ステイタス性のあるゴールドカード人気ランキングTOP5

B! pocket

ステータス性のあるゴールドカード

ゴールドカードを持つ理由には、「特典が充実している」「財布の中で目立ってわかりやすい」などがありますが、やはりいちばんの理由は「ちょっと自慢できること」ではないでしょうか?

一般カードが数多く存在するなか、

  • ゴールドカードを持っていると自慢できる
  • 人と違うカードが持てる
  • 大人が持つクレジットカード
  • 金色に輝くカッコよさ

このような理由で、ゴールドカードを手にする人は多いです。
これらを一言でいうと、「ステータス性」なんですね。

ゴールドカードを手に入れるからには、「年会費にこだわるのはダメ、ステータス性がいちばん重要」という意見も多いです。

今回は、ゴールドカードのステータス性が高い順に、ランキングを考えてみました。およそのランキングは、クレジットカードマニアが多いといわれる「掲示板5ちゃんねる」を参考にしています。

1位 アメックスゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードが、もっともステイタス性が高いゴールドカードだといわれるのには、「年会費の高さ」「特典の豊富さ」のほかに、もう一つ理由があります。

それは、「アメックスが世界で初めてゴールドカードを生み出した」からです。

当時、クレジットカード業界ではカードの差別化が難しくなっていました。そこで、よりステイタス性の高いカードとして、アメックスがゴールドカードを開始したという歴史があります。

アメックスカードの顧客には「富裕層が多い」といわれています。アメックスブランド自体にもステータス性は感じられますが、やはり「もっとも長い歴史を持つゴールドカード」だけに、特別なプレミアム感があるのだと思います。

アメックスゴールドは、年会費29,000円+税と、ゴールドカードのなかでもダントツの高さです。「5ちゃんねる」のカードマニア達の意見では、低価格プラチナカードよりも、ステイタス性が高いといわれるほど価値のある一枚となっています。

また、アメックスゴールドカードは女性受けNo.1のゴールドカードとしても評判です。

2位 JCB Gold the Premier

JCBゴールド ザ・プレミア

JCB Gold the Premier(JCBゴールド ザ・プレミア)のステータス性が高い理由は、どれだけ欲しくても、一定の条件を満たした人しか持てないからです。

JCBゴールド ザ・プレミアは、JCBゴールドカードの特典追加版で、年会費も15,000円+税にUPします(通常のJCBゴールドよりも5,000円高い)。

しかし、カードデザインはより洗練され、プライオリティ・パス(世界中の空港ラウンジサービス)が無料で使えるなど、年会費5,000円UP以上の追加特典があります。

JCBゴールド ザ・プレミアの取得条件は、明確に定められています。

JCBゴールド ザ・プレミアの入手条件

①JCBゴールドカード(ORIGINAL SERIES)を持っていること

②JCBゴールドのショッピング利用金額が2年連続で100万円(税込)以上

③MyJCBからのメールを受信できるようにEメールアドレスを登録

つまり、通常のJCBゴールドカードで、2年間連続で年間100万円(税込)以上利用すれば、Eメールでザ・プレミアへのアップグレード通知が届くのです。

JCBゴールドカードを徹底的に使い倒すしか、JCBゴールド ザ・プレミアを手に入れる方法がありません。その希少性は、No.1といえるでしょう。

3位 三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールド

国内で、もっともVISAカードを発行する「三井住友カード」のゴールドカードです。
個人的には、ステータス性の高さよりも、「定番ブランドで多くの人が知るゴールドカード」だからこそ、価値があるといえるのではないかと思います。

三井住友には、20代限定のプライムゴールドカードが存在します。三井住友カード ゴールドは「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」しか申し込めません。

つまり、ほんとうの意味で「大人しか持てないゴールドカード」なのです。
ゴールドカードのなかでも、年齢制限を設けるカードはこれだけです。

三井住友カード ゴールドの通常の年会費は10,000円+税ですが、無料の「WEB明細書+マイ・ペイすリボコース」を選択すると、年会費は4,000円+税になります。

※2021年2月お支払分より、優遇条件が「マイ・ペイすリボへの登録」「年1回以上のリボ払い手数料の支払いがある」の両方の条件を満たした場合に限られることになりました。

ゴールドカードのなかでも、年会費が安いので比較的持ちやすいと思います。

30歳の大人になった記念に持っておくだけでも、日常生活がより楽しくなる、そんな一枚だと思います。

4位 TRUST CLUB ゴールドカード

TRUST CLUB ゴールドカード

三井住友信託銀行グループ、TRUST CLUBが発行するクレジットカードです。

TRUST CLUB ゴールドカードの特徴は「年収で申し込み制限がある」点です。一定の年収がある人しか持てないという意味で、ステータス性が高いといえます。

申し込み条件は「25歳以上、年収400万円以上」で、明確に定められています。

このカードは、旧シティゴールドカードです。シティカードが日本から撤退したときに、三井住友信託銀行グループがシティカード事業を買収し、TRUST CLUBになりました。

もともと、シティカードはステイタス性が高いといわれていました。TRUST CLUB ゴールドカードは、知る人ぞ知るゴールドカードとなっています。

5位 JCBゴールドカード

JCBゴールドカード

三井住友カード ゴールドと並び、定番中の定番なのが「JCBゴールドカード」です。
JCB ORIGINS SERIESのゴールドカードとして、発行されるこのカード。国産ブランドJCBのなかでも、歴史ある一枚です。

JCBが展開するポイントサービスOki Dokiポイントが、Amazonやセブンイレブンで3倍、スターバックスで10倍貯まる(条件あり)「ORIGINS SERIESパートナー」特典を利用できるのが、魅力です。

また、毎年100万円(税込)以上カードを利用していると、2年目にさらに上質なサービスを提供する「JCBゴールド ザ・プレミア」に招待してもらえる楽しみもあります。

年会費は、10,000円+税(オンライン入会で初年度無料)です。年会費の面でも、ゴールドカードとしては平均的です。最初の一枚としても持ちやすいと思います。

クレジットカードの格付表

クレジットカード格付け表

上記は、5ちゃんねるで決定したランキング表です。

人それぞれ価値観は違いますし、賛否両論あると思いますが、1位のアメックスゴールドや、2位のJCB Gold the Premierのステイタス性が高いというのは、妥当な格付けのように思います。

アメックスゴールドは、年会費は高いものの、審査はさほど厳しくないとの声が大きいので、決して手に入れるのが難しいカードではないと思います。

ゴールドカードのなかでも、もっともステイタス性が高いカードを選ぶのなら、やはりアメックスが確実といえるかもしれません。

アメックスゴールドカードの特典や限度額については、下記の記事で明らかにしています。

こちらの記事も人気です

JCBオリジナルシリーズ

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「ゴールドカードな俺」初代管理人です。私は過去に、ゴールドカードを少なくとも3枚以上は所持していたことがあります。財布の中できれいに輝くゴールドカードの良い点・悪い点、わかりやすく解説します。

より良い情報をお届けするため、疾風KAI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

0件のコメント

質問・コメントはこちら

人気の記事