3枚のディズニーデザインのゴールドまとめ!年会費無料で使えるカードも

比較・ランキング

夫婦

ディズニーデザインのクレジットカードの中でも特にプレミアム感が漂うのが、ディズニーゴールドカードです。

ディズニーデザインのカードを持っている人は多いですが、ゴールドカードを持つ人は限られます。実際、私もこれまでにディズニーゴールドカードを持っている人を見たことは一度もありません。

3枚のディズニーゴールドカードを比較

現時点でディズニーゴールドカードを発行しているのは2社、イオンカードとJCBです。

ディズニーJCB ゴールドカード

JCBカードは以前から東京ディズニーリゾートとの提携関係が強いクレジットカード会社として知られています。なぜなら、JCBが東京ディズニーリゾートの公式スポンサーになっているからです。

そうした理由から、ディズニーJCBゴールドカードはオフィシャル度の高い一枚と言えます。

ディズニーJCBゴールドカードを使うと以下のような特典が受けられます。

  • 3つのカードデザインから選択できる
  • クレジットカード利用でディズニーポイント還元(1%)
  • スペシャルグッズを毎年1回進呈
  • メンバー限定のスペシャルパーティー
  • ディズニーシーでキャラクターと一緒に撮影(1日50組限定)
  • ディズニーホテルで部屋のアップグレードや宿泊料金の割引

など、とにかくオリジナル特典が充実しているのがこのカードのメリットです。

もちろん、JCBゴールドカードとしての機能も付いていて、最高1億円の旅行保険や空港ラウンジの利用が可能です。

ただし、ディズニーJCBゴールドカードは年会費が13,000円+税となっており、今回紹介したカードの中では高めです。また、入会審査に落ちたという話も聞きますので、安易に申し込むと痛い目にあうかもしれません。ちなみに、申込資格は「20歳以上で、本人に安定継続収入のある人(高校生不可)」となっています。

JCBゴールドカード(ディズニーデザイン)

上記はJCBとディズニーのコラボカードでした。こちらは同じJCBでも少し違い、オフィシャル度は低めです。

もちろん正式なカードなのですが、どちらかと言えば通常のJCBゴールドカードのディズニーデザインという位置づけ。よって、カードの特典は通常のJCBゴールドカードと同じで、ディズニーならではの特典はありません。

JCBゴールドカード(ディズニーデザイン)のメリットは、ポイント還元率の高さです。通常は1,000円ごとに1ポイント(5円相当)なので還元率は0.5%なのですが、「ORIGINAL SERIESパートナー企業」のお店で使うと獲得できるポイントが倍増します。

その一例をまとめると、

  • セブンイレブン 3倍
  • イトーヨーカドー 3倍
  • スターバックス 3倍
  • Amazon.co.jp 3倍
  • 昭和シェル、エッソ 2倍

など。
例えば、セブンイレブンで使うとポイント還元率は1.5%になるので非常にお得です。

もちろん、空港ラウンジの利用や最高1億円の旅行保険、JCBトラベルでディズニーツアーパッケージを予約するとポイント10倍といった、JCBゴールドカードならではの特典も充実しています。

年会費は初年度無料、2年目以降は1万円+税です。JCBゴールドカードは非常に人気なので、選んで損のない一枚だと思います。

イオンゴールドカード

イオンゴールドカード(ディズニー)

人気が高く定番のクレジットカード「イオンカード、イオンカードセレクト」にもディズニーデザインが用意されています。

イオンカード、イオンカードセレクトは、一定の条件を満たすとゴールドカードにアップグレードできる招待状が届きます。この際、元々ディズニーデザインのイオンカードを選択していると、アップグレード後のイオンゴールドカードでもディズニーデザインが引き継がれるというものです。

特にディズニー特典があるわけではなくオフィシャル度は低いのですが、逆にレア度は一番高いかもしれません。

イオンゴールドカードを持っていると、イオンモール内に設置されているイオンラウンジが利用できます。

年会費無料で使うことができますが、通常のカードを持っている状態で一定の条件を満たした人だけが持てる特別なカードなので、ゴールドカードへの直接申込はできません。