴールドカード

ゴールドカード一覧

イオンゴールドカード

年会費無料のゴールドカードが持つ全容を公開します。

ポイント還元率や電子マネー「WAON」との相性が良いことから、多くの人に親しまれているイオンカード(WAON一体型)に、ゴールドカードがあるのをご存知でしょうか?

イオンゴールドカードは、すでにイオンカード会員になっている人の中から、一定の基準を満たした限られた人だけが持つことができるクレジットカードです。

ゴールドカードの中でも、直接申し込むことができず、インビテーション(招待制)を採用しているカードは、おそらくイオンカードゴールドだけです。

年会費は完全無料。持っておいて損のない究極のゴールドカードです。

イオンゴールドカードの限定特典

まず、イオンゴールドカードならではのメリットについてまとめます。

大きな特徴は、イオンモールに設置されている「イオンラウンジ」が使えることです。実は、イオンラウンジを活用することで年間で大きな節約効果があります。

会員制のイオンラウンジが使える

イオンで買い物をする時、スターバックスやマクドナルド、フードコートで休むとお金がかかりますよね?

イオンモールに行くことが多い人は、モール内での休憩中に使っているお金も年換算で結構大きいと思います。

しかし、全国のイオンモールに設置されている会員制の「イオンラウンジ」を活用すれば1円も使わず無料でゆっくり休憩できるので、年間で大きな節約になります。

イオンラウンジは一般の人は利用できません。イオンゴールドカード会員と、イオングループの株主だけが使える特別な場所です。

イオンラウンジでは、

  • トップバリュ試供品など、ちょっとした食べ物の提供
  • フリードリンク飲み放題
  • 新聞・雑誌類の閲覧

といったサービスが受けられます。

広すぎて歩くのに疲れてしまうイオンモールですが、イオンゴールドカードを持っていれば、選ばれた特別会員として、ラウンジでくつろぐことが可能です。

もちろん、イオンラウンジの利用は無料なので安心してください。クレジットカードも年会費0円なので、条件さえ満たせば誰でもラウンジは使えるようになります。

最高3,000万円の旅行保険が無料でついてくる

飛行機

通常のイオンカードには旅行保険は付いていません。しかし、イオンゴールドカードならではの限定特典として、国内・海外旅行保険がついてきます

海外旅行傷害保険については、最高3,000万円までが保障対象となります。こちらは「自動付帯」なので、イオンゴールドカードを持っているだけで、保険が適用されます。

一方、国内旅行傷害保険は「利用付帯」となっています。旅行代金や航空券の費用を、イオンゴールドカードで支払った場合のみ、保険適用の対象となります。こちらも海外旅行保険と同じく、補償額は最高3,000万円です。

どちらの旅行保険も年会費無料のクレジットカードとは思えないほど手厚い内容になっています。

旅行に行く際、旅行代理店から保険を勧められることはありませんか?

代理店から旅行保険を買わなくても、イオンゴールドカードに付帯している旅行保険を使うことで、無料で安心を買うことができます。

旅行保険は条件を満たしていれば適用されるので、申込などは一切不要です。

年間300万円のショッピング保険

買い物

旅行保険だけでなく、イオンゴールドカードにはショッピング保険も付いています。

これは、イオンゴールドカードで購入した商品がもしも、偶然の事故によって損害を被った場合(例えば初期不良や盗難など)、年間300万円を上限にオンカードが補償してくれるサービスです。

しかも、購入日から180日の間ずっとこの保険は適用されます。

クレジットカードに付いているショッピング保険は「年間100万円まで、購入日より90日以内」という条件が普通です。

しかし、イオンゴールドカードは「年間300万円、購入日より180日」となっており、数あるゴールドカードの中でも、最高峰の手厚い補償となっています。

クレジットカードで大きな買い物をする際の保険として、6ヶ月間のショッピング保険が付いているというのはとても心強いですよね。

羽田空港ラウンジが利用可能

羽田空港ラウンジ

イオンゴールドカードで利用できるのは、イオンラウンジだけではありません。

日本の玄関窓口と呼ばれる「羽田空港」のラウンジを無料で利用できます。

空港ラウンジは本来有料での利用となりますが、イオンゴールドカードを提示することで、無料で休憩することが可能です。

ラウンジ内では、フリードリンクや新聞・雑誌の閲覧ができる他、インターネット無線LANが使えたり、テレビも見ることができます。

なにより静かなので、搭乗までの時間をリラックスしながら過ごす事が可能です。

私も羽田空港のラウンジを利用することが多いです。羽田空港には複数のラウンジが設置されていますが、航空会社の特殊なラウンジを除いて、イオンゴールドカードでどこでも入室できるようになります。

