20代でも持てるヤングゴールドカード人気ランキングTOP3

比較・ランキング

若者向けのゴールドカード

ゴールドカードは、一般的なクレジットカードと違い、「大人な雰囲気」を漂わせます。
三井住友VISAゴールドカードは、申込資格が「原則として30歳以上の方」となっており、20代の人は発行すらしてもらえません。

しかし、一部のゴールドカードは、20代からでも持つことができ、また「20代限定のお得なゴールドカード」も存在します。

20代に人気のゴールドカードランキング

今回は特に20代の男女に人気のゴールドカードをピックアップしました。

1位 三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード

通常の三井住友VISAゴールドカードは原則として30歳からしか発行してもらえません。
しかし、三井住友カードには20代の方限定の「三井住友VISAプライムゴールドカード」があります。

プライムゴールドカードの入会資格は「20歳以上30歳未満で安定収入のある人」となっており、定収入がある20代の方なら誰でも申し込むことが可能です。

三井住友プライムゴールドカードのすごい所は、特典内容が通常の三井住友VISAゴールドカードとほとんど変わらない。というよりむしろお得であることです。

ゴールドカード専用デスクの利用に始まり、空港ラウンジや最高5,000万円までの旅行保険など、三井住友VISAカードに劣らない「大人なサービス」が受けられます。

しかし、年会費は安く、若い方でも持ちやすいです。
三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費は通常5,000円+税ですが、WEB明細書コースと、マイ・ペイすリボコースを選択することで、年会費1,500円+税になります。

年会費1,575円はそこらの一般カードよりも安いので、三井住友VISAプライムゴールドカードは、ネットの口コミでも高い評価を得ており、活用している20代の方も多いです。

また、ネットからの申込み限定で初年度無料で使えるので、まず1年使ってみて、年会費以上の価値がないと思ったら、1年で解約してしまっても問題ありません。

2位 JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGE

三井住友VISAプライムゴールドカードのJCBバージョンに当たるのが「JCB GOLD EXTAGE」です。
JCBの場合、通常のJCBゴールドカードを20代から持つこともできます。

しかし、20代限定の「JCB GOLD EXTAGE」の方が圧倒的に年会費が安く、コストパフォーマンスは高いです。

JCB GOLD EXTAGEの会員は、30代になると自動的にJCBゴールドカードに切り替わりますが、29歳の時に入会した場合、5年間同じカードが使えるので、期限が切れとなる34歳まで、JCB GOLD EXTAGEを使い続けることが可能です。

JCB GOLD EXTAGEは、旅行保険を始めとする保険関係サービスは、JCBゴールドよりも抑え気味となっていますが、年会費が安いことやポイント還元率が1.5倍にUPしているといったメリットがあります。

年会費は3,000円+税(初年度無料)で、申込資格は「20歳以上29歳以下で、ご本人に安定継続収入のある方」なので、定収入がある20代なら誰でも申込みOKです。

3位 セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンゴールドアメリカン・エキスプレス・カード

セゾンアメリカン・エキスプレスカードのゴールドカードバージョンです。
デザイン面でも評判のアメックスの「百人隊長」をモチーフにしたセゾンのカードデザインは、使う場所を選ばずカッコイイと高い評価を得ています。

セゾンゴールド・アメックスは20代限定のカードではありませんが、年会費10,000円+税(初年度無料)で利用することが可能です。

ゴールドカードならではの特典として、混みあうことのないゴールドデスクの利用や、世界600ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスの優待など、大人らしい特典が豊富です。

個人的に一番おすすめしたいのが、「SAISON MILE CLUB」の入会資格が与えられる点です。

利用には年間4,000円+税の年会費が必要ですが、「SAISON MILE CLUB」に加入すると、クレジットカード利用金額に応じて貯まる「永久不滅ポイント」を自動的にJALマイレージクラブに移行してくれるので、実質2.25%のポイント高還元カードに変身します。

いかがでしたか?

その他にも、JCBゴールドカードなどは20代でも申し込むことが可能です。
しかし、もし20代の方がゴールドカードを選ぶなら、「20代しか持てないゴールドカード」を選択するのがおすすめです。

カード会社の戦略として、将来ゴールドカードを持ってもらえそうな若者を囲い込んでおきたいという理由があり、20代限定のゴールドカードは、年会費の安さに対する特典内容のコストパフォーマンスが非常に高くなっています。

29歳の時に申しこめば、5年後の更新年となる34歳まで利用できるので、20代のうちに20代限定のゴールドカードを取得しておくことは、大変メリットが大きいと思います。