SBIレギュラーカード

マスターカード(Master)で人気が高いのが、SBIレギュラーカードです。

キャッチフレーズは「これからの時代をかしこく生きる人のために。」。

審査は厳しい(理由は不明)と言われていますが、カード発行対象は「18歳以上の方で、収入がある方(高校生は不可)」なので、アルバイトや大学生の方でも十分審査に通過することは可能です。

SBIカードは2017年7月をもって新規受付を終了しました。
後継のクレジットカードはミライノカードとなります。

SBIレギュラーカードの特徴

あのSBIカードが発行している、ステータス性のあるクレジットカードでありながら、お得に使えるのがSBIレギュラーカードの特徴です。

年会費は初年度無料、2年目以降は年会費が900円+税となります。しかし、年間10万円以上を使えば次年度無料となります。

ポイントプログラム

SBIカードのポイントプログラム(サークルプラス)では、カード利用金額に応じてポイントが貯まります。

カード利用1,000円ごとに10ポイントが貯まります。
(1,000円未満の場合は翌月繰越しなので安心)

貯まったポイントは、現金キャッシュバックやSBIポイントと交換できます。キャッシュバックレートは交換するポイント数によって変わります。

■キャッシュバックと交換
3,000ポイント:1,200円
5,000ptポイント:2,000円
10,000ptポイント:5,000円

■SBIポイントと交換
1,000ポイント:250 SBIポイント
3,000ポイント:850 SBIポイント
5,000ptポイント:1,700 SBIポイント
10,000ポイント:4,200 SBIポイント

SBIポイントは、SBIホールディングスの共通ポイントで、各種商品や現金と交換可能です。クレジットカードのポイントを、5,000ポイントを貯めるのが難しい場合に交換すると良いでしょう。

現金キャッシュバックの手続きは、ホームページから簡単にできます。
手数料が必要なく、指定の銀行口座に即時現金が振り込まれるのが嬉しいです。

ポイントプログラムは、SBIレギュラーカード(マスターカード)が使える場所なら、どこでもポイント付与の対象になります。

最大2,000万円の付帯保険

付帯保険

SBIレギュラーカードには、旅行時の付帯保険も搭載されています。
国内・海外旅行を問わず、旅行代金をSBIレギュラーカードで支払うことで、最大2,000万円の保険が付きます。

また、「紛失・盗難保険」も組み込まれているので、万が一クレジットカードを紛失してしまったり、盗難や不正利用された場合も、SBIカードが不正利用された金額を補償してくれるので安心です。

旅行代金を払うとポイントも一気に貯まるので、ぜひ活用したいサービスです。

引き落とし日を自分で設定できる

引き落とし日

クレジットカードではあまり見かけないサービスです。
SBIレギュラーカードは、「引き落とし日を自分で設定した日にすることができる」ありがたいサービスがあります。

1日~31日の中で好きな日を選ぶことができるので、給料日の次の日など、お金に余裕がある日を引き落とし日に設定できます。(引き落とし日は後から変更OK)

ETCカードもあり

ETCカード

SBIレギュラーカードを発行すると、任意でETCカードの発行もできます。(年会費500円+税)
高速道路の通過がスムーズになるETCカード、高速の利用料金も後日まとめてSBIカードから請求されるので、料金所を通過する際の手間がかかりません。

もちろん、ETCカードを通じて発生した高速料金もポイントプログラムの対象です。

増額OKのカード利用枠

SBIレギュラーカードの利用枠は、継続的に利用を続けることで増額もでき、口コミではカード利用枠が大きく増えた方もいます。

もちろん、一時的な出費がある場合はデスクに電話することで「一時増額」の対応はしてもらえると思うので、問題ありません。

センスが光るカードフェイス

カードデザイン

センスのいい高級感のある券面(カードフェイス)には、サークル部分に本真珠を採用しています。(ちなみに幻と言われるSBIブラックカードになると、サークル部分には天然ダイヤモンドが使われます。プラチナカードの場合は純プラチナを採用)

マスターカードを極められるのはSBIだけ

SBIカードには、その他にもSBIゴールドカード、SBIプラチナカードが存在しています。
年会費は上がってしまいますが、付帯保険の増額やサービス内容が充実します。

そして究極と呼ばれている「ブラックカード」もSBIカードには存在します。
手に入れるのは困難ですが、マスターカードのブラックカード(名称:ワールドカード)を手に入れることができるのは、国内ではSBIカードだけです。

SBIレギュラーカードは、プレミアムカードへの第一歩を踏み出せるチャンスとなります。お得を極めるか、それとも幻のカードを目指すかは人それぞれですが、そういった楽しみがあるのも、SBIカードの魅力と言えるでしょう。

カードブランドは1種類

MasterCard

SBIレギュラーカードで選択できるカードブランドは、マスターカードだけです。

世界的なカードブランドなので、国内外を問わず、マスターカードが使える店舗は非常に多く、マスターを選択するデメリットはまずありません。

SBIレギュラーカードはGETすべき?

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

以前は人気があったカードですが、2015年10月のサービス改定以降、勢いを失いつつあるクレジットカードです。

SBIレギュラーカードの魅力は、マスターカードとの提携関係が強いことです。マスターカードを持ちたいというこだわりがあれば、SBIレギュラーカードは、選択肢の上位に入ること間違いありません。

また、カードフェイス(券面)のデザインは非常にカッコいいです。
5色の中から好きな色を選べるので、ピンクのSBIレギュラーカードを持つ女性を何度も見かけたことがあります。

ただし、SBIカードは全体的に審査が厳しいと言われています。
入会は18歳以上の方(高校生不可)なら問題ありませんが、決して見栄をはらず、正直に申込書を記入するのが審査通過のポイントです。

SBIレギュラーカードの口コミ

口コミ情報