イオンカード共通の特典

イオンカードセレクト

以下は、イオンカード(WAON一体型)の共通の特典です。
イオンゴールドカードを入手するには、まず最初にイオンカード(WAON一体型)またはイオンカードセレクトを発行し、インビテーション(招待)を待つことです。

ポイントの2重取りができる

ポイント還元

イオンゴールドカードでは、クレジットカードで買い物をすると利用金額に応じてポイントが貯まります。イオンカードが展開しているポイントは2種類あり、WAONチャージ時にはポイントの2重取りができるのでお得です。

■電子マネーWAON
イオンを利用している人にとっては馴染みのある、電子マネーWAON利用時には、「WAONポイント」が200円につき1ポイント貯まります。このポイントは、イオン系列のお店や各種コンビニなどで、1ポイント=1円として利用することが可能です。

■ときめきポイント
イオンカードをクレジットカードとして使うと、「ときめきポイント」が貯まります。こちらも200円につき1ポイントの還元率となっています。ときめきポイントの特徴は、さまざまなカタログギフトと交換できるほか、電子マネーWAONやSuica、ドコモポイントなど、別のポイントに変えることができることです。

電子マネーWAONで支払うと「WAONポイント」で還元、クレジットカードで支払うと「ときめきポイント」で還元され、どちらも0.5%の還元率です。

しかし、イオンゴールドカードを使って電子マネーWAONにチャージした場合に限り、チャージ時に「ときめきポイント」、WAON利用時に「WAONポイント」がもらえるため、ポイントの2重取りができます。この場合は、合わせて1%の還元率となります。

この特典は、イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクト限定です。(いずれもゴールドカードも対象)

優待会員としての特典

イオンモール

イオングループでは、優待会員向けの割引特典を多数用意しています。
これを活用することで、よりお得にイオンで買い物ができる他、ポイントもかなり貯まりやすくなります。

  • イオングループのお店で使うと毎日ときめきポイント2倍
  • 毎月20日・30日「お客様感謝デー」:5%OFF
  • 毎月10日「ときめきWポイントデー」:ときめきポイント2倍(イオングループのお店関係なく2倍)
  • 毎月15日は「G.G感謝デー」:5%OFF(55歳以上の方限定)

ときめきポイント2倍デーや、お客さま感謝デーの5%OFFで買い物をすると、大変メリットが大きいです。

年会費は一切かかりません

イオンゴールドカードの年会費

イオンゴールドカードの年会費は「無料」です。通常のイオンカード(WAON一体型)と同じく、年会費無料で利用できます。

一般カードよりもゴールドカードにアップグレードした方が100%お得ということです。

しかし、イオンゴールドカードは直接申し込みができず、イオンからのインビテーション(招待)の手紙が届くのを待たなくてはなりません。それだけ貴重なカードとなりますが、取得を目指す価値は十分あると言えます。

カードブランドは、VISA・MasterCard・JCBと主要3社をすべて網羅しているので、好きなカードブランドを選べばOKです。イオンカードの公式サイトを見る限りでは、ややVISA推しのように思えるので、特にこだわりがなければVISAカードを選択すると良いと思います。

イオン銀行のキャッシュカード付きである「イオンカードセレクト」も同様に、イオンゴールドカードセレクトにアップグレードできます。

入手条件は年間100万円クレジットカードを使うこと

ちなみに、ネットの情報によるとイオンゴールドカードは「年間100万円以上イオンカードを使う」という条件を満たせば、インビテーションが贈られてきます。

現在は、イオンカードが公式に「イオンカードを年間100万円以上使った人に対してゴールドカードを発行している」と案内を出しています。

年間100万円は決して高いハードルではないと思います。

携帯料金や旅行代金など、イオンカードにすべての支払いを集中すれば、イオンゴールドカードは十分手の届く範囲だと思います。

イオンゴールドカードの口コミ

利用者の口コミ

イオンゴールドカード利用者の口コミを調査しましたが、やはり評判はなかなか良さげです。

クレジットカードソムリエのひとこと

クレジットカードソムリエのひとこと

年会費無料のゴールドカードは大変めずらしいです。個人的には、間違いなくゲットすべきだと思います。

年会費が完全無料のゴールドカードは、イオンゴールドカードだけです。また、インビテーションのみの受付となるので、プレミアム感も大きいです。

ショッピング保険の手厚さやイオンラウンジの利用特典を考えても、年会費1万円以上のゴールドカードより、お得感は大きいように感じます。

イオンゴールドカードを取得するには、まず年会費無料のイオンカード(WAON一体型)を作り、とにかく使い倒してカード利用金額を上げることです。

利用実績を積み上げていけば、いずれイオンゴールドカードのアップグレード通知が届くはずです。

クレジットカードの中でも人気が高いイオンカードですが、お値段そのまま、特典だけは大幅にアップしているイオンゴールドカードは、もしかすると最強のクレジットカードかもしれません。